楽天カードの発行枚数が2,500万枚を突破、「2枚目の楽天カード」も100万枚を達成

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん クレジットカード ニュース
楽天カードの発行枚数が2,500万枚を突破、「2枚目の楽天カード」も100万枚を達成

楽天カードの発行枚数が2,500万枚を突破、「2枚目の楽天カード」も100万枚を達成

楽天カード株式会社が、2005年7月に「楽天カード」を発行して以来クレジットカードの発行枚数が2021年12月に2,500万枚を突破したと公表した。 さらに、2021年6月から「楽天カード」会員向けに提供を開始した「2枚目の楽天カード」においても7カ月で100万枚超となっているため、「2枚目の楽天カード100万枚突破記念キャンペーン」も予定している。

【人気の記事】

 

2021年10月に中期計画として「クレジットカード発行枚数3,000万枚」、「ショッピング取扱高30兆円」、「取扱高シェア30%」を目指す「トリプル3」を発表しているが、2021年度通期(1月~12月)のカードショッピング取扱高は14兆円超で前年同期比で25%を上回り、詳細な計数については、2022年2月14日(月)の楽天グループ株式会社の2021年度通期および第4四半期決算発表にて開示を予定している。

【楽天カード とは】
楽天カード 年会費永年無料
今ならプレゼントキャンペーン中!
楽天カード【公式】ページ
 
楽天カードは楽天グループ株式会社の子会社である 楽天カード株式会社 が発行しているクレジットカード。 クレジットカードの国際ネットワークとしては、「Visa、Mastercard、JCB、AMEX」に対応したクレジットカードを発行しており、”楽天カード Diners Club(ダイナース クラブ)” だけは今のところ発行していない。
 
2021年11月には、楽天カード ナンバーレス の新デザインにリニューアルされ、表面にはカード情報を表示せず(所有者名は表示)、裏面にクレジットカード番号、有効期限、セキュリティコードをまとめて記載する片面 ”ナンバーレスカード” 仕様となっている。
 
約10種類程度ある楽天カードのほとんどが 年会費永年無料のクレジットカード となっており、楽天カードで支払いをすると100円で1ポイントが貯まるのでポイント還元率が高く、楽天市場を含めた楽天グループが提供するサービスで利用すると、さらに多くのポイントがたまることやTV CMのインパクトもあり爆発的に普及した。
 
楽天カード2枚持ち などの施策も積極推進することで今でも発行枚数は順調に増えており、2022年4月時点でカード発行枚数は2,600万枚、2021年5月末時点でショッピング取扱高の業界シェアは20%超と国内トップクラスのクレジットカード。 2021年度日本版顧客満足度指数調査「クレジットカード業種」において”13年連続顧客満足度第1位を獲得”するなど満足度も高水準を維持している。
 
非接触の Visaのタッチ決済 やマスターカードコンタクトレス決済にも対応し、法人カードとして株式会社、合同会社、有限会社などの法人や個人事業主、フリーランス向けに「楽天ビジネスカード」も発行している。
 
【楽天カードのメリット】
  • 24時間スマホでカンタン申し込み
  • 楽天カードは免許証のコピー不要でお申し込み
  • 楽天カードは印鑑不要でお申し込み
  • 楽天カードは約1週間でお届け
 

▼楽天カード《公式ページ》はこちら▼

▼楽天ゴールドカード《公式ページ》はこちら▼

▼楽天ANAカード《公式ページ》はこちら▼

▼楽天プレミアムカード《公式ページ》はこちら▼

▼楽天カードローン《公式ページ》はこちら▼

<リリース>

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ: ,

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ