三菱UFJ銀⾏が借り手となる融資型クラウドファンディングのファンドをファンズが公開

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん クラウドファンディング ニュース
三菱UFJ銀⾏が借り手となる融資型クラウドファンディングのファンドをファンズが公開

ファンズ株式会社が株式会社三菱UFJ銀⾏を借り手とする「Money Canvasファンド#1」を公開

ファンズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:藤田雄一郎)が、国内初のメガバンクである 株式会社三菱UFJ銀⾏(本店:東京都千代⽥区、取締役頭取執⾏役員:半沢 淳⼀)を借り手とする「Money Canvasファンド#1」を公開した。

「Money Canvasファンド#1」とは

「Money Canvasファンド#1」は、国内初のメガバンクである 株式会社三菱UFJ銀⾏が借り手となるファンド。

貸付けの実施は、直接にはファンズ株式会社の子会社であるファンズ・レンディング株式会社が行い、投資家はファンズ・レンディング株式会社に対して当該貸付けの原資を匿名組合契約に基づき出資する仕組みとなる。

予定利回りは1%(年率、税引前)、予定運用期間が約11ヶ月で、シリーズファンドとして2022年2月上旬まで総額3億円の募集を予定している。

三菱UFJ銀行がリリースした資産形成をサポートする総合サービス「Money Canvas」上でも商品概要が掲載される。

<公式ページ>

<リリース>

 
【Funds(ファンズ)とは】
 
「Funds」は、さまざまな貸付ファンドに個人が少額から投資できるオンラインマーケットです。
円建ての融資が基本になっているので大きな収益は期待できない反面、商品そのものの値動きや為替リスクがなく運用期間や予定利回りが決められた手堅い投資手段となっています。
2019年1月にサービスを開始して累計募集額は200億円を突破しており、上場企業を中心とした59社が組成する203のファンドを募集し、分配遅延・貸し倒れは0件です。(2022年5月末日現在)
 
5000円分のギフト券プレゼントキャンペーンも実施中!
Funds(ファンズ)キャンペーン
▼無料口座開設はこちら▼
 
▼キャンペーンの詳細はこちら▼
 

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ:

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ