株式会社FINDiが水中ドローンシミュレーター「FF Virtual」をリリース

VOIX編集部記者VOIX編集部記者 公開 ニュース
株式会社FINDiが水中ドローンシミュレーター「FF Virtual」をリリース

「FF Virtual」をリリース

FINDiが開発した「FF Virtual」は、インフラ構造物の水中調査に特化した水中ドローン(ROV)シミュレーターです。特殊な操作スキルが要求される水中調査を、現場に出る前にトレーニングできる環境を提供します。
2024年6月から販売を開始するこのシミュレーターは、実際の水中環境を忠実に再現し、音響ソナーや濁度調整などの機能を備えています。これにより、複雑な水中調査を効率的にトレーニングできるよう設計されています。

このニュースのポイント
  • 特殊な水中操作スキルを身につけるトレーニング環境
  • インフラ調査に特化し現場感覚を養う
  • 2024年6月からの販売開始を予定

<以下リリース>

FINDi、水中ドローンシミュレーター「FF Virtual」を6月から販売開始

~FINDiが開発したインフラ水中調査に特化し、音響ソナーや構造物などの水中環境を再現した水中ドローンシミュレーター~

 株式会社FINDi(ファインドアイ/本社:東京都港区/代表取締役社長:稲垣 裕亮/以下「FINDi」)は、水中ドローン(ROV)シミュレーター「FF Virtual」を開発し、このたび2024年6月より提供開始いたします。

「FF Virtual」は、インフラ構造物の水中調査に必要な特殊な操作スキルを、現場に行く前に身につけることができる、インフラ調査に特化した初の水中ドローンシミュレーターです。

FINDiが開発している水中ドローンFFシリーズ
インフラ構造物を忠実に再現

水槽や放流きょ、管路内などのインフラ構造物によくある、常に水に浸かっている壁面や見えにくい天井面の水中ドローンを用いた調査には、特殊な操作スキルが求められます。

たとえば、調査対象の壁面を正面に映しながらの横移動の航行や濁水環境においては、可視光カメラでは見えない範囲を音響ソナーの映像を頼りに航行する必要があります。柱が多数あるような複雑な形状の構造物内では、通信用のケーブルが絡まないように注意しての航行も必要となります。

このように、インフラ構造物の水中調査には特殊な操作スキルが求められますが、練習をする環境がありません。稼働している実施設の中では操縦トレーニングを行うことはできず、稼働停止時間は限られており、手際よく調査をすることが求められます。

5段階で調整可能な濁度

構造物調査を得意とするFINDiは、日々の調査の中で操縦が難しい環境があることを認識し、より実践的なトレーニング方法を開発することが、パイロットの早期育成に不可欠であると考えました。当初、社内の若手向けのトレーニングツールとして開発を進めましたが、水中調査を行うすべての方に手に取っていただくことが水中調査の省人化促進に繋がると考え、この度のリリースに至りました。

実際の水中ドローンFF1操縦画面
FF Virtualで再現された操縦画面

「FF Virtual」は地下水槽やボックスカルバートの内部、さらには停泊した大型船舶の船底などのフィールド、水中ドローンの細かな挙動、音響ソナー、ライトの照射、着底した際の沈殿物の巻き上げなどをリアルに再現しています。

「FF Virtual」は、現場に行かずとも現場さながらのバーチャルトレーニングを実現する、かつてないリアルな水中ドローンシミュレーターです。

[トレーニングフィールド]

円形配水池、大型船船底下、地下貯水池、コンクリート管、ボックスカルバート、破棄された航空機、海底

大型船舶の船底
物理演算で再現されたテザーケーブル
コンクリートの汚れや堆積なども表現している
大小様々な管路

   ■名称:水中ドローンシミュレーター「FF Virtual」

   ■販売時期:2024年6月

   ■販売価格:オープン価格


Sea Japan 2024にて体験しよう!

2024年4月10日より3日間開催される「Sea Japan 2024」にて、水中ドローンシミュレーター「FF Virtual」を展示いたします。かつてないリアルなシミュレーター操作を大画面でぜひ体験してください。

東京ビッグサイト 東1・2・3ホール 1C-22

日時:2024年 4月10日 (水) ~ 4月12日 (金) 10:00 ~ 17:00

場所:東京ビッグサイト 東1・2・3ホール

小間番号:1C-22

4月11日 (木) 14:30より【C会場】にて、以下のプレゼンテーションを行います

「ダイバーとROVの協業で実現する水中現場のDX~新型水中ドローンFF2~」

株式会社FINDi

株式会社FINDi

ドローンによるインフラ調査や三次元モデルやGISデータなどのDX化に長け、近年は調査に特化したドローンを開発し販売している。水中ドローンFINDi FF1は発売開始以来、様々な用途で産業用水中ドローンとして活用されている。
www.findi.co.jp

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
運営会社 株式会社VOIX(https://voix.co.jp/
所在地 東京都港区虎ノ門5-11-15
代表者 代表取締役 室塚 博史
代表取締役 神武 弘徳
事業内容 ニュースメディア「VOIX(ボイス)」の運営
AIリード獲得・集客支援 事業
保険事業向けAI集客「VOIX-I」事業
FinTech Innovations 事業
既存ビジネスのデジタル化支援 事業
オウンドメディア企画・開発支援 事業
プレスリリース 無料 配信 事業
AIリードジェネレーションの研究開発
採用情報 【求人】在宅 Webライター 募集
お問合せ https://voix.jp/contact/
【VOIX 人気の記事】

プレスリリース 無料のサービス一覧
中小企業の「SDGs宣言」とは、SDGsの意味や目標を知ろう
医師とチャットで相談できるサービス
オンライン 音楽教室 特集
映画 割引で安くなるクレジットカードの優待 特集
イオンのミニオンカードで映画を1000円で見る方法
GMOあおぞらネット銀行と住信SBIネット銀行を比較
法人カードは年会費無料がおすすめ
法人カードをおすすめしたい中小企業の特徴とは
法人クレジットカード 最強の2枚
開業前の個人事業主にクレジットカードをおすすめしたい理由とは
副業にクレジットカードをおすすめする理由とは
三井住友 ビジネスオーナーズ 2枚持の評判を口コミから分析
アメックスもOK、”請求書カード払い”のおすすめを比較
クレジットカードがおすすめの初心者の条件とは
無料クレジットカードの最強はどれ?
クレジットカードはナンバーレスがおすすめの理由
カードレス クレジットカードのおすすめ理由は”郵送なし”
クレジットカードが即日発行できるデジタル アプリ 特集
ナンバーレスカードのデメリットは”めんどくさい”
イオンカード 入会キャンペーン 特集
三井住友カードのお得な作り方は新規入会特典
三井住友ナンバーレスの違いを評判から分析
「ウエルシアカード」イオンカードの違いを比較
JCB W キャンペーン 入会特典でお得に作る
PayPayカードは即日発行してすぐ使える
住信SBIネット銀行の法人口座開設キャンペーンコード
コンビニでもすぐ使える、最新 審査なし 後払いアプリ 特集
プラチナプリファード キャンペーンで年会費無料にする方法
三井住友カード ゴールド キャンペーンで初年度無料にする方法
楽天モバイルのデメリット

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部記者

VOIX編集部記者

ページトップへ