「anewクラウドファクタリング」と「Tradeshift(トレードシフト)」が提携開始

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん クレジットカード ニュース
「anewクラウドファクタリング」と「Tradeshift(トレードシフト)」が提携開始

「anewクラウドファクタリング」の anew合同会社が、「B2BのFacebook」と言われる「Tradeshift」の トレードシフトジャパン株式会社と提携開始

OLTA株式会社(代表取締役社長兼CEO:澤岻 優紀)と 株式会社新生銀行(代表取締役社長:工藤 英之)が共同で運営するanew合同会社が、グローバル電子取引プラットフォーム「Tradeshift」を提供する トレードシフトジャパン株式会社(代表取締役社長:菊池 孝明)と顧客紹介に関する連携を開始した。

グローバル電子取引プラットフォーム「Tradeshift」の利用顧客に対して、オンライン完結型ファクタリングサービス「anewクラウドファクタリング」を提供することにより、数百万円から1,000万円程度の資金ニーズに対し、手軽で素早い運転資金の調達をサポートすることで資金繰りの悩みを抱える中小企業・小規模事業者の方々へ新しい資金調達の選択肢を提供する。

「Tradeshift(トレードシフト)」とは

「Tradeshift」は、「B2BのFacebook」と称されるオンライン上で様々な電子文書の送受信を行うことが可能なことに加え、アプリストアで提供される200種類以上のアプリを活用できるBtoBのプラットフォームサービス。

中小零細企業からグローバル企業まで190カ国150万社以上の企業が参加する世界最大規模の企業間取引のプラットフォームとなっている。

米国サンフランシスコに本社を持つTradeshift Inc. が提供しており、2015年に世界経済フォーラムにてデジタル・ディスラプター賞を受賞したほか、世界で数々の賞を受賞。2018年には創業8年で時価総額10億ドルを突破しユニコーン企業の仲間入りを果たしている。

日本においては子会社となる トレードシフトジャパン株式会社が、サービス提供と導入支援サービスを行っている。

人気記事:中小企業におすすめ 法人カード 比較

人気記事:年会費無料 法人カードとETCカードのおすすめ

<以下、リリース>

OLTAと新生銀行が共同運営するanew、トレードシフトジャパンと顧客紹介に関する連携を開始

OLTA株式会社(代表取締役社長兼CEO:澤岻 優紀、以下「OLTA」という。)と株式会社新生銀行(代表取締役社長:工藤 英之、以下「新生銀行」という。)が共同で運営するanew合同会社(以下「anew」という。)は、トレードシフトジャパン株式会社(代表取締役社長:菊池 孝明、以下「トレードシフト」という。)と、顧客紹介に関する連携を開始しました。

今後、トレードシフトのグローバル電子取引プラットフォーム「Tradeshift」を利用するお客さまに対し、オンライン完結型ファクタリングサービス「anewクラウドファクタリング」を提供し、より手軽に・素早く運転資金の調達をサポートしていきます。

OLTAと新生銀行が共同運営するanew、トレードシフトジャパンと顧客紹介に関する連携を開始

■本連携の背景

中小事業者の多くは売掛先からの入金が遅く、資金調達の選択肢も少ないことから資金繰りの悩みを抱えています。それに対し、anewは請求書をオンラインで買取する「anewクラウドファクタリング」を通じて、中小事業者の方々へ新しい資金調達の選択肢を提供しています。

今般、トレードシフトが提供するグローバル電子取引プラットフォーム「Tradeshift」を通じて、同サービスをご利用するお客さまに「anewクラウドファクタリング」をご紹介します。また、お客さまは「Tradeshift」上のオンライン請求書を使用することによって、より手軽に素早く現金化することが可能になります。

■協業パートナーの募集

anewは、今後も新しい資金調達手段である「anewクラウドファクタリング」を共に推進いただける協業パートナーを募集しております。
お問い合わせはこちらから:https://www.a-new.co.jp/lp/partner/professional/

■anewについて

OLTAが有するAIを活用した審査ノウハウと新生銀行の資金力を組み合わせたオンライン完結型の「anewクラウドファクタリング」の提供を通じて、従来の金融機関では十分サポートされていない数百万円から1,000万円程度の資金ニーズに対応し、資金繰りの悩みを抱える中小企業・小規模事業者の方々へ新しい資金調達の選択肢を提供しています。現在、外部のデータプラットフォーマーとの積極的な提携を通じて事業基盤の拡大や審査モデルの強化を図り、より機動的に資金ニーズに対応することを目指しております。なお、当社では法人顧客の売掛債権のみを対象としており、給与債権の買い取りは行いません。

■「Tradeshift」について

「Tradeshift」は、米国サンフランシスコに本社を持つTradeshift Inc. が提供する企業間取引のプラットフォーム。中小零細企業からグローバル企業まで190カ国150万社以上の企業が参加する世界最大規模の企業ネットワークです。「B2BのFacebook」と称されるサービスは、ネットワークに参加する企業同士がシンプルな手続きでオンライン上でつながり、様々な電子文書の送受信を行うことが可能なサービスです。「Tradeshift」のアプリストアで提供される200種類以上のアプリを活用することで、電子文書の送受信だけでなく、その前後にある承認プロセスや基幹システムとのデータ連携などを実現し、業務の効率化やスピードアップを図ることが可能です。

■トレードシフトについて

トレードシフトジャパンは、米国サンフランシスコに本社を持つTradeshift Holdings Inc.の子会社で「Tradeshift」の日本国内におけるサービス提供と導入支援サービスを行っています。グローバルな電子取引プラットフォーム上で動作する世界共通のアプリを提供するとともに、日本国内の商習慣や取引プロセスに対応したアプリをリリースしているほか、金融サービスやBPO企業と連携したサービスを日本国内市場に対し提供しています。「Tradeshift」はそのユニークなビジネスモデルが評価され、2015年に世界経済フォーラムにてデジタル・ディスラプター賞を受賞したほか、世界で数々の賞を受賞。2018年には創業8年で時価総額10億ドルを突破しユニコーン企業の仲間入りを果たしました。

■anew合同会社 会社概要

商号:anew合同会社(英語表記:anew G.K.)
所在地:東京都千代田区外神田3-12-8 住友不動産秋葉原ビル10階
設立:2020年1月
事業内容:金銭債権の取得又は譲渡等
URL:https://www.a-new.co.jp/

■OLTA株式会社 会社概要

代表者:代表取締役社長兼CEO 澤岻 優紀
所在地:東京都港区南青山1丁目15-41 QCcube南青山115ビル 3F
設立:2017年4月
資本金:25億4,361万円(資本準備金含む)
事業内容:クラウドファクタリング事業、与信モデルの企画・開発・提供
URL:https://www.olta.co.jp/ (サービスサイト)
https://corp.olta.co.jp/ (コーポレートサイト)

■株式会社新生銀行 会社概要

商号:株式会社新生銀行(英語表記:Shinsei Bank, Limited)
所在地:東京都中央区日本橋室町2-4-3
代表名:代表取締役社長 工藤 英之
設立:1952年12月
資本金:5,122億円
URL:https://www.shinseibank.com/

■トレードシフトジャパン株式会社 会社概要

代表名:代表取締役社長 菊池 孝明
所在地:東京都港区赤坂8丁目5-8 Terrace Hill Aoyama
設立:2014年6月
事業内容:企業間取引プラットフォーム「Tradeshift」の日本国内向けサービス・アプリの提供および導入コンサルティング
URL:https://tradeshift.com/ja/

<参照元>

中小企業やスタートアップ向けの新しい資金繰り改善サービス

【審査なし、即日利用もOK、支払いを最長60日先延ばしできる 支払い.com とは?】

「支払い.com」のロゴ画像

取引先への支払いをカンタンに最長60日先延ばしできる「支払い.com(支払いドットコム)」という新しい資金繰り改善サービスが今年の4月から開始され評判です。

中小企業や個人事業主は、前金を要求されたり、取引先から入金する前に支払いが必要なことも多く、仕事はたくさんあるのに手元のお金がいつもカツカツというのは良くある話です。

「支払い.com」のメリットは 何といってもこの6つです。

  1.  支払いを最長60日先延ばしできる
  2.  最短60秒のカンタン申し込み、即日利用OK
  3.  審査なし・担保なし・書類なし、ネットで手続きだけ
  4.  振込名義も自由に設定、相手にバレない
  5.  セゾンカードのクレディセゾンが共同運営
  6.  圧倒的に安い手数料
 

クレディセゾンとUPSIDER(アップサイダー)

「支払い.com」は、”セゾンカード”でおなじみのクレジットカード大手”株式会社クレディセゾン”と三菱・三井住友・みずほの3大メガバンク系VCが出資するフィンテック企業”株式会社UPSIDER(アップサイダー)”が提供する安心できるサービスになっています。

審査・担保・面談不要
最短60秒で手続き完了
最大60日間支払い延長
「支払いドットコム」
詳しくはコチラ
 

【融資枠型ビジネスローン あんしんワイド】

GMOあおぞらネット銀行「あんしんワイド」

中小企業やスタートアップ向けのネット銀行法人口座に強い GMOあおぞらネット銀行 が2022年5月から新たに提供している資金調達手段が「あんしんワイド」です。

【資金繰りを柔軟に調整できる あんしんワイド】

あんしんワイド」は、最大1,000万円まで借り入れができる GMOあおぞらネット銀行の新しい事業者向けビジネスローン商品です。

従来の銀行融資と比べても以下のようなメリットがあり、特に新設法人には使いやすく工夫されています。

  • 年利0.9%~と低金利
  • 融資枠型の使いやすいローン
  • 最大1,000万円と余裕ある融資枠
  • 最短2営業日で申込~審査~借入OK
  • 決算書・事業計画書が不要
  • ネット完結で申込~契約~借入・返済手続きOK

GMOあおぞらネット銀行「あんしんワイド」

【GMOあおぞらネット銀行の口座開設直後でも申し込める あんしんワイド】

「あんしんワイド」は、GMOあおぞらネット銀行以外の金融機関を利用している法人でも、GMOあおぞらネット銀行の法人口座を開設後、すぐに「あんしんワイド」に申し込み、契約が可能となっています。

最新のネット銀行だけあって、申し込みから契約まですべてオンラインで24時間対応しています。

創業期で赤字でもOK
最大1000万円の融資枠
最短2営業日・決算書不要
「あんしんワイド」
詳しくはコチラ
 

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ: , ,

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ