新興国物件の不動産投資型クラウドファンディング「TECROWD」をスタート

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん クラウドファンディング ニュース
新興国物件の不動産投資型クラウドファンディング「TECROWD」をスタート

TECRA株式会社、新興国の物件に投資する 不動産投資型クラウドファンディング「TECROWD」をスタート

TECRA株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、 代表取締役社長:今井豊和)が、新興国の不動産に投資できるクラウドファンディング「TECROWD」をスタートし、事前会員登録の受付を開始した。

また、4月より1号ファンドでありモンゴルの首都ウランバートルにあるオフィスビルでTECRAが建設に携わった物件Hoimor officeを1口10万円から販売を開始予定となっており、運用は5月より2年間を予定、年間の配当利回りは8.0%を想定、2月22日より先行予約の受付を開始するという。

関連記事:「アイフルファンド」募集開始、AGクラウドファンディングがソーシャルレンディング事業に参入

不動産投資型クラウドファンディング「TECROWD」とは

TECROWDはオンライン完結型、1口10万円から始められる

TECROWDは1口10万円から新興国の不動産に投資できる不動産投資型クラウドファンディングサービス。投資するにあたり物件選びから契約まで、すべてオンラインで完結するため、気軽に海外不動産への投資が始めらる。

TECROWDはオンライン完結型、1口10万円から始められる

TECROWDは新興国の高利回り物件に投資できる

経済成長が著しい新興国は物件価格の上昇期待率が高く、インフレ率の高さから賃料も上昇傾向にあり、中央アジアの国では物理的に不動産が不足、供給よりも需要が上回っている状況のため高い利回りが期待できる。

TECROWDは不動産特定共同事業法を活用した不動産クラウドファンディング

TECROWDは不動産特定共同事業法(国土交通省管轄)に基づいた、複数の投資家様から出資を受けた金銭により不動産を取得し、運用期間中の賃貸収入や売却時の利益を分配する仕組みとなっている。

TECROWDは不動産特定共同事業法を活用した不動産クラウドファンディング

TECROWD 1号ファンド Hoimor office 概要

TECROWDのサービス開始に伴い、一番最初に販売される商品のTECROWD 1号ファンドの詳細。

TECROWD 1号ファンド Hoimor office 概要

  • ファンド名:TECROWD 1号ファンド Hoimor office(モンゴル/ウランバートル)
  • ​物件種別:店舗/事務所
  • 販売開始予定日:2021年4月1日
  • 先行販売予約開始日:2021年2月22日
  • 事前会員登録開始予定日:2021年1月29日
  • 運用開始予定日:2021年5月
  • 初回配当予定日:2021年8月31日
  • 想定運用期間:24ヶ月
  • 募集金額:2,850万円(内劣後出資350万)
  • 想定利回り(年利):8.0%(6.5%+オープン特別キャンペーン 1.5%)
  • 最低出資金額:10万円​

TECRA株式会社 会社概要

  • 会社名:TECRA株式会社
  • 所在地 :神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-1 クイーンズタワーA4F
  • 事業内容:建築一式工事、 土木一式工事、 設計及び監理、 海外開発、 不動産の売買、 賃貸、 仲介、 管理、不動産特定事業法を活用した不動産クラウドファンディング
  • 代表者:代表取締役社長:今井豊和
  • 建設業許可(特-30)第74708号
  • 宅地建物取引業者免許(3)26122号
  • 不動産特定共同事業許可番号 神奈川県知事 第12号

 

公式サイト : TECROWD

<参照元>

タグ:

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ