株式会社Handii、与信審査不要な法人カードがワンクリックで発行できる「paild」(ペイルド)を正式公開

虎さん<編集長>虎さん<編集長> クレジットカード ニュース
Handiiが与信審査不要で何枚でもすぐに発行できる法人カード発行サービス「paild」を正式公開。何枚でもすぐに発行。リモートワークの必要経費をキャッシュレスでサポート

株式会社Handii、与信審査不要なリペイド式のVisaブランド法人カードがワンクリックで発行できるサービス「paild」(ペイルド)を正式公開

株式会社Handii(東京都中央区、代表取締役社長兼CEO:柳 志明)が、与信審査不要で管理画面上からいつでも何枚でも必要な分だけ、プリペイド式のVisaブランド法人カードがワンクリックで発行できるサービス「paild」(ペイルド)を正式公開した。

paildの管理画面上から、法人カードをワンクリックで発行、カードの停止・上限金額の設定・使用履歴の確認を行える。

プリペイド式なので与信限度額を気にせず、入金した分だけVisa加盟店で使用でき、リアルカードとバーチャルカードの両方が発行可能なのに加え、従来のプリペイドカードのように1枚ずつ入金する必要がなく、複数のカードで残高をシェアし、paildの管理画面上で各カードの上限設定を行うだけで管理することが可能なシステムとなっているという。

プレスリリースが無料配信できるサイト 20選

個人事業主とフリーランスに必要? おすすめ 法人ビジネスカード特集

法人カード2枚持ちのメリットは? 2枚目におすすめ 法人カード特集

無料で配信 PR TIMES スタートアップチャレンジ

<以下、リリース>

Handiiが法人カード発行サービス「paild」を正式公開。何枚でもすぐに発行。リモートワークの必要経費をキャッシュレスでサポート

株式会社Handii(東京都中央区、代表取締役社長兼CEO:柳 志明)は、与信審査不要で何枚でもすぐに発行できる法人カード発行サービス「paild」(ペイルド)を正式公開したことをお知らせいたします。

Handiiが与信審査不要で何枚でもすぐに発行できる法人カード発行サービス「paild」を正式公開。何枚でもすぐに発行。リモートワークの必要経費をキャッシュレスでサポート

法人カード発行サービス「paild」(ペイルド)の概要

このたび提供を開始する法人カード発行サービス「paild」は、paildの管理画面上からいつでも必要な分だけ、法人カードがワンクリックで発行できるサービスです。カードの発行から停止・上限金額の設定・使用履歴の確認をすべてpaild上で行えるため、柔軟な使い方ができるだけでなく、紛失や不正利用の防止にも繋がります。また、プリペイド式なので与信限度額を気にすることなく、入金した分だけ決済にご利用いただけます。国内外のVisa加盟店で使用でき、リアルカードとバーチャルカード(※)のいずれも発行可能です。
従来のプリペイドカードのように1枚ずつ入金する必要がなく、複数のカードで残高をシェアし、paildの管理画面上で各カードの上限設定を行うだけで管理することが可能なシステムです(特許出願中)。

「paild」サービスサイト:https://www.paild.io/    ※リアルカードを伴わない番号のみ発行

価格
初期費用・システム利用料:無料
リアルカード発行手数料:2020年12月末までの発行分は無料。2021年1月以降は580円(税別) / 1枚

バーチャルカード発行手数料:無料
今後、新たな機能や付加価値サービスを有料にて提供予定です。

​お申込方法
こちらより必要事項をご記入ください。
https://www.paild.io/registration.html

paildのご利用・機能に関するお問い合わせ
sales@paild.jp

法人カード発行サービス「paild」(ペイルド)の概要

paild(ペイルド)が解消する法人決済の課題

リモートワークをキャッシュレスでサポート

企業ではリモートワークをはじめ、オフィスや対面に捉われない柔軟な働き方が普及する一方、経費の決済方法に悩まされているケースも少なくありません。限られた枚数の法人カードの場合には、決済に必要なカード情報を社員が知ってしまい、立替経費精算の場合には、金額の大きさに関わらず一時的でも社員の負担となるなど、様々な課題が挙げられます。paildなら、購買ごとや社員ごとにカード即時発行し、不要になった場合にはWeb上ですぐに停止できます。カード管理によって不正利用のリスクを抑えながら、スムーズな決済が可能になります。

「誰が・何に・いくら使ったか」を明確に

企業の経理部門は毎月、クレジットカードの明細と使用した部門や社員の照会作業に手間がかかっています。paildではカードの名称を柔軟に設定することができ、例えば1枚のpaildカードの名称を、社員名や部門名、クライアント名などに設定すれば、明細を見るだけで「誰が・何に・いくら使ったか」を簡単に把握できます。

与信限度額に制限されない

会社を新設して数年のベンチャー企業などが法人クレジットカードを作成する際、資本金や売上によって設定された与信限度額は決して高くありません。これによって、例えば月額サービスをクレジットカード決済にすると、限度額に達した時に事業に関わるサービスまで止まってしまいます。paildは会社の与信に関わらずカードが発行でき、会社のキャッシュをチャージしておくだけで、止まらない決済環境を実現します。

β版ユーザー企業様の活用例とコメント

・株式会社17 Media Japan 様
各部門ごとにバーチャルカードカードを発行し、部門予算枠に応じて限度額を設定し利用しています。従来は、共通カード情報を都度、担当者に通知し、利用していましたが、paildを使い始めてからは、通知する手間も省け、利用明細も各部門のカードごとに追うことができるのでとても便利です。また、利用している会計システムの仕訳フォーマット通り利用明細を出力できるため、データ加工の手間もなく、経理処理への一連の流れの手間も省けとても助かっています。

・LAPRAS株式会社 様
弊社は paildでカードを部署毎に発行しており、今後はそれを予算管理に応用しようと考えています。法人カードが何枚も発行できる機能が便利なことはさることながらサポートの方々のレスやユーザーからのフィードバックを反映した追加開発が速いこと等、チームの皆様も素晴らしいと思っております。引き続きユーザーと寄り添い、バックオフィスの効率化へ貢献してくださることを期待しております!

・株式会社リベロ・コンサルティング 様
弊社の業務改善コンサルティング事業では、お客様のサービスの支払いを弊社が代行する形をとっています。同じサービスを利用することも多いため、クライアントと支払い金額を紐付けるのにとても時間がかかっていました。でも、paildでクライアントごとにカードを発行すれば、どのクライアントの支払いか一目でわかるようになります。あとはその情報を元に会計ソフト側で自動仕訳を設定すれば、アップロードするだけで仕訳が完了します。半日〜1日かかっていた作業が10分で終わるようになりました。
paild(ペイルド)が解消する法人決済の課題

株式会社オリエントコーポレーション
執行役員 カード・ペイメント企画部長 高畠 健一 様からのコメント

社会環境の変化等を背景として、リモートワークなどの柔軟な働き方が定着する中、経費申請の効率化など企業の課題解決に繋がる先進的な決済手段が必要とされます。与信枠に捉われない法人向けカード決済サービス「paild」は、従来のビジネスカードではカバーしきれなかったお客様のニーズを満たすプロダクトになると考えています。

今後の展開
paildをより便利に安心してお使いいただける機能を追加し、ユーザーの皆様のニーズにお応えしながら段階的に有料プランの提供を行ってまいります。また、バックオフィス関連のSaaSとの連携をはじめとする機能拡充や、paildの新しく柔軟な活用方法を提案し、企業のDXを推進してまいります。

会社概要
会社名  株式会社Handii
代表者  代表取締役社長兼CEO 柳 志明
設立   2017年8月9日
資本金  2億5,014万円(資本準備金含む)
所在地  東京都中央区日本橋兜町5番1号 兜町第一平和ビルB1F
事業内容 法人カード発行サービス「paild(ペイルド)」の開発・運営
URL   https://www.handii.co.jp/

代表取締役社長兼CEO  柳 志明
1986年生。東京大学工学部卒業、東京大学大学院 新領域創成化学研究科物質専攻 修士課程修了。JPモルガン証券会社に入社。2017年に株式会社Handiiを創業。2019年にニッセイ・キャピタルとCoral Capitalより総額3億円の資金調達を実施。「TechCrunch Japan Tokyo 2019」ファイナリスト企業。

<参照元>

法人カード特集
法人カード
法人カード審査甘いのはどこ?
NTTファイナンス Bizカード

広報・PRご担当者様へ

VOIX bizをフォローして最新情報をGET

記事ライター
虎さん<編集長>

虎さん<編集長>

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方