「西武バス 空港連絡バス」が Visaのタッチ決済 の実証実験を開始

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん 公開 クレジットカード ニュース
「西武バス 空港連絡バス」が Visaのタッチ決済 の実証実験を開始

「西武バス 空港連絡バス」が Visaのタッチ決済 の実証実験を開始

年会費無料法人カードナンバーレスカードなどのクレジットカード事業を展開する 三井住友カード株式会社、西武バス株式会社、レシップ株式会社、QUADRAC株式会社、ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社の5社が、埼玉県で初の取り組みとなる空港連絡バスにおけるタッチ決済を使った乗車サービスの実証実験を実施する

西武バスの「空港連絡バス」と「Visaのタッチ決済」の実証実験

西武バスが運行する一部の「空港連絡バス」において、三井住友カードが提供する公共交通機関向けソリューション「stera transit」を活用して「Visaのタッチ決済」による実証実験が2022年7月25日(月)から実施される。

「西武バス 空港連絡バス」と「Visaのタッチ決済」の実証実験の各社の役割

  • 西武バス株式会社: バスの運行、旅客案内
  • 三井住友カード株式会社: キャッシュレス決済導入支援、steraプラットフォーム提供
  • レシップ株式会社: キャッシュレス決済用端末およびシステムの開発・提供
  • QUADRAC株式会社: 交通事業者向け決済および認証に関するSaaSプラットフォーム(Q-move)提供
  • ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社: Visaのタッチ決済に関するソリューション提供・認知プロモーション

「西武バス 空港連絡バス」と「Visaのタッチ決済」の実証実験の概要

Visaのタッチ決済専用機器を設置した西武バスの空港連絡バス対象路線において、Visaのタッチ決済機能のあるカードやスマートフォン等を乗車時にかざすことで、運賃精算を行う実証事件となる。

今回の取り組みでは、所沢駅などから羽田空港を結ぶ【所沢羽田線】、川越駅などから羽田空港を結ぶ【川越羽田線】(6月29日現在運休中)の羽田空港へ向かう西武バス車両にレシップが提供するキャッシュレス運賃収受器「LV-700」を設置し、Visaのタッチ決済での乗車が可能となるため、ICカードにチャージしたり、残高を気にすることなく乗車が可能となる。

  • 実証期間:2022年7月25日(月)~2023年7月末(予定)
  • 対象者: Visaのタッチ決済対応カード(クレジット、デビット、プリペイド)やスマートフォン等の利用者とその同伴の方
  • 対象路線:
    ・所沢羽田線
    ・川越羽田線(6月29日現在運休中)
    ・所沢成田線(予定)
    ※空港に向かう、西武バスが運行する便(バス)のみ対象(空港発の便、同じ路線でも共同運行先が運行する便は対象外)
    ※《川越羽田線》の運行再開時期、《所沢成田線》の運行再開時期および導入開始時期は西武バスのホームページなどで日程が定まり次第、別途ご案内予定

Visaのタッチ決済乗降履歴確認方法

QUADRACのQ-moveサイト(https://q-move.info/)にアクセスし「マイページ」の無料会員登録手続きをすると、スマホなどネットで履歴が確認できる。

【Visaのタッチ決済とは?】

Visaのタッチ決済 の新しいロゴ画像
Visaのタッチ決済は、2020年頃から日本においても急速に普及した最新のクレジットカード支払い方法となり、利用者はVisaタッチ決済対応の決済端末にタッチ決済対応のカードをかざすだけで支払いが完了します。
交通系の電子マネーと同じようにサインも暗証番号の入力も不要なためICチップを使った決済より素早く簡単に支払いができる上、非接触であることから清潔であるという点も大きなメリットになっている最新の決済方法です。

⇒ Visaのタッチ決済 について もっと詳しく知る

「stera transit(ステラト ランジット)」とは

stera(ステラ)」は、キャッシュレス導入に際した課題を解決するため、三井住友カード、GMOペイメントゲートウェイ、GMOフィナンシャルゲートおよびVisaが共同で構築した事業者向け決済プラットフォームです。

「stera transit(ステラト ランジット)」は、「stera(ステラ)」の決済プラットフォームと国際ブランドの非接触決済「タッチ決済」を活用した公共交通機関向けの決済ソリューションに加え、MaaSやスマートシティの認証基盤としても活用できるテクノロジーです。

現金・事前チャージの必要がないという消費者の「利便性向上」に加え、「感染症予防対策」「インバウンド受け入れ環境の整備」「地域のキャッシュレス決済促進」など広範囲な効果が期待されています。

お会計がスマートかつスムーズに、キャッシュレスの対応が実現できる中小企業向けのキャッシュレス決済端末サービス「stera pack(ステラパック)」も提供している。

参考:「stera pack(ステラパック)」三井住友のキャッシュレス決済端末。手数料やメリットを分析!

Visaのタッチ決済が使えるおすすめ三井住友カード

【三井住友カードのおすすめナンバーレスカード】
個人用 三井住友カード(NL) 三井住友カード ゴールド(NL) 三井住友カード プラチナプリファード
デザイン 三井住友カード(NL)ナンバーレスカード - 年会費永年無料 三井住友カード ゴールド(NL)ナンバーレスの券面画像 三井住友カードプラチナプリファード(NL)の券面画像
発行 スピード ネットで申し込みしてから最短10秒で即時発行(※)で即時発行ができ、すぐ使える。
※即時発行ができない場合があります。
ポイント
還元率
最大7%還元 (※1) 最大7%還元 (※1) 最大15%還元
(ポイント付与の詳細は
公式ページで確認してください。)
対象 初めてカードを作る方におすすめ 年間100万円以上使う方におすすめ 年間200万円以上使う方におすすめ
年会費 永年無料 5,500円
年間100万円以上の利用で
翌年以降は年会費永年無料(※2)
33,000円
キャンペーン 入会キャンペーン開催中 入会キャンペーン開催中 入会キャンペーン開催中
詳細 ページ 三井住友カード(NL)と
ナンバーレスの評判
三井住友カード
ゴールド(NL)
初年度無料、
永年無料にする方法
プラチナプリファード
キャンペーン 2024

 

※1:最大7%ポイント還元の内訳は通常ポイント0.5%+スマホのタッチ決済利用6.5%となっています。 商業施設内の店舗など、一部ポイント加算の対象とならない店舗があり、iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。 一定金額(原則1万円)を超えるとタッチ決済でなく、決済端末にカードを挿して支払いをするく場合があり、その場合の支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりません。 上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合があります。 ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。
※2:対象取引や算定期間等の実際の適用条件などの詳細は、三井住友カードのホームページを必ずご確認ください。


 

【三井住友カードのおすすめ法人カード】

業務用 三井住友カード
ビジネスオーナーズ
ゴールド
三井住友カード
ビジネスオーナーズ
デザイン 三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールドカード smbc-biz-owners
特徴 ①審査書類として、登記簿謄本や確定申告書が不要なので、いますぐネットから申し込み手続きができます。キャッシュカードや通帳など、引き落とし用の口座番号がわかるものは必要です。)
②決算書や確定申告書、銀行口座残高証明など 業績に関する審査書類も不要なので、設立1年未満で決算書がない、設立・起業したばかりで、まだ売り上げがない・少ない、赤字など審査が不安な経営者にもおすすめです。
対象 満20歳以上の法人代表者、個人事業主(フリーランス、副業を含む) 満20歳以上の法人代表者、個人事業主(フリーランス、副業を含む)
年会費 5,500円、年間100万円以上の利用で翌年以降の年会費永年無料
詳しくは⇒ 三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールド を年会費永年無料にする方法
永年無料
キャンペーン 入会キャンペーン開催中 入会キャンペーン開催中
詳細 三井住友カード
ビジネスオーナーズ
ゴールド
詳しくはこちら
三井住友カード
ビジネスオーナーズ
詳しくはこちら

 


<リリース>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
運営会社 株式会社VOIX(https://voix.co.jp/
所在地 東京都港区虎ノ門5-11-15
代表者 代表取締役 室塚 博史
代表取締役 神武 弘徳
事業内容 ニュースメディア「VOIX(ボイス)」の運営
AIリード獲得・集客支援 事業
保険事業向けAI集客「VOIX-I」事業
FinTech Innovations 事業
既存ビジネスのデジタル化支援 事業
オウンドメディア企画・開発支援 事業
プレスリリース 無料 配信 事業
AIリードジェネレーションの研究開発
採用情報 【求人】在宅 Webライター 募集
お問合せ https://voix.jp/contact/

【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は無料です。)

詳しくはこちら

VOIXプレスリリース
無料投稿窓口

関連▶無料でプレスリリースを効果的に配信する方法

運営会社 株式会社VOIX(https://voix.co.jp/
所在地 東京都港区虎ノ門5-11-15
代表者 代表取締役 室塚 博史
代表取締役 神武 弘徳
事業内容 ニュースメディア「VOIX(ボイス)」の運営
AIリード獲得・集客支援 事業
保険事業向けAI集客「VOIX-I」事業
FinTech Innovations 事業
既存ビジネスのデジタル化支援 事業
オウンドメディア企画・開発支援 事業
プレスリリース 無料 配信 事業
AIリードジェネレーションの研究開発
採用情報 【求人】在宅 Webライター 募集
お問合せ https://voix.jp/contact/

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ: , , ,

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ