「ePARA」が株式投資型クラウドファンディングによる資金調達を開始

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん クラウドファンディング ニュース
「ePARA」が株式投資型クラウドファンディングを開始

「ePARA」がFUNDINNOにて株式投資型クラウドファンディングによる資金調達を開始

eスポーツを通じた就労マッチングの 株式会社ePARA (埼玉県 代表取締役:加藤 大貴)が、資金調達のため株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」において、投資申込みの受付を2021年9月26日(日)より開始した。

関連記事: 「アイフルファンド」をAGクラウドファンディングが募集開始

株式会社ePARAの事業概要

株式会社ePARAは、バリアフリーのeスポーツイベント「ePARA」の定期開催や障害者の方々にeスポーツ大会の運営業務等に関わってもらいながら各人のキャリアアップを促進するなど、eスポーツを軸に障害者の方々の就労をサポート。 さらに、障害者の仕事の適正把握を専門家などと行うことで、企業との最適なマッチングを行っている。

株式会社ePARAの株式投資型クラウドファンディング概要

株式会社ePARAは、障害者就労支援、eスポーツ、Webマーケティングの3つの柱となる事業推進のための人材費用獲得を目指して資本力の充実を図るため、2021年9月17日より株式投資型クラウドファンディングFUNDINNOにおいて資金調達を行うという。

  • 募集期間:2021年9月26日~2021年9月28日
  • 上限募集額: 10,000,000円(1口 10万、1人 5口まで)

 

株式会社ePARAの株式投資型クラウドファンディング概要

株式会社ePARAの会社概要

  • 会社名:株式会社ePARA
  • 所在地:埼玉県戸田市下前1-14-8
  • 代表者:代表取締役 加藤 大貴
  • 設 立:2016年11月
  • 事業内容: eスポーツイベント事業、就労支援事業、ウェブマーケティング事業、メディア運営事業、コーチング事業

<公式ページ>

<リリース>

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ