JCB、DNP、パナソニック、りそなが生体認証にかかわるコンソーシアムを設立

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん クレジットカード ニュース
JCB、DNP、パナソニック、りそなが生体認証にかかわるコンソーシアムを設立

JCBなど4社が「顔認証マルチチャネルプラットフォーム」の実現に向けコンソーシアムを設立

法人カードなどクレジットカード事業を展開する 株式会社ジェーシービー(JCB)と大日本印刷株式会社(DNP)、パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社、株式会社りそなホールディングスの4社は、生体認証を活用した業界横断型プラットフォーム「顔認証マルチチャネルプラットフォーム」の実現に向けた取り組みの一環として、コンソーシアムを2021年12月9日に設立した。

「顔認証マルチチャネルプラットフォーム」のコンソーシアム概要

開催スケジュール 全体会:2021年12月~2022年5月に定例会を5回程度開催する
(参加企業における個別実証実験の検討開始は2022年6月以降の予定)
参加する企業の業種 運輸業、小売業等、20社以上(2021年12月1日現在)
主な内容 ① 顔認証機能の理解
② 関連する法令や情報セキュリティの知識の習得
③ 想定される利用事例やビジネスの検討

「顔認証マルチチャネルプラットフォーム」とは

「顔認証マルチチャネルプラットフォーム」とは

顔認証マルチチャネルプラットフォームは、生体認証として顔認証を活用した業界横断型プラットフォーム。

ユーザーが、日常生活のさまざまな場面で「手ぶらで」「スピーディに」サービスを利用できる環境を目指し、利用者本人の同意を得て登録した顔画像データを共通のサーバーに蓄積し、業界横断的にオープンに活用する。

顔認証の実証実験の開始

実施拠点 りそなグループ東京本社および大阪本社
りそなシステム拠点の一部
なお、埼玉りそな銀行本社ビルなどその他の拠点についても実証実験を
実施する予定です
実施内容 社員証(IDカード)に代わり、顔認証での入室
現金やプリペイドカードに代わり、顔認証によるデビットカード決済
実施期間 2021年12月~2022年3月(予定)

<リリース>

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ: ,

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ