株式会社東風社が企業研修用ボードゲーム「スウィート・マーケット」をリリース

VOIX編集部記者VOIX編集部記者 公開 マーケティング
株式会社東風社が企業研修用ボードゲーム「スウィート・マーケット」をリリース

「スウィート・マーケット」をリリース

株式会社東風社が新たに開発した「スウィート・マーケット」は、2-4人のグループでプレイするボードゲーム形式の企業研修プログラムです。マーケティングの要点をゲームを通じて楽しく学び、座学の研修の弱点を克服しています。約1時間のゲームプレイにより、知識としての学びと実際の体感を効果的に結びつけることができます。

このゲームは、お菓子をテーマにしたカードとボードを使い、商品の販売を通じてマーケティングポイント(MP)を競います。プレイヤーは商品カードを顧客に販売してMPを得ることができ、最も多くのMPを獲得したプレイヤーが勝利します。また、無料体験会も東京と大阪で開催される予定です。

このニュースのポイント
  • ボードゲームで楽しみながら学べる
  • 約1時間で研修が完結する
  • 無料体験会を大阪と東京で開催

<以下リリース>

マーケティングを学ぶボードゲーム「スウィート・マーケット」をリリース、法人研修などで提供。無料体験会を東京大阪で開催

コロナ禍で減少した社員間の交流・コミュニケーションにも最適

企業研修を提供する株式会社東風社(広島市、代表取締役:幸本陽平)は、ボードゲーム型マーケティング研修プログラム「スウィート・マーケット」を2024年5月8日に提供開始したことをお知らせいたします。

「スウィート・マーケット」は2-4人1組で、商品・流通・販促など76枚のカードとゲームボードを用いて遊ぶ独自開発のゲームです。座学の企業研修は「退屈、つまらない」「実務で役立たない」と敬遠されがちです。それに対して当社は現在流行しているボードゲームを企業研修と組み合わせ、楽しんでマーケティングを学べるよう、3年をかけて開発しました。

サービスURL https://www.marketing-game.com

ロゴ、カード、ゲームボード
開発者 (株)東風社 代表取締役 幸本陽平

特徴

  • 「知識」を研修で学び、「感覚」をゲームで体得します。
  • 聞くだけの研修で終わらず、ゲームに能動的に参加します。
  • ゲームを通じて、社員同士の交流が生まれます。
  • ゲーム自体が楽しく、わかりやすいルールです。
  • ゲームは約1時間で完結します。(他社ゲームは数時間~数日かかるものも)

本ゲームはチョコレート、どら焼き、ショートケーキといった「お菓子」をテーマとし、初めて遊ぶ方でも親しみやすいデザイン・ルールとしています。

プロモーション映像 https://www.youtube.com/watch?v=naJmDBRS_Jg

ゲームの基本ルール

1.プレイヤーは「商品」などのカードを手に入れます。

2.「商品」カードを顧客に販売するとMP(マーケティングポイント)を得られます。MPは様々な要素によって変化します。

3.もっとも多くのMPを獲得した人の勝利です。

所要時間…約1時間 ※前後の研修(講義)と併せて、全部で3時間または7時間が基本

参加人数…最大32名(1組2-4人、標準4人)

こんな目的に

  • 新入社員研修、若手向け研修
  • 店長候補研修、管理職向け研修
  • 経営者会合や交流会に
カード例
ロゴ

開発の経緯・きっかけ

  1. 代表・開発者は約15年企業研修の講師を務め、300社5,000人以上を指導。その経験から、「学び」は「遊び」を通じて効果が高まることを発見しました。
  2. 代表・開発者の息子が、コロナ禍でボードゲームやカードゲーム(総称:アナログゲーム)に熱中し、潜在的可能性を感じました。
  3. コロナ禍に社員間の交流が減ったと嘆く経営者が多く、コミュニケーションが促進する交流の場を提供できればと考えました。

市場背景:ボードゲームの人気の高まり

ボードゲームは現在注目を集め、市場が伸びています。ボードゲームを楽しめるボードゲームカフェの国内店舗数は2024年5月1日現在で577店舗で、これは2019年6月の346店から5年間で約1.7倍となっています(ボードゲームの情報サイト「ボドゲーマ」より)。また、電源を使用しないアナログゲームのイベント(展示会)であるゲームマーケットの入場者数は、2024年春は2日で25,000人で、10年前の2014年春の6,500人(単日)の約4倍、出展数も約3倍となっています。

研修ニーズ・トレンドに対応

当社は以前からマーケティングの研修を提供していたものの、多くの企業・受講者は「研修と実務は別、学んだことの実践は難しい」と考えていました。※当社アンケートより

そこで、マーケティングの主な要素をゲーム化することで、ゲームを楽しみながら自然とマーケティングの勘所や要所が身につくよう、「スウィート・マーケット」を開発しました。ゲーム前後の研修(講義)と組み合わせることで、マーケティングの知識が身につくだけではなく、実行できるようにすることが狙いです。

研修の流れ

ご提供方法

当社、株式会社東風社提供のマーケティング研修の中で実施します。前後の研修と組み合わせて効果を発揮します。

※ゲーム単体の販売は行いません。

費用・価格

マーケティング研修内で実施するため、研修の費用に準じます。

研修の費用は内容・規模などによって異なります。

無料体験会

研修の導入を検討される法人・団体向けに、ゲームプレイの体験を含んだ説明会を実施します。

5月24日(金)大阪 13:30 – 15:30

6月13日(木)東京 13:30 – 15:30

詳しくは公式サイト https://www.marketing-game.com をご覧ください。

体験者の声

※テストプレイ時のアンケートを抜粋

20代
男性
研修であることを忘れるほど、ゲームに夢中になりました。
3Pや4Cなどもゲームを通じて体感することができ、今後の仕事に生かせそうです。
30代
女性
通常の座学やグループワークの研修よりも盛り上がりました。
身近なお菓子を題材にしていたこともあり、ゲームも取り組みやすかったです。
50代
男性
ゲームの高得点になる条件と実際のマーケティングがつながっていて、面白かったです。
同僚と交流できたのも良い機会となりました。

開発者

開発者 幸本陽平

株式会社東風社 代表取締役 中小企業診断士

幸本 陽平 (コウモト ヨウヘイ)

【プロフィール】

外資系・日系のデパート化粧品ブランドでマーケティング・経営企画・海外事業などを担当する。その後、経営コンサルタント・研修講師に転身、(株)東風社を創業。

これまで300社5,000人以上を指導する。その中で、学びは過程での楽しさや面白さによって効果が大幅に変わることを実感する。その体験を活かし、約3年をかけて「スウィート・マーケット」を開発した。

代表の過去の著作

これまで執筆した書籍は4冊(2024年5月現在)。マーケティングについての書籍は、Amazonのマーケティングカテゴリーで1位を獲得しました。

【開発者コメント】

「スウィート・マーケット」は、身近なお菓子をテーマにして、商品を販売して得られるMP(マーケティングポイント)を競い合うゲームです。

ゲームは単に遊んで楽しいだけではなく、マーケティングの「勘所」をつかめるよう設計しました。本や研修などでマーケティングを知識として学ぶことはできますが、「実践」することは困難です。しかし、実践することで体感し、初めて身につくマーケティングの要素もあります。そのような「体感してわかること」をゲームに盛り込み、かつ競い合う楽しさと両立できるよう、開発には約3年を要しました。

遊ぶためにマーケティングの知識・経験は必要なく、経営者から小学生まで遊ぶことができます。遊ぶうちに「知識としては知っていたが、実際にはこういうことか」「マーケティングではここが大事なんだな」などとポイントがつかめるよう設計しています。さらに前後の研修(講義)と組み合わせることで、マーケティングを「わかる」、そして「使える」状態に変えることがこのプログラムの目的です。

さらに、カードゲームを楽しむ過程で、自然と受講者同士のコミュニケーションが生まれます。研修内のゲームではあるものの、遊びを通じて「オフ」の状態となり、活発な交流が生まれることも副次的な効果として期待できます。「通常の研修はマンネリ化している、普段とは違う刺激が欲しい」と考える方にもおすすめです。

株式会社東風社 概要

マーケティング・ロジカルシンキング・プレゼンテーションなどの研修・コンサルティングを提供しています。これまで300社5,000人以上を支援・指導しました。2024年より本ゲームのように「遊び+学び」を組み合わせたコンテンツ開発・サービス提供・コンサルティング等の事業を本格的に開始しています。

設立 2010年4月1日(法人化:2018年9月5日)
本社所在地 733-0861 広島県広島市西区草津東2-10-12
資本金 100万円
代表取締役 幸本 陽平

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社東風社 代表取締役 幸本陽平

企業サイト: https://www.tofusha.co.jp

サービスサイト: https://www.marketing-game.com

サービス紹介Youtube: https://www.youtube.com/watch?v=naJmDBRS_Jg

住所:〒733-0861 広島県広島市西区草津東2-10-12

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
運営会社 株式会社VOIX(https://voix.co.jp/
所在地 東京都港区虎ノ門5-11-15
代表者 代表取締役 室塚 博史
代表取締役 神武 弘徳
事業内容 ニュースメディア「VOIX(ボイス)」の運営
AIリード獲得・集客支援 事業
保険事業向けAI集客「VOIX-I」事業
FinTech Innovations 事業
既存ビジネスのデジタル化支援 事業
オウンドメディア企画・開発支援 事業
プレスリリース 無料 配信 事業
AIリードジェネレーションの研究開発
採用情報 【求人】在宅 Webライター 募集
お問合せ https://voix.jp/contact/
【VOIX 人気の記事】

プレスリリース 無料のサービス一覧
中小企業の「SDGs宣言」とは、SDGsの意味や目標を知ろう
医師とチャットで相談できるサービス
オンライン 音楽室と音楽教室 2024
映画をクレジットカードで割引きできる優待特集
イオンカードで映画を1000円に割引するやり方
GMOあおぞらネット銀行と住信SBIネット銀行を比較
法人カードは年会費無料がおすすめ
法人カードをおすすめしたい中小企業 最強の特徴
法人カード マイル最強はどれ?
個人事業主にクレジットカードをおすすめしたい理由とは
副業にクレジットカードをおすすめする理由とは
三井住友 ビジネスオーナーズ 2枚持の評判を口コミから分析
アメックスもOK、”請求書カード払い”のおすすめを比較
クレジットカードがおすすめの初心者の条件とは
無料クレジットカードの最強はどれ?
クレジットカードはナンバーレスがおすすめの理由
カードレス クレジットカードのおすすめ理由は”郵送なし”
クレジットカードが即日発行できるデジタル アプリ 特集
ナンバーレスカードのデメリットは”めんどくさい”
イオンカード 入会キャンペーン 特集
三井住友カードのお得な作り方は新規入会特典
三井住友ナンバーレスの違いを評判から分析
「ウエルシアカード」イオンカードの違いを比較
JCB W キャンペーン 入会特典でお得に作る
PayPayカードは即日発行してすぐ使える
住信SBIネット銀行の法人口座開設キャンペーンコード
コンビニでもすぐ使える、最新 審査なし 後払いアプリ 特集
プラチナプリファード キャンペーンで年会費無料にする方法
三井住友カード ゴールド キャンペーンで初年度無料にする方法
楽天モバイルのデメリット

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部記者

VOIX編集部記者

ページトップへ