株式会社バリューデザインが地域活性化に貢献する新サービス「ふるまちPay」の募集を開始

VOIX編集部記者VOIX編集部記者 公開 ニュース
株式会社バリューデザインが地域活性化に貢献する新サービス「ふるまちPay」の募集を開始

「ふるまちPay」の募集開始

株式会社バリューデザインは、来街者が地域の店舗や施設でふるさと納税を行い、返礼品としてその場で利用できるデジタルクーポンを受け取る「ふるまちPay」の提供を開始します。このサービスにより、自治体は返礼品競争を緩和し、事務経費の削減が見込めると共に、地域活性化も図れます。
来街者はスマートフォンでQRコードを読み取ることで、簡単にふるさと納税が可能となり、即時デジタルクーポンで地域のサービスを利用できます。これにより、地域経済の活性化と新たな寄付者層の獲得が期待されます。

このニュースのポイント
  • 地域の店舗や施設でデジタルクーポン利用
  • 自治体の事務経費削減と地域活性化を促進
  • 来街者が簡単にふるさと納税と返礼品利用

<以下リリース>

バリューデザイン、訪れた店舗や施設で寄付・利用可能な「ふるまちPay」の募集を4月に開始

ペイクラウドホールディングス株式会社(東証グロース:4015)の傘下でキャッシュレスサービス事業を展開する株式会社バリューデザイン(本社:東京都中央区、代表取締役社長:林 秀治、以下「バリューデザイン」)は、来街者が地域の店舗やレジャー施設などに設置されたQRコードをスマートフォンで読取り、ふるさと納税をおこなうと、返礼品としてその店舗や施設ですぐに利用可能なデジタルクーポンを受け取れる「ふるまちPay」(https://cs.valuedesign.jp/vd-lp-furumachi-pay)の提供および募集を開始することをお知らせいたします。

これにより、自治体は過度に激化する地場産品の返礼品競争にとらわれることがなくなるうえ、ふるさと納税ポータルサイトの利用や送料が不要となることで、総務省の経費基準厳格化にも対応した事務経費の圧縮を実現できます。
自治体は、旅行者だけでなく、地域のサテライトオフィス利用者や近隣エリアからの通勤者に対して「ふるまちPay」の利用を促すことで、来街者に対して地域の魅力をアピールし寄付シーンを増やすことができます。

自治体の導入メリット

・ 地場産品に加え、魅力ある地域の店舗・施設などの利用をその場でふるさと納税の返礼品にできる

・ デジタルクーポンのため、送料などの経費削減が可能

・ 来街者がその場で手軽に利用できるため、若年層等の新たなファン層の獲得が期待できる

・ 地域の様々な店舗や施設に加盟してもらうことで、地域活性化につながる

 主な寄付シーン>

① 旅先での体験をお得に堪能(観光主体の自治体)

・テーマパーク入場時にクーポンを利用

・レジャー・体験施設でクーポンを利用

② 勤務先でのランチをお得にゲット(都市部の自治体)

・オフィスワーカーが普段のランチにクーポンを利用

③ ワーケーション先での滞在費を節約(サテライトオフィス誘致の自治体)

・地場産品を使ったランチや夕食にクーポンを利用

ほかにも地場産品を扱う各地のアンテナショップでの購買時や地域の移動手段としてハイヤー利用時のクーポン活用など、さまざまな活用シーンを創出できます。

さらに、ふるさと納税の取扱業務の一部をクーポン利用店舗に委託することも可能なため、従来ふるさと納税ポータルサイト事業者等の域外事業者に流出していた事務経費を地域に還流させることも可能となります。

加盟店のメリット

・ クーポンの原資、決済手数料負担なし

・ 専用端末の設置が不要

・ 客単価・売上アップが期待できる

寄付者のメリット

・ 旅先の店舗や施設で、スマートフォンから手軽にふるさと納税を申し込み即時利用できる

・ アプリのダウンロード不要で、その場で簡単に寄付ができる

2008年よりスタートしたふるさと納税制度は多くの納税者の生活に浸透している一方で、自治体における返礼品競争が激化し、2023年10月からは、ふるさと納税に関するルールが厳格化(※)されました。バリューデザインでは、地場産品に加え、地域での体験を返礼品として取り扱える仕組みを提供することで、返礼品の幅を広げ、寄付者が手軽に寄付できる環境を育むことで、地域活性を支援してまいります。

※参照:総務省「ふるさと納税の次期指定に向けた見直し」https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01zeimu04_02000113.html

<株式会社バリューデザイン 会社概要>

会社名:株式会社バリューデザイン(ペイクラウドホールディングス株式会社の100%子会社)

所在地:東京都中央区京橋3‐1-1 東京スクエアガーデン14階

URL:https://www.valuedesign.jp/

設立:2006年7月

代表者:代表取締役社長 林 秀治

事業内容:キャッシュレス決済とマーケティングを組み合わせた以下の独自Payサービスを提供しています。

・クラウド型の独自ブランド電子マネー発行サービス「Value Card」

・独自Pay機能を搭載した店舗オリジナルアプリ「Value Wallet」

・主要なQRコード決済サービスへの接続に対応「Value Gateway」

・独自Payの導入効果を高めることに特化した、SaaS型のデジタルマーケティングツール「Value Insight」

・メールやSNS等を通じて簡単に送れる、デジタルギフトサービス「Value Gift」

※プレスリリースに掲載されている内容、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。

※QRコードは、株式会社デンソーウェーブ様の登録商標です。

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は無料です。)

詳しくはこちら

VOIXプレスリリース
無料投稿窓口

【VOIX 人気の記事】

プレスリリース 無料のサービス一覧
中小企業の「SDGs宣言」とは、SDGsの意味や目標を知ろう
医師とチャットで相談できるサービス
オンライン 音楽教室 特集
映画 割引で安くなるクレジットカードの優待 特集
イオンカードで映画を1000円で見れるミニオンカードのイオンシネマ優待
法人口座におすすめのGMOとSBIネット銀行を徹底比較
法人クレジットカードは年会費無料がおすすめ
法人カードがおすすめできる中小企業の条件とは
弥生会計のクレジットカード 連携 一覧
副業にもクレジットカードがおすすめの理由
個人事業主にもクレジットカードがおすすめの理由
法人カード 最強の3枚を比較
三井住友カード ビジネスオーナーズ 評判の2枚持ちのメリット
アメックスもOK、請求書カード払いや支払いドットコムの類似を比較
初心者におすすめのクレジットカード 一覧
クレジットカード 年会費無料 特集
ナンバーレスカード おすすめ 一覧
カードレス クレジットカードのおすすめ一覧
アプリに即日発行したクレジットカードを届く前に使う攻略法
イオンカード 入会キャンペーン
三井住友カードをお得に作る入会特典 一覧
三井住友カード ナンバーレスとは
プラチナプリファード キャンペーン
JCBカードW キャンペーン
メルカード キャンペーン 一覧
最新 後払いアプリ 審査なし 一覧

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部記者

VOIX編集部記者

ページトップへ