プレスリリース配信サービスのPR TIMESが個人事業主にも対応開始

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん ニュース マーケティング
プレスリリース配信サービスのPR TIMESが個人事業主にも対応開始

PR TIMESが個人事業主でもプレスリリース配信が可能に利用条件変更

株式会社 PR TIMES(東京都港区、代表取締役:山口拓己、東証一部:3922)が、法人のみに提供してきたプレスリリース配信サービス「PR TIMES」を、個人事業主でも利用できるように2021年5月20日(木)より利用条件を変更した。 これにより、個人事業主でも月間5000万PVのアクセスがある「PR TIMES」に掲載がされるうえ(要審査)、130媒体あるパートナーメディアより15媒体以上に原文が掲載保証されるサービスが利用できる。

関連記事: PR TIMESの料金が無料になる「スタートアップ チャレンジ」について詳しく解説

「PR TIMES」とは

「PR TIMES」は、報道機関向けの発表資料(プレスリリース)をメディア記者向けに配信し、「PR TIMES」およびパートナーメディアに掲載するサービス。

  • 利用企業数5万社、国内上場企業44%超が利用
  • メディア記者2万人超
  • サイトアクセス数は月間5000万PV
  • 配信プレスリリース件数は月間2万件超

個人事業主向け PR TIMESサービス概要

  • 対象者:法人登記をしていない事業者で、「PR TIMES」利用登録申請後、審査通過した方
  • サービス内容:
    ・「PR TIMES」サイト上に掲載
    ・プレスリリースを最大300媒体のメディアに送付
    ・パートナーメディアへのプレスリリース原文掲載
  • サービス料金: 従量課金プラン 3万円/1配信(税抜き)

PR TIMES 法人と個人事業主のサービスの違い

法人 個人事業主
利用案内ページ 法人向け 個人事業主向け
登録申込みURL 登録申込み 登録申込み
審査時の確認事項 ホームページ
(登記簿謄本)
・ホームページ/サービスサイト
・事業内容がわかる資料
(開業届/資格証明書)
・プレスリリースドラフトと身分証明書
料金プラン ・従量課金プラン(税抜3万円/1配信)
・定額プラン(月7万円~)
従量課金プラン(税抜3万円/1配信)
サービス提供内容 ① 「PR TIMES」サイト上に掲載
② プレスリリースを最大300媒体のメディアに送付
③ パートナーメディアへのプレスリリース原文掲載
※法人と同内容
パートナーメディア 201媒体
(2021年5月20日現在)
パートナーメディア201媒体より、20媒体以上を保証して原文掲載。
※掲載先媒体は、事業内容やプレスリリース内容に応じて、メディアにて判断。
130媒体
(2021年5月20日現在)
個人発信のプレスリリースは、パートナーメディアより許諾された130媒体より、15媒体以上を保証して原文掲載。
※掲載先媒体は、事業内容やプレスリリース内容に応じて、メディアにて判断。

URL:公式ページ

<リリース>

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ:

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ