髙島屋と住信SBIネット銀行が「NEOBANK®」サービスによる新金融サービス実現の協議を開始

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん クレジットカード ニュース
髙島屋と住信SBIネット銀行が「NEOBANK®」サービスによる新金融サービス実現の協議を開始

髙島屋と住信SBIネット銀行が「NEOBANK®」サービスによる新金融サービス実現の協議を開始

法人口座などのサービスを提供する 住信SBIネット銀行株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長(CEO):円山 法昭)が提供する「NEOBANK®」サービスを活用し、株式会社髙島屋(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:村田 善郎)と新しい金融サービスの実現に向けた協議を開始した。

2020年には顧客の資産形成や資産承継のサポートを行うファイナンシャルカウンター事業を、2021年にはソーシャルレンディング事業を新しくスタートし、ファイナンシャルサービスを百貨店の品揃えの1つととらえ展開をしている 髙島屋グループ と、国内銀行で初めてAPIを開放し、さらにパートナー企業に対して銀行機能を提供するBaaS(Banking as a Service)として「NEOBANK®」サービスを推進する 住信SBIネット銀行 が、髙島屋グループの顧客を対象にした新しい金融サービスの実現に向けた協議を行うという。

提供予定サービスとしては、以下の通り。

  • アプリ上でタカシマヤ友の会の申し込み・積立・利用ができるサービスの提供
  • 髙島屋でのお買物と連携した決済手段の組成と提供
  • 住信SBIネット銀行のバンキングサービスの提供

<リリース>

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ: ,

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ