三井住友カードとコンカーが「ガバナンス強化型経理BPOサービス」をリリース

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん クレジットカード ニュース
三井住友カードとコンカーが「ガバナンス強化型経理BPOサービス」をリリース

三井住友カード株式会社と株式会社コンカーが「ガバナンス強化型経理BPOサービス」を12月にリリース

三井住友カード株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:大西 幸彦)と株式会社コンカー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三村 真宗)が、2020年9月に行った戦略的業務提携の一環として、企業におけるコーポレートカードの私的利用を防ぎ、ガバナンス強化と業務効率を向上させる「ガバナンス強化型経理BPOサービス」の提供を12月より開始する。

「ガバナンス強化型経理BPOサービス」とは

「ガバナンス強化型経理BPOサービス」とは

「ガバナンス強化型経理BPOサービス」は、従業員がコーポレートカードを利用するときに経費として認められない利用分を、企業に代わり三井住友カードが従業員に対して直接請求をおこなうBPOサービス。

これにより、コーポレートカードや 法人ETCカード の利用に関して、経費として認められない決済について事業者と従業員の間で精算業務が不要となるため、営業部門や経理部門をはじめとする従業員の生産性向上・業務効率化・ガバナンスの強化が期待できる。

「ガバナンス強化型経理BPOサービス」の対象環境

「ガバナンス強化型経理BPOサービス」が利用できる環境は、Concur Expense Proを契約し、Mastercardブランドの三井住友カード コーポレートカードを利用し、かつ、Mastercardが提供する「CDF」を通じてConcur Expense へデータ連携可能な法人が対象となる。 今後Visaブランドにおいても「ガバナンス強化型経理BPOサービス」を提供開始予定としている。

CDF とは

CDF(Common Data Format)は、全世界共通の 法人カードビジネスカードなどを含めた、クレジットカード利用データ等を経費精算システム等へ還元するサービス。

<リリース>


【おすすめ 三井住友カードの法人カード】

業務用 三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールド 三井住友カード ビジネスオーナーズ
デザイン 三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールドカード smbc-biz-owners
特徴 ①審査書類として、登記簿謄本や確定申告書が不要なので、いますぐネットから申し込み手続きができます。キャッシュカードや通帳など、引き落とし用の口座番号がわかるものは必要です。)
②決算書や確定申告書、銀行口座残高証明など 業績に関する審査書類も不要なので、設立1年未満で決算書がない、設立・起業したばかりで、まだ売り上げがない・少ない、赤字など審査が不安な経営者にもおすすめです。
対象 満20歳以上の法人代表者、個人事業主(フリーランス、副業を含む) 満20歳以上の法人代表者、個人事業主(フリーランス、副業を含む)
年会費 5,500円、条件を満たすと翌年以降の年会費が永年無料
詳しくは⇒ 三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールド を年会費永年無料にする方法
永年無料
詳しくは 三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールドのメリット・デメリット 三井住友カード ビジネスオーナーズのメリット・デメリット
キャンペーン 最大10,000円相当 プレゼント 最大8,000円相当 プレゼント
公式 ゴールドカード
【公式】ページ
一般カード
【公式】ページ

タグ: , ,

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ