法人カードのメリット。専門家が語るメリットとは?

VOIX編集部VOIX編集部 クレジットカード
法人カード メリット

法人カードをもつことのメリットとは?

個人事業主や法人を対象として発行される法人カード。一般のクレジットカードでもポイントや付帯サービスが期待できますが、法人カードを持っているだけでビジネスそのものをスムーズにするだけではなく、様々なメリットが享受できるのが特徴です。ここでは、個人事業主や法人が法人カードを持つメリットについて詳しく解説します。

経費の管理が簡単になる

法人が事業をしていく上で、経費は必ず発生します。業務で必要になる備品の購入から出張でかかる費用までたくさんの経費がありますが、会社会計でしっかりと記録していかなければなりません。小口現金などを使って現金でそれらを管理する会社も多いですが、領収書や経費を事前払いするなど会計担当者の業務負担になることが多いです。領収書を無くしたり、現金の紛失などのリスクもあることから、キャッシュレスでの経費支払いを進める会社が増えています。法人カードを使えば現金を下ろしたりする手間が省けるだけでなく、明細書を確認するだけで経費の計上が可能です。

通常、法人カードの名義は代表者になります。法人カードは、営業社員などカードを主に使う人を追加することが可能です。支払う口座は一つですが、使う人ごとにカードを分ければ明細が分かれるため、経費の管理も簡単になります。経費が多くなればなるほど、領収書の紛失や経費としての申告忘れなどのミスが発生することが多いです。法人カードを使うと、支払い金額とその内容は明細に記録されます。そのため、経費計上で忘れるなどのトラブルを未然に防げるのもメリットです。

ゆとりあるキャッシュフローに

毎月支払わなければならない会社事務所の家賃や水道光熱費、仕入れ代など口座は一緒でも支払い日が異なればキャッシュフローをしっかりと確認していかなければなりません。法人カードを使うとそれぞれ使用日が違っても、クレジットカードの支払日は同じ日になります。締め日と支払日があらかじめわかっているので、資金繰りにも余裕が生まれるでしょう。色々な支払いがあるとキャッシュフローの管理が難しいですが、法人カードを持つだけでキャッシュフロー管理が容易になります。クレジットカードの支払いは、分割払いなど会社の資金状態に応じた支払いも可能です。現金だけに頼らない経営ができれば、安心感が増すでしょう。

ポイントやマイルが貯まる

一般のクレジットカードにはポイントやマイルを貯めるサービスがついていますが、法人カードも同じくポイントやマイルを貯めることが可能です。現金支払いではポイントを得ることはできませんが、クレジットカードで支払うだけでポイントやマイルが簡単に貯まっていきます。ポイントは商品や商品券に交換することができますし、マイルは出張などで飛行機を使う場合にお得な無料航空券に交換が可能です。法人向けのクレジットカードは必要経費のみに使うため、無駄な買い物をすることはないでしょう。そのため、ただ必要な経費を支払っているだけで、自然とポイントがたまる仕組みです。ポイントのほか、出張や接待で使用できる優待特典なども揃っています。出張時に心配な傷害保険の付帯サービスがあるので、わざわざ保険に入る必要もありません。持っているだけでお得なメリットがたくさんある法人カードは、多くの法人が取り入れています。ポイントやマイルなど、貯めたポイントを使いやすいカードにするとよりお得です。

使えば使っただけ得する法人カード

法人カードは、経費管理や会社のキャッシュフロー管理に役立ちます。カードさえ持っていれば現金の用意が不要で、領収書の確認などの手間もかかりません。また、クレジットカードの明細管理で経費の計上漏れを防ぐことができます。クレジットカードを使えば、利用額に応じたポイントやマイルが貰え、商品に交換できるのもメリットです。保険や付帯サービスも手厚いため、ビジネスをスムーズにしてくれます。ぜひ活用しましょう。

法人カード特集
法人カード
法人カード審査甘いのはどこ?
NTTファイナンス Bizカード

広報・PRご担当者様へ

VOIX bizをフォローして最新情報をGET

記事ライター
VOIX編集部

VOIX編集部

2020年代をリードするビジネス情報を中心にニュースを発信します。取材やリリースを中心に、価値のある情報をお届けします。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方