長島梱包株式会社が梱包事業者向けDX推進プラットフォーム「PAX」を提供開始

VOIX編集チームVOIX編集チーム 公開 ニュース
長島梱包株式会社が梱包事業者向けDX推進プラットフォーム「PAX」を提供開始

業界初 梱包事業者向けのDX推進プラットフォーム「PAX」をリリース

梱包事業者・物流事業者が抱える課題をデジタルの力で解決します

長島梱包株式会社は、梱包事業者向けの業務プラットフォーム「PAX(パックス)」(※特許出願中)を開発し、梱包業務のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進します。

PAXはSaaS(クラウド経由でのソフトウェア提供)を活用し、梱包業界における業務の効率化を実現するプラットフォームで、2024年3月にサービス提供開始を予定しております。

梱包業界の課題に挑む

大型貨物や機械の輸送において重要な梱包作業に関して、業界が直面する課題に注目しました。
業務の煩雑さ、働き手不足、進捗状況の見えにくさ、など梱包業界は多くの課題を抱えています。
PAXはデジタルの力で事業者が抱えるこれらの課題を解決し、業界の効率化を実現します。

PAXの特長

PAXは、梱包業務を行う上で必要となる情報を一元管理する事で業務の効率化を目指しており、梱包事業者を支えるさまざまな機能をご提供します。

※今後の実装を予定している機能も含まれております。また、変更になる可能性がございます。
※ 2024年3月のサービス提供開始時点では、梱包事業者向けの機能に限定してのご提供を予定しております。

以下はPAXの主な特長です。

物流スケジュール管理

引合段階から出荷完了まで、各案件のスケジュールを一元管理し、頻繁な変更も容易に行えます。

個別案件管理

見積作成から請求書作成までの個別案件の業務をPAXで一元管理ができます。
データの重複入力が不要で、各業務工程での帳票作成がワンクリックで出力できます。

スケジュール登録画面
見積作成画面

梱包設計サポート・材料原価算出

貨物情報や梱包仕様を登録する事で、自動的にJIS規格に準じた梱包設計案が作成されます。
また、材料原価も同時に算出されますので、コスト・利益のシミュレーションを行いながら梱包設計書を作成する事ができます。

作業工程管理・エビデンス写真管理

梱包現場ではモバイル端末からPAXを利用する事ができ、工程ごとに必要なエビデンス写真の撮影を行う事で、事務所等でもPAXを通じて梱包作業の進捗状況を把握する事ができます。

従来、エビデンス写真の管理には非常に多くの工数が掛かっていましたが、PAXの使用により、写真は自動的に案件ごとに整理され、業務工数を大きく削減する事ができます。

コミュニケーションの円滑化

社内における情報共有はもちろん、顧客とのコミュニケーションも円滑にする事ができます。

PAXで作成した各種帳票や作業の進捗状況・エビデンス写真は顧客がPAXにアクセスする事で確認・取得する事ができます。

機能の詳しい内容はサービスサイト(https://nagashima.co.jp/pax/)をご確認ください。

PAXの今後の展望

2024年3月のサービス提供開始を予定しております。

サービスリリース後も継続的に新機能の導入・機能拡張を行い、梱包事業者が抱える様々な課題をサポートし、梱包業界の発展に寄与してまいります。

長島梱包について

  • 会社名: 長島梱包株式会社
  • 本社: 東京都渋谷区恵比寿1-22-21
  • 代表者: 長島 祐司
  • URL:  https://nagashima.co.jp/

PAXに関するお問い合わせ先

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は無料です。)

詳しくはこちら

VOIXプレスリリース
無料投稿窓口

 

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集チーム

VOIX編集チーム

ランキングニュースを中心に、今話題になっているリリース情報や・ビジネス情報を特集します。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ