「FASHION HEADLINE」と「PR TIMES」がシステム連携

VOIX編集チームVOIX編集チーム ニュース マーケティング
「FASHION HEADLINE」と「PR TIMES」がシステム連携、ファッションニュースの生産性向上を目指す

「PR TIMES」が最新ファッション総合ニュースメディア「FASHION HEADLINE」へファッション関連プレスリリースを報道素材として転送する連携を開始

プレスリリース配信サービス「PR TIMES」を運営する株式会社PR TIMES(代表取締役:山口 拓己)が、株式会社ファッションヘッドライン(代表者:髙橋 諭)が運営する最新ファッション総合ニュースメディア「FASHION HEADLINE」の編集部が利用するCMSへ、「PR TIMES」のファッション関連プレスリリースを報道素材として転送するシステム連携を本格開始した。

プレスリリースが無料配信できるサイト 20選

PR TIMES 無料のスタートアップチャレンジ

<以下、リリース>

「FASHION HEADLINE」と「PR TIMES」がシステム連携、ファッションニュースの生産性向上を目指す

企業リリースを編集部CMSへデータ転送、最新ニュースを配信しやすい環境が実現

株式会社PR TIMES(所在地:東京都港区、代表取締役:山口拓己、東証一部:3922、以下PR TIMES)が運営するプレスリリース配信サービス「PR TIMES」は2020年5月15日(金)、株式会社ファッションヘッドライン(本社:東京都新宿区、代表者:髙橋 諭)が運営する最新ファッション総合ニュースメディア「FASHION HEADLINE」の編集部が利用するCMS(※)へ、「PR TIMES」のファッション関連プレスリリースを報道素材として転送するシステム連携を本格開始いたしました。
(※CMS・・・コンテンツ・マネジメント・システム。Webサイトのコンテンツ作成・管理を行うシステム。)

今、メディア企業も取材先企業もテレワークとなり、対面での取材や情報収集方法に変化が求められる時代となっています。そのような状況でも、前向きになれる最新ファッションニュースをタイムリーにお届けしようと、ニュースメディア企業に対し、オンラインで円滑に情報の受渡しを実現したのが、今回のシステム連携です。企業の情報発表プラットフォームである「PR TIMES」から、ファッション、グルメ、アートなどを中心とした最新情報を抽出し、直接その報道素材(本文やビジュアル)を「FASHION HEADLINE」編集部の記事投稿システムにデータ転送することで、最新ファッションニュースを配信しやすい編集環境を実現します。4月から段階的に「FASHION HEADLINE」が編集体制を刷新した際に本システム導入し、これにより「FASHION HEADLINE」は、ニュース記事制作の生産性を更に向上させ、より速くより多くのニュースを読者にお届けすることが可能となりました。

FASHION HEADLINE/PR TIMES

◆3万8000社利用のプレスリリース配信サービス
「PR TIMES」 https://prtimes.jp/

◆最新ファッション情報を配信するニュースメディア
「FASHION HEADLINE」 https://www.fashion-headline.com/

システム連携の特徴

システム連携の特徴-株式会社PR TIMES

今回の連携により、ファッションに関する企業の最新プレスリリースを「PR TIMES」から円滑にデータ転送することができ、「FASHION HEADLINE」編集部は、記事投稿システムのデータベースに「PR TIMES」経由の報道素材(本文やビジュアル)が既に入っている状態から、必要なデータをスムーズに記事に引用することができます。これにより、ネタ探し・素材入手・記事投稿システム入稿のコストが大幅にカットされ、ニュース記事作成における生産性が高まると考えています。

同時に「PR TIMES」の素材が記事に採用される確率も高まることが想定され、最新のファッション関連ニュースを取り扱う「FASHION HEADLINE」への情報提供を積極的に行いたいと考える企業にとって、「PR TIMES」を介したプレスリリース配信は効果的なアプローチとなります。企業情報がニュースとして生活者に届く機会の最大化を目指していた「PR TIMES」と双方にメリットがあったことから、「FASHION HEADLINE」と「PR TIMES」はシステム開発連携を進め、記事素材データを自動ストックするシステム連携の実現に至りました。

【記事一覧画面】

記事一覧画面-株式会社PR TIMES

【記事編集画面】

記事編集画面-株式会社PR TIMES

「FASHION HEADLINE」について

FASHION HEADLINE

・「明日のファッションから、10年先のファッションまで」をテーマに、ファッション情報を中心に、モード、ビューティ、ライフスタイル、グルメ、アート、トラベル、占いなどファッションを取り巻く多様な情報を配信するニュースサイト。

・日本発、世界発のファッション関連のニュースを提供し、感度が高く購買力のある、20代から40代の女性を中心に支持される、月間約200万PVのニュースメディア(2020年4月現在)

URL:https://www.fashion-headline.com/

株式会社ファッションヘッドライン 会社概要

会社名 : 株式会社ファッションヘッドライン
(三越伊勢丹ホールディングス子会社)
設立日 : 2012年12月3日
代 表 : 髙橋 諭
住 所 : 東京都新宿区新宿5-16-10

 PR TIMESパートナーメディアは196媒体に

今回の連携により、「PR TIMES」パートナーメディアは総計196メディアとなりました。
PR TIMESはこれからも、外部メディアとの連携を図りながら、生活者に伝わるルート開拓を追求することで、より広範なステークホルダーへ企業情報を伝えるとともに、企業情報がニュースとして生活者に届く機会の最大化を目指してまいります。

PR TIMESパートナーメディアは196媒体に-株式会社PR TIMES

PR TIMESパートナーメディアは196媒体に2-株式会社PR TIMES

「PR TIMES」について

「PR TIMES」について

URL:https://prtimes.jp/
「PR TIMES」は、企業とメディア、そして生活者をニュースでつなぐインターネットサービスです。2007年4月のサービス開始より、報道機関向けの発表資料(プレスリリース)をメディア記者向けに配信する機能と、「PR TIMES」およびパートナーメディアに掲載する機能をセットで提供してまいりました。利用企業数は2020年4月に3万8000社を突破、国内上場企業39%に利用いただいています。情報収集のためメディア記者1万7000人に会員登録いただいています。サイトアクセス数は2020年4月に過去最高の月間4900万PVを記録しました。配信プレスリリース本数も増加しており、2019年10月には過去最高の月間1万5000本を記録しています。全国紙WEBサイト等含むパートナーメディア196媒体にコンテンツを提供しています。大企業からスタートアップ、地方自治体まで導入・継続しやすいプランと、報道発表と同時に生活者にも閲覧・シェアしてもらえるコンテンツ表現力を支持いただき、成長を続けています。(運営:PR TIMES)

株式会社PR TIMES会社概要

株式会社PR TIMES

ミッション: 行動者発の情報が、人の心を揺さぶる時代へ
会社名  : 株式会社PR TIMES  (東証一部 証券コード:3922)
所在地  : 東京都港区南青山2-27-25ヒューリック南青山ビル3F
設立   : 2005年12月
代表取締役: 山口 拓己
事業内容 : - プレスリリース配信サービス「PR TIMES」(https://prtimes.jp/)の運営
– 広報・PRの効果測定サービス「Webクリッピング」(https://webclipping.jp/)の運営
– オンライン上で話題化を図るデジタルPRの戦略立案・実施
– 動画PRサービス「PR TIMES TV」(https://prtimes.jp/tv)「PR TIMES LIVE」(https://prtimes.jp/live)の運営
– カスタマーリレーションサービス「Tayori」(https://tayori.com/)の運営
– タスク・プロジェクト管理ツール「Jooto」(https://www.jooto.com/)の運営
– スタートアップニュースメディア「BRIDGE」(https://thebridge.jp/)の運営、等
URL   : https://prtimes.co.jp/

<参照元>

無料でプレスリリースを配信できるサイト20選

リモートワークツール 無料キャンペーン特集

米国で人気の リモートワークツール 27選

テレワーク導入に関する 助成金・補助金 特集

 

法人カード特集
法人カード
法人カード審査甘いのはどこ?
NTTファイナンス Bizカード

広報・PRご担当者様へ

VOIX bizをフォローして最新情報をGET

記事ライター
VOIX編集チーム

VOIX編集チーム

ランキングニュースを中心に、今話題になっているリリース情報や・ビジネス情報を特集します。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方