「西友×楽天ポイント 2倍・4倍キャンペーン」を5月9日~7月31日に開催

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん クレジットカード ニュース
「西友×楽天ポイント 2倍・4倍キャンペーン」を5月9日~7月31日に開催

西友、リヴィン、サニーで「楽天ポイント 2倍・4倍キャンペーン」を5月9日~7月31日に開催

楽天グループ株式会社と楽天ペイメント株式会社が、株式会社西友が運営するスーパーマーケット「西友」、「リヴィン」、「サニー」の全店舗(4月26日時点で328店舗)において共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」の提供開始を記念して、対象店舗で「楽天ポイントカード」の提示、支払い、チャージを組み合わせてお得に「楽天ポイント」がたまるキャンペーンを開催する。 5月9日~7月31日の期間に火曜日・土曜日と毎月15日がお得になる内容となっている。

 

「西友×楽天ポイント 2倍・4倍キャンペーン」概要

項目 内容
キャンペーン
名称
楽天ポイント2倍・4倍キャンペーン
実施期間 2022年5月9日(月)~2022年7月31日(日)
キャンペーン
特典

キャンペーン期間中の火曜日・土曜日・15日に「西友」、「リヴィン」、「サニー」の対象店舗で「楽天ポイントカード」を提示して200円(税抜)以上の会計をすると、「楽天ポイント」を通常の2倍になる。
さらに、それぞれの対象日に条件達成をすると、条件達成に応じた特典がもらえる。

【キャンペーン期間中の火曜日】
会計時に「楽天Edy」で200円(税込)以上支払いをすると、Edy決済分の楽天ポイントが通常の2倍。

【キャンペーン期間中の土曜日】
会計時に「楽天カード」で100円(税込)以上支払いをすると、カード決済分の「楽天ポイント」が通常の4倍。

【キャンペーン期間中の毎月15日】
「楽天Edy」にチャージをすると、チャージ金額の1%を還元。

キャンペーン
対象
<以下の条件を満たした楽天会員が対象>

【「楽天ポイントカード」提示で「楽天ポイント」2倍】
キャンペーン期間中に、対象店舗で「楽天ポイントカード」を提示して200円(税抜)以上会計をされた方

【「楽天Edy」決済分が「楽天ポイント」2倍】
キャンペーン期間中の火曜日に、対象店舗で会計時に「楽天Edy」にて200円(税込)以上支払いをされた方
・「楽天ポイントカード」を提示しない場合でもポイント進呈対象となる。

【「楽天カード」決済分が「楽天ポイント」4倍】
キャンペーン期間中の土曜日に、対象店舗で会計時に「楽天カード」にて100円(税込)以上支払いをした方
・「楽天ポイントカード」を提示しない場合でもポイント進呈対象。

【「楽天Edy」チャージ分の1%還元】
キャンペーン期間中の毎月15日に、「楽天Edy」にチャージをすると、チャージ金額の1%を還元。
・「楽天ポイントカード」を提示しない場合でもポイント進呈対象。

※レシートに特典ポイント数の記載はありません。
※獲得された特典ポイントはポイント実績より確認ください。
※【「楽天ポイント」2倍】「楽天ポイントカード」利用分のポイントは「楽天ポイントカード」より進呈、【「楽天Edy」決済分が「楽天ポイント」2倍】・【「楽天Edy」チャージ分の1%還元】「楽天Edy」での支払い分のポイントは「楽天Edy」より進呈、【「楽天カード」決済分が「楽天ポイント」4倍】は「楽天カード」より進呈となります。別々の進呈となるので、あらかじめご了承ください。

 

【楽天カード とは】
楽天カード 年会費永年無料
今ならプレゼントキャンペーン中!
楽天カード【公式】ページ
 
楽天カードは楽天グループ株式会社の子会社である 楽天カード株式会社 が発行しているクレジットカード。 クレジットカードの国際ネットワークとしては、「Visa、Mastercard、JCB、AMEX」に対応したクレジットカードを発行しており、”楽天カード Diners Club(ダイナース クラブ)” だけは今のところ発行していない。
 
2021年11月には、楽天カード ナンバーレス の新デザインにリニューアルされ、表面にはカード情報を表示せず(所有者名は表示)、裏面にクレジットカード番号、有効期限、セキュリティコードをまとめて記載する片面 ”ナンバーレスカード” 仕様となっている。
 
約10種類程度ある楽天カードのほとんどが 年会費永年無料のクレジットカード となっており、楽天カードで支払いをすると100円で1ポイントが貯まるのでポイント還元率が高く、楽天市場を含めた楽天グループが提供するサービスで利用すると、さらに多くのポイントがたまることやTV CMのインパクトもあり爆発的に普及した。
 
楽天カード2枚持ち などの施策も積極推進することで今でも発行枚数は順調に増えており、2022年4月時点でカード発行枚数は2,600万枚、2021年5月末時点でショッピング取扱高の業界シェアは20%超と国内トップクラスのクレジットカード。 2021年度日本版顧客満足度指数調査「クレジットカード業種」において”13年連続顧客満足度第1位を獲得”するなど満足度も高水準を維持している。
 
非接触の Visaのタッチ決済 やマスターカードコンタクトレス決済にも対応し、法人カードとして株式会社、合同会社、有限会社などの法人や個人事業主、フリーランス向けに「楽天ビジネスカード」も発行している。
 
【楽天カードのメリット】
  • 24時間スマホでカンタン申し込み
  • 楽天カードは免許証のコピー不要でお申し込み
  • 楽天カードは印鑑不要でお申し込み
  • 楽天カードは約1週間でお届け
 

▼楽天カード《公式ページ》はこちら▼

▼楽天ゴールドカード《公式ページ》はこちら▼

▼楽天ANAカード《公式ページ》はこちら▼

▼楽天プレミアムカード《公式ページ》はこちら▼

▼楽天カードローン《公式ページ》はこちら▼

【楽天ペイ(アプリ決済)とは】 楽天ペイ(アプリ決済) 「楽天ペイ(アプリ決済)」は、法人カード などのクレジットカードや楽天銀行口座を登録するだけで、スマホアプリで簡単に支払いができる決済サービス。 年会費無料クレジットカード の「楽天カード」、「楽天銀行口座」、「楽天ポイント」、「楽天キャッシュ」、「楽天Edy」、「Suica」による支払いが可能で、「楽天ポイントカード」も利用できる。 楽天グループの決済サービス「楽天ポイント」「楽天キャッシュ」「楽天カード」を使って決済すると1%還元となる100円の支払いにつき1ポイント付与、「楽天カード」から「楽天キャッシュ」のチャージで200円につき1ポイント(0.5%)付与されるのでこの場合1.5%還元となる。
【楽天Edy(ラクテンエディ)とは】 楽天Edy(ラクテンエディ)のロゴ画像 楽天Edyは、2021年11月にサービス開始20周年を迎える、コンビニエンスストアやスーパーマーケット、飲食店、自動販売機、タクシー、ガソリンスタンドなど全国約90万カ所(2021年11月1日時点)で利用できる、楽天グループのプリペイド型電子マネー。 楽天Edyには、カードやアプリ、キーホルダーをはじめとしたEdy機能搭載型グッズなどがあり、事前に 年会費無料クレジットカード楽天カード、楽天ポイントまたは楽天Edy加盟店にて現金でチャージ(入金)をして支払いに利用できる。 事前に設定をすると「楽天ポイント」などを貯めることができ、貯まった「楽天ポイント」は加盟店での支払いや楽天グループの各サービスで利用できる。

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ: , ,

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ