LGBTQに対応した住宅ローンをりそなグループと関西みらいフィナンシャルグループが取扱開始

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん クレジットカード ニュース
LGBTQに対応した住宅ローンをりそなグループと関西みらいフィナンシャルグループが取扱開始

りそな銀行、埼玉りそな銀行、関西みらい銀行、みなと銀行がLGBTQに対応した住宅ローンの取扱いを開始

りそなグループの株式会社りそな銀行(社長 岩永 省一)と株式会社埼玉りそな銀行(社長 福岡 聡)が、7月16日(月)より同性パートナーを対象とした住宅ローンの取り扱いを開始した。

さらに、関西みらいフィナンシャルグループの株式会社関西みらい銀行(社長 菅 哲哉)、株式会社みなと銀行(社長 武市 寿一)は、8月2日(月)より同性パートナーを対象とした住宅ローンの取り扱いを開始する。

関連記事:同性パートナー、同性カップル、事実婚ペアに対応、LGBT 住宅ローン特集

「ペアローン」や「収入合算・物上保証人」を開始

これにより、同性パートナー同士でも、複数名が主たる借入人として借入れをし、お互いが借入れの連帯保証人となる借入れとなる「ペアローン」や借入人以外の人が担保を提供する「収入合算・物上保証人」の取り扱いが可能となる。

LGBTQに対応した住宅ローン 概要

LGBTQに対応した住宅ローンの内容

・同性パートナーを対象としたペアローン
・同性パートナーを収入合算者、物上保証人とする住宅ローン

LGBTQに対応した住宅ローンの必要書類

・合意契約に関わる公正証書※4の正本または謄本
・任意後見契約※5に関わる公正証書の正本または謄本
・任意後見に関わる登記事項証明書原本(別紙目録付)

りそなグループのSDGs

りそなグループは「2030 年SDGs達成に向けたコミットメント」および 2030 年度をターゲットとする「サステナビリティ長期目標」の中で、人権や多様性を尊重した社会づくりへの貢献や「環境・社会課題に配慮した消費・住生活」の実現を目指している。

りそなグループの 2030 年SDGs達成に向けたコミットメント:人権

りそなグループの 2030 年SDGs達成に向けたコミットメント:人権 

りそなグループでは、一人ひとりが考え方の違いをお互いに理解し、認め合い、高め合いながら、積極的に新たな気づきを得て働きがいの充実と企業価値向上につなげるべく、ダイバーシティ&インクルージョンを推進している。

<公式ページ>

関連記事:専門家が銀行の法人口座を比較、法人口座 おすすめ はこれだ!

タグ:

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ