イノテック株式会社がエッジ顔認証システム「EdgeFACE」をリリース

VOIX編集部記者VOIX編集部記者 公開 ニュース
イノテック株式会社がエッジ顔認証システム「EdgeFACE」をリリース

「EdgeFACE」をリリース

イノテック株式会社は新製品「EdgeFACE」を販売開始しました。これは国産産業用エッジPCとAI/ソフトウェアを統合した製品で、非接触の顔認証技術を利用しています。ユーザーはICカードやパスワードなしで認証可能で、工場やオフィスなどでのDX推進に貢献します。
「EdgeFACE」は高速認証が求められる環境や外部との情報連携が制限された場所で特に有効です。従来の課題を克服し、少ない初期費用で簡単に導入可能、長期的な稼働が見込めます。

このニュースのポイント
  • 非接触の顔認証技術で使いやすさ向上
  • 工場・オフィスのDX推進に一役買う製品
  • 低コストで長期稼働が可能な産業用エッジPC採用

<以下リリース>

イノテック株式会社、DXを推進するエッジ顔認証 EdgeFACE(エッジフェイス)を販売開始

今こそエッジ顔認証 ~工場/オフィスDXをたった1台でスタート~

顔認証が既存システムの付加価値を向上

イノテック株式会社(本社:横浜市港北区、代表者:大塚信行 以下イノテック)は

新製品として、エッジ顔認証 EdgeFACE(エッジフェイス)の販売を開始した旨をお知らせいたします。 国産 産業用エッジPCと国産AI/ソフトウェアを一体にした製品です。

非接触認証である「顔認証」はICカードやQRコード、パスワード認証に比べ、<手ぶらでOK、暗記不要>なことからユーザーの使いやすさ向上に繋がります。そこで、イノテックは、顔認証技術と自社製産業用エッジPCを組み合わせたエッジ顔認証『EdgeFACE』をご提案いたします。

<外部との情報連携がNG>、<認証速度がクリティカルな問題になる>といった用途(工場、入退管理システム、産業機器等)では、クラウド顔認証よりもエッジ顔認証の特性が活かされます。また、従来のエッジ顔認証製品を採用する際に課題となる以下の点を解決するご提案が可能です。

<従来の課題点>

・リテール向けをターゲットとした顔認証製品が多い

・大量購入が前提である

・初期費用が高く、スモールスタートで気軽に使えるものがない

・ソフトウェア単体の提供が多く、自分たちでハードウェアを選定する必要がある

・長期的に使いたいが、すぐに故障してしまう、かつ製造中止になってしまう

工場/オフィス/産業機器をターゲットとしたエッジ顔認証

エッジ顔認証『EdgeFACE』は以下のような課題を解決するための製品です。

①   これから工場/オフィスDXを推進される方

課題 DX推進を任されたが何から手を付ければよいかわからない
予算も少なく、失敗したら困る、割ける時間もあまりない
ご提案 ・1台からスタート可能で初期費用が安価、開発がすぐにスタートできる
・実証実験(PoC)をしてみて、結果が良ければそのまま本格稼働/増設が可能

②  既存システム(入退管理システム、産業機器 等)へ顔認証を活用される方

課題 既存システムに顔認証の機能を付加したいが
長期供給/長期稼働が大前提とすると、合うハードウェアがみつからない
ご提案 ・弊社 産業用エッジPCは長期供給/長期安定稼働前提の製品
・顔認証専用端末としてのご利用だけではなく、余ったリソースで
既存のアプリケーション含めて動作可能な製品

具体的な活用例は以下をご参考になさってください。

■DX推進をたった1台でスタート

エッジ顔認証『EdgeFACE』は顔認証システムの開発を素早く、かつスモールスタートし、そのまま本格稼働/量産増設できることが大きな特徴です。開発と運用に必要な産業用エッジPCとSDK(ソフトウェア開発キット)、一部開発環境などをパッケージで提供します。カメラさえ用意すればPCの電源を立ち上げるだけですぐに開発が始められるという手軽さです。MOQ(発注可能な最低数)は1台、かつ、SDKは無償提供で月額のサブスクリプションや従量課金などの追加費用は不要です。ご予算が少ない中でDX推進にお役立ちできる要素を持った製品です。

■「Raptor Lake-P」搭載の産業用エッジPCを採用

イノテックの産業用エッジPCはすべて「INNINGS(イニングス)」というブランド名を冠しており、社会インフラ、医療、産業機器など高い信頼性を求めるお客様からの期待に応えるため、自社設計・国内製造に強いこだわりをもって作られた製品です。

『EdgeFACE』にはインテル第13世代Core「Raptor Lake-P」を搭載した産業用エッジPC「EMBOX TypeRE1283」を採用しています。クラウドベースでの運用実績をエッジ環境向けに最適化し、通常ではトレードオフとなる十分な精度と高い処理性能の両立を実現しています。グラフィックボードは不要で必要最低限のハードウェアスペックとしています。

EMBOX TypeRE1283 

■展示会情報

【出展概要】

展示会名:第33回 Japan IT Week【春】

会 期:4月24日(水)〜26日(金) 10:00〜18:00(最終日のみ 17:00終了)

会 場:東京ビッグサイト 東ホール6 小間番号35-2

【ご来場の事前お申込み】

お手数おかけいたしますが、下記Webサイトからお申込み下さい。

皆様のご来場、心よりお待ちしております。

【製品に関するお問い合わせ先】 ※『EdgeFACE』は商標登録出願中です。

製品URL  :https://iss.innotech.co.jp/lp/edgeface?k3ad=shiryou

お問合せURL:https://iss.innotech.co.jp/form/aizemitsumori

イノテック株式会社

イノテック株式会社

イノテック株式会社は、顔認証、組込みシステム、半導体テストシステム、プローブカード、EDAソフトウェア、デジタルメディア関連製品、モデルベース開発、ロボットオートメーションサービス等、多岐にわたる製品を取り扱い、先端エレクトロニクス産業の成長および発展に貢献しています。

■本社  :〒222-8580  横浜市港北区新横浜3-17-6
■代表者 :大塚 信行
■設立  :1987年
■資本金 :10,517百万円
■上場市場:東京証券取引所プライム市場
■従業員 :1,783名(連結)、214名(単体)
■URL  :https://www.innotech.co.jp

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
運営会社 株式会社VOIX(https://voix.co.jp/
所在地 東京都港区虎ノ門5-11-15
代表者 代表取締役 室塚 博史
代表取締役 神武 弘徳
事業内容 ニュースメディア「VOIX(ボイス)」の運営
AIリード獲得・集客支援 事業
保険事業向けAI集客「VOIX-I」事業
FinTech Innovations 事業
既存ビジネスのデジタル化支援 事業
オウンドメディア企画・開発支援 事業
プレスリリース 無料 配信 事業
AIリードジェネレーションの研究開発
採用情報 【求人】在宅 Webライター 募集
お問合せ https://voix.jp/contact/
【VOIX 人気の記事】

プレスリリース 無料のサービス一覧
中小企業の「SDGs宣言」とは、SDGsの意味や目標を知ろう
医師とチャットで相談できるサービス
オンライン 音楽教室 特集
映画 割引で安くなるクレジットカードの優待 特集
イオンのミニオンカードで映画を1000円で見る方法
GMOあおぞらネット銀行と住信SBIネット銀行を比較
法人カードは年会費無料がおすすめ
法人カードをおすすめしたい中小企業の特徴とは
法人クレジットカード 最強の2枚
開業前の個人事業主にクレジットカードをおすすめしたい理由とは
副業にクレジットカードをおすすめする理由とは
三井住友 ビジネスオーナーズ 2枚持の評判を口コミから分析
アメックスもOK、”請求書カード払い”のおすすめを比較
クレジットカードがおすすめの初心者の条件とは
無料クレジットカードの最強はどれ?
クレジットカードはナンバーレスがおすすめの理由
カードレス クレジットカードのおすすめ理由は”郵送なし”
クレジットカードが即日発行できるデジタル アプリ 特集
ナンバーレスカードのデメリットは”めんどくさい”
イオンカード 入会キャンペーン 特集
三井住友カードのお得な作り方は新規入会特典
三井住友ナンバーレスの違いを評判から分析
「ウエルシアカード」イオンカードの違いを比較
JCB W キャンペーン 入会特典でお得に作る
PayPayカードは即日発行してすぐ使える
住信SBIネット銀行の法人口座開設キャンペーンコード
コンビニでもすぐ使える、最新 審査なし 後払いアプリ 特集
プラチナプリファード キャンペーンで年会費無料にする方法
三井住友カード ゴールド キャンペーンで初年度無料にする方法
楽天モバイルのデメリット

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部記者

VOIX編集部記者

ページトップへ