米SysCloudが日本法人「シスクラウドジャパン株式会社」を設立 – データ保護サービスを提供

VOIX編集部記者VOIX編集部記者 公開 ニュース
米SysCloudが日本法人「シスクラウドジャパン株式会社」を設立 – データ保護サービスを提供

シスクラウドジャパン株式会社を設立

米国SysCloud社は、2013年より世界39ヶ国以上でSaaSデータ保護サービスを提供しています。主にMicrosoft 365やGoogle WorkspaceなどのSaaSアプリケーションの自動バックアップとデータ・コンプライアンスの管理を行っており、日本法人設立を経て、日本市場にも本格展開します。
日本市場向けには機能が最適化され、バックアップデータは国内のAWS Japanに保管。安全かつ効率的なデータ管理を目指し、AI機能「Sky」も導入予定です。これによりユーザーは容易に必要な情報を取得でき、データ復旧も自己管理が可能です。

このニュースのポイント
  • 日本市場向けにサービスが最適化されている
  • AI機能「Sky」でデータ管理が容易に
  • バックアップは国内AWS Japanで安全に保管

<以下リリース>

SaaSバックアップを提供するSysCloud社が日本法人を設立

世界39ヶ国以上で展開するデータ保護サービスが、日本市場で本格展開いたします。

このたび2024年4月15日(月)、米国・SysCloud社の日本法人となるシスクラウドジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:稲嶺 充毅)が日本市場での事業活動を開始いたしましたことをお知らせいたします。SysCloudはこれを機に、SaaS関連製品を日本市場において広く展開していく方針です。

■ SysCloudの日本法人設立とサービス提供について

米国に本社を置くSysCloud社は2013年より、世界39ヶ国以上、700万人以上のユーザーに対し、セキュリティおよびコンプライアンス製品「SysCloud」を提供してきました。バックアップしたファイルは330億件以上、メールは2,300万通以上にものぼります。今回、多くの企業様に導入いただきサービスを拡大する中で、日本における事業展開に至りました。

SysCloudの主要機能は以下の通りです。

  • SaaSデータのバックアップ
  • eDiscovery(電子情報開示)の管理
  • ランサムウェア被害からの復旧
  • データ・コンプライアンス遵守のためのソリューション提供

日本法人設立に伴い、これらの機能やインターフェイスは日本市場向けに最適化されています。いずれの機能も日本における主要なSaaSアプリケーションでの利用を想定しており、国内の法規制やコンプライアンスにも適合していきます。

ユーザー情報やバックアップされたデータはすべて国内のAWS Japan(アマゾン ウェブ サービス ジャパン)に安全に保管されることから、企業や教育機関などコンプライアンス遵守が強く求められる組織でも広くご利用いただけます。

【会社概要】

会社名:シスクラウドジャパン株式会社

所在地:東京都港区西新橋1-1-1 日比谷 FORT TOWER 10F WeWork内

代表取締役社長:稲嶺 充毅

コーポレートサイト:https://www.syscloud.com/jp/

■ 手軽かつ強固なデータバックアップを実現するSysCloudの製品群

SysCloudは、Microsoft 365やGoogle Workspace、Slackなどの主要なSaaSアプリケーションの自動バックアップを作成し、データやコンプライアンスに関するセキュリティ管理を行うサービスです。

容量無制限のデータバックアップ機能や、ファイルの常時監視機能を備え、各SaaSアプリケーションのデータ・コンプライアンスをひとつのダッシュボードで管理することができます。

ビジネスシーンにおいて、さまざまなSaaSアプリケーションが広く活用されるようになった今、各SaaSアプリケーション側がデータ損失に関する責任を負うと誤解している方も少なくありませんが、多くの場合責任範囲の分担は「責任共有モデル」が用いられ、データの保護はユーザー側の責任となっています。

つまり、ユーザーの誤操作によるデータ損失や、ウイルス感染したファイルがクラウドに保存されたことによってデータ損失が発生した場合などの責任は、ユーザー自身が負う必要があるのです。

こうした背景から生まれたSysCloudは、各種SaaSアプリケーションのデータを容量無制限でバックアップします。万が一データの損失が生じた場合も、ユーザー自身でデータの復旧が可能で、システム管理者の手間を煩わせることはありません。

日本で展開するサービスには、AIでバックアップ管理を行う機能「Sky」を実装する予定です。AIを用いた本機能の導入により、ユーザーは直感的に必要な情報を得ることができるようになります。

【対応SaaSアプリケーション】

  • Microsoft 365
  • Google Workspace
  • Google Classroom
  • Slack
  • HubSpot
  • Salesforce
  • Box(Beta版)

「SysCloud」の詳細は公式サイトから:https://www.syscloud.com/jp/

■ SysCloud社・代表コメント

データ保護やサイバーセキュリティが最重要視される現代において、日本法人の設立は単なる事業拡大のみならず、当社が持つ技術や専門知識の共有を通して社会貢献を果たすという意味を持ちます。私たちは日本企業のデジタル・レジリエンスを高め、安全にデータを保管できるような状態にするため、尽力していく所存です。

SysCloud社

CEO(最高経営責任者)ヴィジェイ・クリシュナ

■ シスクラウドジャパン株式会社・代表コメント

日本では、最近になってようやくSaaS市場が活性化してきました。それに伴い、データ保護やセキュリティに関して悩みを抱える企業や教育機関も増えています。このような状況で、世界中に多くの顧客を持つSysCloudが日本に進出することは、企業や教育機関が安全なデータ環境を手に入れるための一助になると期待しています。

シスクラウドジャパン株式会社

代表取締役社長 稲嶺 充毅

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
運営会社 株式会社VOIX(https://voix.co.jp/
所在地 東京都港区虎ノ門5-11-15
代表者 代表取締役 室塚 博史
代表取締役 神武 弘徳
事業内容 ニュースメディア「VOIX(ボイス)」の運営
AIリード獲得・集客支援 事業
保険事業向けAI集客「VOIX-I」事業
FinTech Innovations 事業
既存ビジネスのデジタル化支援 事業
オウンドメディア企画・開発支援 事業
プレスリリース 無料 配信 事業
AIリードジェネレーションの研究開発
採用情報 【求人】在宅 Webライター 募集
お問合せ https://voix.jp/contact/
【VOIX 人気の記事】

プレスリリース 無料のサービス一覧
中小企業の「SDGs宣言」とは、SDGsの意味や目標を知ろう
医師とチャットで相談できるサービス
オンライン 音楽室と音楽教室 2024
映画をクレジットカードで割引きできる優待特集
イオンカードで映画を1000円に割引するやり方
GMOあおぞらネット銀行と住信SBIネット銀行を比較
法人カードは年会費無料がおすすめ
法人カードをおすすめしたい中小企業 最強の特徴
法人カード マイル最強はどれ?
個人事業主にクレジットカードをおすすめしたい理由とは
副業にクレジットカードをおすすめする理由とは
三井住友 ビジネスオーナーズ 2枚持の評判を口コミから分析
アメックスもOK、”請求書カード払い”のおすすめを比較
クレジットカードがおすすめの初心者の条件とは
無料クレジットカードの最強はどれ?
クレジットカードはナンバーレスがおすすめの理由
カードレス クレジットカードのおすすめ理由は”郵送なし”
クレジットカードが即日発行できるデジタル アプリ 特集
ナンバーレスカードのデメリットは”めんどくさい”
イオンカード 入会キャンペーン 特集
三井住友カードのお得な作り方は新規入会特典
三井住友ナンバーレスの違いを評判から分析
「ウエルシアカード」イオンカードの違いを比較
JCB W キャンペーン 入会特典でお得に作る
PayPayカードは即日発行してすぐ使える
住信SBIネット銀行の法人口座開設キャンペーンコード
コンビニでもすぐ使える、最新 審査なし 後払いアプリ 特集
プラチナプリファード キャンペーンで年会費無料にする方法
三井住友カード ゴールド キャンペーンで初年度無料にする方法
楽天モバイルのデメリット

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部記者

VOIX編集部記者

ページトップへ