三井住友カードの「かぞくのおさいふ」と「stera terminal」を西大和学園が導入開始

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん クレジットカード ニュース
西大和学園の「かぞくのおさいふ」の導入について

三井住友カードのVisaプリペイドカード「かぞくのおさいふ」と「stera terminal」を学校法人西大和学園が導入、学内のキャッシュレス決済を開始

三井住友カード株式会社(本社:東京都江東区、社長:大西 幸彦)が提供するVisaプリペイドカードかぞくのおさいふ」とキャッシュレス決済対応型自動券売機「stera terminal」を学校法人西大和学園(本社:奈良県北葛城郡、理事長:田野瀬 太樹)が導入し学内のキャッシュレス決済を開始した。

西大和学園が運営する青雲寮・清栄寮において入寮者約200名の日常的な食費やお小遣いなどの費用を学校が立て替えてから後日保護者に請求しているため、学校と保護者の精算作業の事務負担が大きく、加えて保護者から支給したお小遣いの使途が不明であり、新しい生活様式において現金に触れることへの懸念など課題が多く、要望が多かった学内でのキャッシュレス化を実現したという。

西大和学園の「かぞくのおさいふ」の導入について

Visaプリペイドカード「かぞくのおさいふ」の券面画像

三井住友カードが提供するVisaのタッチ決済を搭載したVisaプリペイドカード「かぞくのおさいふ」を学校推奨キャッシュレス手段とし、学生が寮生活を送るうえで、学校内外での生活費の決済を行う。

Visaプリペイドカード「かぞくのおさいふ」導入メリット

  • 学校と保護者間の立て替え精算作業の削減
  • 家計管理やお小遣いの管理や可視化を実現
  • チャージした残高内でのみ利用できるため使い過ぎを防止
  • 保護者のPC、スマートフォン、アプリからいつでもチャージが可能
  • 使用した店舗や残高などの情報が確認できる

西大和学園の「stera terminal」の導入について

西大和学園の「stera terminal」の導入について

西大和学園内の食堂や売店の支払い手段は現金のみだったため、キャッシュレス決済対応型自動券売機である「stera terminal」を導入し、学生が所有するVisaプリペイドカード「かぞくのおさいふ」での決済を可能とし、キャッシュレス決済を導入した。

これにより、昼食時の混雑緩和や現金に触れず衛生面での課題を解決、精算作業の削減やお小遣いの利用状況の可視化なども実現する。

<リリース>


広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ