無料請求書サービス「請求QUICK」に請求書受取機能が標準搭載

VOIX編集チーム 公開 クレジットカード ニュース
無料請求書サービス「請求QUICK」に請求書受取機能が標準搭載

中小企業のインボイス制度対応を支援する「請求QUICK」が請求書受取機能を標準搭載開始

総合フィンテックソリューション企業であるSBI FinTech Solutions株式会社の子会社で、バックオフィス支援サービスを提供するSBIビジネス・ソリューションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:夏川 雅貴)は、経理のさまざまな課題を解決し、DXを加速するクラウド型請求書発行システム「請求QUICK」に、請求書の受取機能を、2023年9月を目途に標準搭載することをお知らせいたします。

これにより、「請求QUICK」は『クラウド型請求書発行システム』から、発行・受取・電子保存までをオールインワンで提供する『クラウド型請求書管理システム』へと進化し、中小企業の請求書業務の効率化とインボイス制度・改正電帳法への対応を支援いたします。

背景と目的

インボイス制度の開始や改正電帳法の宥恕期間の終了など、2023年は事業者にとって法制度対応の負荷がさらに顕著となることが見込まれる時期となります。特にSBIビジネス・ソリューションズがサービスを届けたい中小企業においては、経理の専門部署がなく兼務で経理事務を行うなど限られたリソースで業務を回しているケースが多く、業務負荷とコスト負担を抑えた形で法制度対応を行いたいというニーズが強く存在しています。

SBIビジネス・ソリューションズはこのような中小企業の「リソースやコスト負担の課題」に対して、月額無料から使える「請求QUICK」の料金体系を維持しつつ、新たに請求書受取機能を標準搭載することで、インボイス制度対応のための3つの機能である「請求書発行・請求書受取・電子保存」を1つのシステムで提供することといたしました。1つのシステムで提供することで、システムの専門家がいない中小企業でも、経理担当者だけでデジタルツールによる効率的なインボイス制度・電帳法対応が行えるようになります。

発行も受取も電子保存も、1つのシステムでインボイス制度・電帳法対応が可能に

「請求QUICK」が提供している「請求書の発行」に関する機能に、受領した請求書のデータ取込から支払依頼書作成、承認、FBデータ出力、出金消込、仕訳連携などの「請求書の受取」に関する機能が加わり、発行・受取・電子保存まですべて「請求QUICK」で行えるようになります*1。発行業務・受取業務それぞれでインボイス制度・電帳法に対応しているので、法制度対応も「請求QUICK」だけで可能になります。
*1 請求書受取の基本機能は2023年9月に実装予定です。

さまざまな請求書の受取に対応し、大幅な業務効率化と法制度対応を実現

受取業務では、電子請求書を専用のメールアドレスまたはURLで受け取れば、ワンクリックでAI -OCRが読み取って支払依頼書を作成し、紙で受け取った請求書はスキャンしてアップロードすれば同様にAI-OCRが読み取って支払依頼書を作成するなど、さまざまな請求書の受取に対応します。また、受け取った請求書を電帳法に則って電子保存する機能や、多段階承認ワークフローの設定、承認済みの支払依頼書からFBデータ(全銀協規定フォーマット)を作成する機能も提供しますので、大幅な業務効率化が見込めます。さらに、支払依頼書の情報を仕訳データとして出力する機能*2や、受け取った請求書のデータと出金データを突合して自動で消し込む自動出金消込機能*2も順次実装予定です。

*2 支払依頼書情報の仕訳データ出力機能、および自動出金消込機能は2023年10月以降、順次実装予定です。

「請求QUICK」だけで中小企業のインボイス制度・電帳法対応が可能

インボイス制度や改正電帳法の対応事項は、請求書の発行業務と受取業務それぞれで異なります。
「請求QUICK」の発行機能では、インボイスの記載必須要件である登録番号を請求書に自動で反映し、税率ごとに区分した消費税額と適用税率の記載、発行した請求書の控えの電子保存が可能となっています。また受取機能においては、受け取った請求書に記載の登録番号をAI-OCRで読み取り、「請求QUICK」から直接国税庁インボイス制度適格請求書発行事業者公表サイトへ登録番号の確認ができるので、業務の省力化をサポートします。さらに、紙でも電子でも、受け取った請求書を電帳法に則って適切に電子保存可能なので原本保管も不要になります。 「請求QUICK」は、法制度対応にかかる発行業務・受取業務それぞれの業務負荷を軽減し、請求書データの電子保存まで1つのシステムで実現できるインボイス制度・電帳法対応ツールとなっています。
今後も皆さまのお声をもとに「請求QUCK」は事業者様目線で経理財務DXのソリューションツールとして日々進化してまいります。

「請求QUICK」はSaaS & FinTechで中小企業の経理財務DXを支援

「請求QUICK」は、法制度対応と業務効率化を実現するクラウド型請求書管理システム(SaaS)をベースに3つのFinTech機能が組み込まれており、月額無料からご利用いただくことができます。金融機関とのAPI連携による自動明細取得機能で面倒な入金/出金消込作業を大幅に効率化する「消込QUICK」、請求書カード払いサービス「クレカQUICK」、発行した請求書をWeb完結で資金化できるファクタリング機能「入金QUICK」という3つのFinTech機能を、すべて1つのシステムで提供しています。
SaaS & FinTechのノウハウや最新技術を詰め込んだ「請求QUICK」は、経理業務の効率化と法制度対応に課題を抱える中小企業にとって非常に利便性の高いシステムとなっております。

 ▼「請求QUICK」無料登録の受付はこちら

 SaaS & FinTechで構成する「請求QUICK」の概要図

SBIビジネス・ソリューションズ株式会社 会社概要

  • 会社名 :SBIビジネス・ソリューションズ株式会社
  • 所在地 :東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー
  • 設 立 :1989年9月
  • 代表者 :代表取締役社長 夏川 雅貴
  • 資本金 :3億5千万円(資本準備金等含む)
  • 事業内容:バックオフィス支援サービスの提供
  • URL :https://www.sbi-bs.co.jp/

※リリースの記載内容は発表日時点のものです。その後、将来の製品改良などにより内容が予告無しに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

<以上>

後払い法人サービスのおすすめ 利用企業急増中!

利用企業急増中! 法人向けの後払いサービスを紹介

「掛け払い」ではなく「法人クレジットカード」でもでもない、新しい形態の法人向けの後払いサービスが増加しています。 特にビジネスローンやファクタリングに代わり、”「請求書カード払い」サービス”が、手軽な資金繰り改善方法として事業者に人気です。

フリーランスや個人事業主にも人気がある「支払いcom(支払いドットコム)」 や「INVOYカード払い」、「ラボルカード払い」に代表される”後払いサービスをいままでの後払い方式との違いや複数の類似サービスと比較し、まとめて紹介しています。


※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ: , ,

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター

VOIX編集チーム

ランキングニュースを中心に、今話題になっているリリース情報や・ビジネス情報を特集します。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ