「stera mobile」オールインワンモバイル決済端末を三井住友カードが提供開始

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん クレジットカード ニュース
三井住友カード「stera mobile」ロゴ

三井住友カードの決済プラットフォーム「stera」にオールインワンモバイル決済端末「stera mobile」が追加

三井住友カード株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:大西 幸彦)とGMOフィナンシャルゲート株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:杉山 憲太郎)、株式会社トランザクション・メディア・ネットワークス(本社:東京都中央区、代表取締役:大高 敦)の3社が、三井住友カードの決済プラットフォーム「stera」の決済端末としてオールインワンモバイル決済端末「stera mobile」をラインナップに追加し、7月より順次設置開始する。

「stera」とは

「stera」は、三井住友カード株式会社が GMOペイメントゲートウェイ株式会社、GMOフィナンシャルゲート株式会社、ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社が協働して構築した、決済データ処理を行う「センター機能」から決済データを各決済事業者に届ける「ネットワーク機能」まで、キャッシュレス決済に必要な機能を一気通貫でカバー加盟店向けの決済プラットフォームとなる。

「stera terminal」とは

「stera terminal」は、レジまわりの省スペース化、接触機会減少による衛生管理強化など事業者が抱える課題を解決する、1つの決済デバイスで個人向けおよび法人向けクレジットカード、電子マネー、バーコードやQRコード決済などあらゆる決済手段の取扱いが可能となるオールインワン決済端末で、2020年7月から三井住友カードの「stera」用決済端末としてリアル店舗の加盟店向けに提供を開始している。

「stera mobile」とは

「stera mobile」

「stera mobile」は、「stera terminal」の決済機能を踏襲したオールインワン決済端末として、各加盟店の決済に対する要望を満たすため、GMOフィナンシャルゲート、トランザクション・メディア・ネットワークスと協働で開発した、LTE対応の持ち運びが可能なモバイル決済端末となり、2021年7月より提供を開始する。

「stera mobile」の操作画面にはタッチパネルを採用し、スマートフォンのような感覚で、クレジットカード、電子マネー、コード決済などあらゆる決済サービスの取扱いが可能となっており、飲食店でのテーブル会計、アパレル店での接客時会計から訪問先での軒下会計など、様々な業態や決済シーンでの利用を実現する。

「stera mobile」のメリット

スマートフォン・タブレットの様な操作性を実現

・5インチHDカラータッチパネル
・OSはAndroid™ OSをベースとし、アプリ追加で機能拡張が可能

持ち運び可能

・無線(LTE)対応
・大容量バッテリー搭載
・プリンター付きでレシート発行も可能

クレジットカード、電子マネー、コード決済などあらゆる決済サービスの取扱いが可能

stera mobile はクレジットカード、電子マネー、コード決済などあらゆる決済サービスの取扱いが可能

<リリース>


広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ