トライ・ワークス、施設の混雑状況を「見える化」するWi-Fi認証サービス「d-dive」をリリース

VOIX編集チームVOIX編集チーム ニュース マーケティング
自治体施設や商業施設の人流・混雑状況のデジタル化を容易にする新Wi-Fi認証サービスをリリース

株式会社トライ・ワークス、商業施設などで移動経路や混雑状況をリアルタイムで「見える化」する、新Wi-Fi認証サービス「d-dive(ディーダイブ)」をリリース

株式会社トライ・ワークス(福岡市中央区、代表取締役:藤江智和)が、既存のWi-Fi設備も活用し特定の場所や施設の今現在の混雑状況を「見える化」し、施設所有者側で人の流れや移動経路と密度をリアルタイムで手軽に把握できる、Wi-Fi 認証クラウド・サービス「d-dive(ディーダイブ)」をリリースした。

シスコシステムズ合同会社、高千穂交易株式会社と連携し、自治体、商業施設、小売・外食チェーン店等に向けてサービス展開を開始し、今後3年間で施設数10,000、Wi-Fi アクセスポイント数で100,000の獲得を目指すという。

プレスリリースが無料配信できるサイト 20選

リモートワークツール無料キャンペーン 特集

米国で人気の リモートワークツール 27選

<以下、リリース>

自治体施設や商業施設の人流・混雑状況のデジタル化を容易にする新Wi-Fi認証サービスをリリース

株式会社トライ・ワークス(福岡市中央区、代表取締役:藤江智和、https://www.tri-works.co.jp/、以下トライ・ワークス)は、特定の場所や施設の今現在の来訪者動向を個人情報レスで容易に取得できる、Wi-Fi 認証クラウド・サービス「d-dive(ディーダイブ)」を本日リリースしました。
今後、シスコシステムズ合同会社、高千穂交易株式会社と連携し、自治体、商業施設、小売・外食チェーン店等に向けてサービス展開を開始し、今後3年間で施設数10,000、Wi-Fi アクセスポイント数で100,000の獲得を目指します。

1.サービス開発の背景

With/Afterコロナの新たな生活様式実現のために、人の混雑状況の「見える化」の必要性が増しています。
今までの通信キャリアの電波を活用した情報では、”今・その場”での状況が施設所有者側には分からず、来訪者が多い場合に3密回避策を講じることや、逆に来訪者が少ない場合に活性化施策を早期に講じることは困難でした。また、来訪者にとっても、混雑情報をリアルタイムで情報発信されることは、日々の行動を意識的に変えるために必要となります。

これらの生活様式変化に応じて、既存のWi-Fi設備も活用しつつ、施設所有者側で人の流れや移動経路と密度をリアルタイムで手軽に把握することを目指し、当社はWi-Fi認証クラウド・サービス「d-dive」を開発しました。

2.サービスの概要

d-dive(ディーダイブ)-株式会社トライ・ワークス

「d-dive」とは、フリーWi-Fiを独自に環境構築される自治体ならびにエリアオーナー企業様向けに、以下の機能を提供します。

来訪者・来場者・通行者をWi-Fi で捕捉

Wi-Fi 利用の有無を問わず、(スマートフォンを保有する)通行者、来訪・来場者の人数、再訪頻度、滞在時間数、移動経路に関するデータの収集を行えます。また、蓄積されたデータを解析することで、任意の期間(季節・月・日・曜日・時間帯)で、詳細な人流・傾向を把握することができます。
認証用のアプライアンス・ハードウェアは不要で、短期間のイベントや市場(や特定の場所・施設)調査を目的とした利用も可能なクラウド・サービスです。

複数の認証方式

SNS認証、eMailアドレス認証、SMS認証の環境構築ができます。
同時に、サービス利用における利用制限回数や時間数など、簡単に設定できます。
また、来訪者がWi-Fiに接続するタイミングで、アンケートが取得できるため、顧客満足度調査や、再来店意向調査などの定点調査に活用することも可能です。

データ活用のためのAPI

集積されたデータを利活用するために、API を提供します。

個人情報保護法を遵守したサービス環境の構築

データの集積と利活用において、個人情報保護法を遵守するための必要な処置を講じます。
具体的には、データ取得に際しての本人の同意を得ると同時に、第三者提供の可能性があることに対する本人の同意を得るプロセスを組み込んだサービスの提供となります。

3.想定される利用シーン

自治体

  • 自治体の施設や街中フリーWi-Fi 整備時の認証サービス基盤として活用
  • 災害時の避難所への一時的フリーWi-Fi 即時設置と認証サービスとして活用
  • 防犯・防災・住民サービス施策立案のための「人と場所のインサイト」を把握するためのWi-Fi認証サービスとして活用

商業施設、小売・外食チェーン店

  • 施設オーナーとしての意図したフリーWi-Fi提供による顧客サービス向上
  • 通行人数、来店者数、初来店者または再来店者の識別、滞在時間、移動経路などの情報収集
  • 「人と場所のインサイト」を把握するためのWi-Fi認証サービスとして活用

今回のリリースに際して、ビジネスパートナー様から以下のコメントをいただいています。

  • Merakiの特徴、強みである外部サービスとの連携のためのAPIを駆使して構築された、日本発としては非常に珍しいサービスです。 新規導入はもちろん、すでに稼働中のお客様にとっても商業施設、ホテル施設、イベント会場などの人が集まる場所のインサイトを明らかにするという意味で大きな価値提供を生むと考えます。様々な場面でAPIの活用推進は期待されており、MerakiのAPI開発ベンダとしても非常に期待をしています。

Cisco Meraki Sales Manager
泉田祐樹 様

株式会社トライ・ワークス

<株式会社トライ・ワークスについて>
社名: 株式会社トライ・ワークス
本社: 福岡県福岡市中央区大名2−2−2
支所: 東京都港区赤坂7丁目2−21
代表者:藤江 智和
URL: https://www.tri-works.co.jp/

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社トライ・ワークス
担当: 山田(業務部)
電話: 092-791-6631(福岡本社)
e-Mail: info@tri-works.co.jp

※ 掲載されている製品名、会社名、サービス名はすべて各社の商標または登録商標です。

<参照元>

プレスリリースを無料で配信できるサイト20選

リモートワークツール 無料キャンペーン特集

米国で人気の リモートワークツール 27選

テレワーク導入に関する 助成金・補助金 特集

 

金融・法人カード特集
ビジネスカード おすすめ
法人カード
法人カード審査甘いのはどこ?
NTTファイナンス Bizカード
三井住友ビジネス for Owners
セゾン プラチナ ビジネス アメックス
OLTAファクタリング

広報・PRご担当者様へ

VOIX bizをフォローして最新情報をGET

記事ライター
VOIX編集チーム

VOIX編集チーム

ランキングニュースを中心に、今話題になっているリリース情報や・ビジネス情報を特集します。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方