バクラクビジネスカードの魅力を特集!最大1億円の限度額で利用料無料の法人カード

バクラクビジネスカードの魅力を特集!最大1億円の限度額で利用料無料の法人カード

ビジネス用の決済方法として法人カードは欠かせないものとなり、近年ハイスペックな特徴や独自の機能をを持つカードが多数登場しています。

その中でも 株式会社LayerX が提供する「バクラクビジネスカード」は利用料無料 / 即時追加発行 / 最大1億円決済可能という大きなメリットをもつ法人クレジットカードとして注目を浴びています。

バクラクカードはバクラク請求書やバクラク計算等の決済システムを展開している株式会社LayerXが2022年に開始した次世代の法人カードサービスです。

バクラクビジネスカード基本情報

バクラクビジネスカード

バクラクビジネスカード基本スペック

対象 法人のみ
国際ブランド Visa
発行手数料 無料
年会費 無料
利用料 無料
ポイント なし
上限金額 最大1億円(1ヶ月あたり)
最大749,999USD(1回あたり)
カード発行上限 上限なし
申込方法 WEBから

バクラクビジネスカードのスペック上の大きな特徴として、発行手数料、チャージ手数料、利用料が一切かからない無料の法人クレジットカードであることが挙げられます。また、上限利用限度額が最大1億円(1ヶ月あたり)というのも他の法人カードにはない条件となっています。

一方でポイント還元がないので、コスパのみを重視されるのであれば、ポイント還元率の高い年会費無料の法人カードを探すと良いでしょう。

バクラクビジネスカードの特徴/メリットを従来の法人カードと比較してみました

利用限度額が最大1億円(月間)

バクラクビジネスカードは月の利用限度額が最大1億円と大きく設定されています。通常の法人カードと比較してみると、年会費無料のカードの限度額で最大500万円程度、年会費が数万円かかるゴールドやプラチナカードの限度額で1000万円〜でなのでバクラクビジネスカードは事業決済の規模が大きい会社には向いているといえます。

近年、利用上限がないプリペイド型の法人カードも登場していますが、バクラクビジネスカードはプリペイドではなくクレジットカード型。決済後の支払い後払いになるので支払いサイトも長くメリットといえます。

年会費が無料

バクラクビジネスカードは初期費用・年会費・発行手数料が無料。通常の法人カードでは年会費が無料のもの〜数万するものまで様々です。また、従業員用の追加カードの発行に年会費が必要なカードも多くあります。

バクラクビジネスカードは追加の発行手数料も無料(しかも上限発行枚数がない)ので、従業員用など無料でカードを多く発行したい人には向いています。

手続きがWEB上で完結

バクラクビジネスカードは申込み〜審査〜発行+追加カードの発行まですべてWEB完結です。面倒な書類郵送などはないので利用してみたいと思ったときすぐに無料申し込みしてみることをおすすめします。

会計処理、経理連動がスムーズ

バクラクはそもそも請求書や経費精算などのクラウド会計サービス周辺事業からスタートしているサービスなので、管理画面上での会計処理に優れています。

  • 決済後に即時に反映される明細
  • csvでの出力機能
  • freeeとの連携に対応済み

発行カード毎に設定できる細かな設定

バクラクビジネスカードはバーチャルカードを発行できます。追加カードは管理画面から即時発行できますので、必要なタイミングですぐに発行できるのが便利ですね。

バーチャルカードとは
バーチャルカードはWEB上で表示発行されるカードです。PCやスマホの画面にカード番号、セキュリティコードが表示され、WEBなどで即時利用できるメリットがあります。
一方、店頭などカード差し込みタイプの決済には利用できません。

発行されたカードにはカード毎に用途や部署、利用者などの名前を設定することができ、利用限度額もコントロール可能です。

  • バーチャルカードを即時発行可能
  • カード毎に自由に名前を設定可能
  • カード毎に利用限度額を設定可能
  • カード毎に所有者を設定可能

新たにユーザー権限機能が拡張されました

今までのバクラクカードには、経理担当者の業務実態に沿った適切なユーザー権限がなかったため、新規カードの発行など経理担当の方が関与しない業務権限まで付与されてしまう課題があったため、新たにバクラクビジネスカードのユーザー権限が細分化されました。

バクラクカードのユーザー権限一覧

  • 管理者権限
    バクラクカードの新規発行や利用上限設定、バクラクカード所有者の変更などほぼ全ての操作が可能な権限
  • 経理担当権限
    全てのバクラクカードの利用明細の確認など経理業務に必要な操作のみが可能な権限、バクラクカードの所持も可能
  • 一般権限
    自身の所持しているバクラクカードのみ番号確認や、利用明細の確認が可能な権限

スマホからカード情報や利用明細などが確認可能に

バクラクビジネスカードは新たに機能をアップデート、スマホに最適化された画面で、カード情報や利用明細等の確認ができるようになりました。

2023年2月にカード番号や有効期限などカード情報が記載されないナンバーレスカード仕様として提供予定のリアルカードにおいても、スマートフォンからカード情報等を便利に確認できるようになり、暗証番号等を即時に確認できるなどの機能も開発予定となっています。

3Dセキュアにも対応

バクラクビジネスカードはオンラインサービスやECサイトでクレジットカードの不正利用を防止する3Dセキュアにも対応していますので、より安心、安全に決済できる法人カードとなっています。

専門的な話になりますが、バクラクビジネスカードでは、Visaが提供するVCASを採用したことで、EMV 3Dセキュア バージョン2.1および2.2、3Dセキュア バージョン1.0に対応しており、加えてVisaの不正取引情報を活用したリスクエンジンによる「独自のスコアリング(VCASスコア)」と「リスクベース認証」によるシームレスなユーザー体験を実現しています。

【3Dセキュアとは?】
3DセキュアはVisaなど国際ブランド6社により策定され、経済産業省でもECサイトでのクレジットカード決済に導入を義務化する検討がされている、高度なセキュリティ性を実現できる本人認証の規格です。

バクラクビジネスカードまとめ

以上のようにバクラクビジネスカードは従来の法人カードと一線を画す機能を持ったカードです。利用シーンとしては以下のようなものが考えられます。

  • クレジットカードの利用限度額が必要な方
    Google広告やYahoo!広告、DSPのような広告配信サービス、AWSやGoogleクラウドなどサーバーサービスを利用される方。
  • 従業員や部門、支店ごとにカードを複数発行する方
    従業員用や部門、支店ごとにカードを発行し限度額や明細を管理したい方に特におすすめです。
  • バクラクサービスを利用中の方
    バクラク請求書やバクラク申請、バクラク経費精算などの各種サービスをご利用中の方には相性の良いカードといえますのでおすすめです。

初期費用や年会費がかからないカードなので、この機会に申し込んでみてはいかがでしょうか?

バクラクビジネスカード
公式サイトへ

 

 

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
法人カード専門家 山本

監修者:山本克彦金融アナリスト 1976年東京都出身。某大手金融会社を独立後、15年以上に渡り金融アナリストとして活動。ライターとしては大手ニュースサイトに連載経験あり。 自身も複数会社を経営し、通算で法人カードを15枚以上作成経験あり。 座右の銘は「死ぬまでに1円でも多く得したい。」

ページトップへ