エポスカードが「Google Pay」に対応を開始

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん クレジットカード ニュース
エポスカードが「Google Pay」に対応を開始

エポスカードが「Google Pay」に対応を開始、2月14日から

株式会社エポスカード(住所:東京都中野区、社長:代表取締役社長 斎藤 義則)が発行するクレジットカード「エポスカード」がGoogle Payの対応を2月14日から開始する。

エポスカードの「Google Pay」概要

エポスカードの「Google Pay」対象カード

エポスカードの「Google Pay」対象カードは、Visaマークの付いたエポスカードとなる。 Visaマークの付いていない エポスカード、プリペイドカード、ETCカード、バーチャルカードは対象外となる。

エポスカードの「Google Pay」対象スマートフォン

エポスカードの「Google Pay」対象スマートフォンは、Android 5.0 以上のNFC(非接触通信)を搭載した Android 端末となる。

エポスカードの「Google Pay」が利用できる加盟店

エポスカードの「Google Pay」が利用できる加盟店は以下の通り。

エポスカードの「Google Pay」利用方法

エポスカードの「Google Pay」利用方法は、AndroidスマートフォンにGoogle Pay アプリをダウンロードしたうえで、エポスカードをGoogle Payに登録することで、Visaのタッチ決済 対応加盟店にて Google Pay を利用した支払いができるようになる。

また、Google Pay に対応したオンラインショッピングにおいても、 Google Pay に登録したエポスカードで支払いができる。

エポスカードの「Google Pay」利用のポイント還元

エポスカードの「Google Pay」で支払いした場合もエポスポイントがたまる。

<リリース>

【Visaのタッチ決済とは?】

Visaのタッチ決済 の新しいロゴ画像
Visaのタッチ決済は、2020年頃から日本においても急速に普及した最新のクレジットカード支払い方法となり、利用者はVisaタッチ決済対応の決済端末にタッチ決済対応のカードをかざすだけで支払いが完了します。
交通系の電子マネーと同じようにサインも暗証番号の入力も不要なためICチップを使った決済より素早く簡単に支払いができる上、非接触であることから清潔であるという点も大きなメリットになっている最新の決済方法です。

⇒ Visaのタッチ決済 について もっと詳しく知る

タグ:

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ