「Biz プリカ PLUS」非営利法人プリペイドカードをTOMOWEL社が提供開始

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん クレジットカード ニュース
「Biz プリカ PLUS」非営利法人プリペイドカードをTOMOWEL社が提供開始

TOMOWEL PaymentService 株式会社が非営利法人向けプリペイドカード「Biz プリカ PLUS」の提供を開始

共同印刷株式会社の100%子会社で 法人プリペイドカード 事業を展開する TOMOWEL PaymentService 株式会社(TOMOWEL社、住所:東京都文京区、社長:代表取締役社長 大橋輝臣)が、既に提供している法人向けプリペイドカード「Biz プリカ®」に加え新たに非営利法人向けプリペイドカード「Biz プリカ PLUS」の提供を開始する。

 

非営利法人向けプリペイドカード「Biz プリカ PLUS」とは

Biz プリカ PLUS」は、学校法人、医療法人、社会福祉法人、NPO などの非営利法人向けプリペイドカード。

TOMOWEL社が、従来から発行している法人プリペイドカード「Biz プリカ」は、株式会社、有限会社、合同会社、合資会社、合名会社を対象とした営利法人向けプリペイドカードサービスであり 非営利法人は対象外であったため、学校法人、医療法人、社会福祉法人、NPO などの非営利法人向けプリペイドカードとして「Biz プリカ PLUS」を新たに展開する。

「Biz プリカ PLUS」のデザイン

「Biz プリカ PLUS」

TOMOWEL社が資金決済法 前払式支払手段の事業者登録を完了

尚、Biz プリカ PLUS は、TOMOWEL社が資金決済法における前払式支払手段の事業者登録を(関東財務局長第 00752 号)を完了したことで実現した。

「Biz プリカ PLUS」のメリット

Biz プリカ PLUS を導入することにより、「経費の見える化を実現」、「従業員の経費立替え業務を削減」、「小口現金を不要にし経理負担を削減」することで、総合的な業務効率化を実現できるメリットがある。

法人プリペイドカードと法人クレジットカード、法人デビットカードの違い

法人プリペイドカードは、従来の 法人クレジットカード法人デビットカード とは
異なり、「与信審査がない」、「引き落とし銀行口座の設定不要」、「幅広い従業員が使用可能な機能」などのメリットがある。 特にカード入会時の与信審査が不安な経営者も安心して申し込みができる。

 

営利法人向けプリペイドカード「Biz プリカ」とは

Bizプリカ

Biz プリカは、TOMOWEL社が、2019年11月から提供している 法人プリペイドカード

法人カードとは違い与信審査がなく、ユーザーの取引履歴が各種会計ソフトや経費精算システムに自動連携され経費管理などの効率化を目的に2年間で約900社が導入している。

詳しくは⇒ Biz プリカ 【公式】ページへ

「Biz プリカ」と「Biz プリカ PLUS」の概要

「Biz プリカ」と「Biz プリカ PLUS」の申し込み対象

「Biz プリカ」の申し込み対象

  • 株式会社
  • 有限会社
  • 合同会社
  • 合資会社
  • 合名会社

「Biz プリカ PLUS」の申し込み対象

以下非営利法人が対象

  • 一般社団法人
  • 一般財団法人
  • 医療法人
  • 学校法人
  • 社会福祉法人
  • NPO法人
  • その他法人・団体

「Biz プリカ」と「Biz プリカ PLUS」の個人事業主とフリーランスへの対応

「Biz プリカ」と「Biz プリカ PLUS」共に、法人登記していない個人事業主とフリーランスには非対応

 

「Biz プリカ」と「Biz プリカ PLUS」の限度額

「Biz プリカ」の法人合計上限額

制限なし

「Biz プリカPLUS」の法人合計上限額

300万円

「Biz プリカ」のカード1枚あたり限度額

制限なし

「Biz プリカPLUS」のカード1枚あたり限度額

50万円

「Biz プリカ」と「Biz プリカ PLUS」のチャージ限度額

「Biz プリカ」のカード1枚あたりのチャージ限度額

  • 1回あたり:200万円
  • 1日あたり:300万円
  • 1ヶ月あたり:1,000万円

「Biz プリカPLUS」のカード1枚あたりのチャージ限度額

  • 1回あたり:50万円
  • 1日あたり:50万円
  • 1ヶ月あたり:100万円

タグ: , ,

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ