株式会社ブライトのブライダル電子署名サービス「Be-Sign」が株式会社TAIANの「Oiwaii」と連携開始

VOIX編集部記者VOIX編集部記者 公開 ニュース
株式会社ブライトのブライダル電子署名サービス「Be-Sign」が株式会社TAIANの「Oiwaii」と連携開始

「Be-Sign」と「Oiwaii」が連携

株式会社ブライトは、自社のブライダル特化型電子署名サービス「Be-Sign」と、株式会社TAIANが開発する婚礼システム「Oiwaii」との連携を開始しました。これにより、婚礼現場の業務効率が向上し、結婚式の準備に関する契約書面の電子署名が簡単に行えるようになります。
この連携は、結婚式準備の効率化を図るため、婚礼現場スタッフが結婚式づくりに集中できる環境を提供することを目的としています。

このニュースのポイント
  • 「Be-Sign」はブライダル特化型の電子署名サービスです。
  • 「Oiwaii」との連携により契約手続きが効率化。
  • 結婚式準備の負担軽減と業務のスムーズ化を実現。

<以下リリース>

結婚式申込み手続きの課題を解決。ブライダル特化型電子署名サービス「Be-Sign」が「Oiwaii」との連携を開始

婚礼現場のスタッフに「よい結婚式づくりに集中できる環境」を。ブライダル専門の法務サービスを展開する株式会社ブライトが、婚礼システム「Oiwaii 」との連携を通して画期的な業務効率策を提案します。

ブライダル事業専門の法務サービスを展開する株式会社ブライト(本社:東京都港区、代表取締役:夏目 哲宏、以下「BRIGHT」と言います。)は令和6年(2024年)5月7日、同日付で自ら開発、提供するブライダル特化型電子署名サービス「Be-Sign(ビーサイン)」とAll in One婚礼システム「Oiwaii(オイワイー)」との連携を発表しました。「Oiwaii」は、ブライダル業界に特化したサービスやソフトウェアを提供する株式会社TAIAN(本社:東京都新宿区、代表取締役:村田 磨理子、以下「TAIAN」と言います。)が開発するシステムで、両社が各々得意とする分野である「法律」と「IT」を掛け合わせた新たなサービスをもって、ブライダル事業に従事するスタッフの劇的な業務効率策を提案いたします。

■開発背景

「一生に一度の晴れ舞台」である結婚式を請け負うブライダル事業者は、新郎新婦との間で婚礼や衣裳等のサービス・商品の契約を締結する都度、規約等の内容を説明し、「申込書」等の契約書面への署名を求める必要があります。しかも結婚式というサービスの性質上、ほぼすべての契約書面には新郎新婦双方の署名が必要であり、時に遠隔地にいる新郎新婦に署名手続きのためだけに来訪を促したり、郵送の方法をもって署名済み契約書面を回収したりと、膨大な手間が発生していました。

日本で唯一「ブライダル事業」を専門に法務サービスを提供するBRIGHTは、法律を用いて全国の婚礼現場スタッフが「よい結婚式づくり」に集中できる環境を創造することをミッションに掲げて2015年に創業されました。

新郎新婦向け規約の作成・見直しや法人設立等の純粋な法務サービスのみならず、2019年には、新郎新婦に対する規約説明をムービー(動画)化して業務効率の向上を図る「ムービー婚礼規約」の販売を開始し、現在では全国約450施設において導入されています。

また2022年末には、婚礼現場での利用のみを想定したブライダル特化型電子署名サービス「Be-Sign」を開発して、婚礼現場の更なる業務負担軽減策を提案しています。

なお、この「Be-Sign」のシステム開発を担当したTAIANは、ブライダル事業向けにソフトウェアの開発等を行っている会社であり、BRIGHTとはブライダル業界における業務効率についての共通の問題意識を抱えていました。

その両社が協議を重ねる中で、このたびTAIANが展開するAll in One婚礼システム「Oiwaii」とBRIGHTが展開するブライダル特化型電子署名サービス「Be-Sign」とを連携することで、「契約前段階から契約締結まで」のすべての工程における業務効率の改善を図り得るのではないかと考えました。

その結果、「Oiwaii」のオプション機能として「Be-Sign」の電子署名サービスを利用可能とするツール連携について合意するに至りました。

■ブライダル特化型電子署名サービス「Be-Sign」×All in One婚礼システム「Oiwaii」機能概要

「Be-Sign」は、結婚式に関する契約のみならず婚礼衣裳やフォト撮影など結婚式に関連するサービスを想定し、婚礼現場のニーズのみを踏まえて開発された電子署名サービスです。一方でTAIANの提供する、フェア予約・見学予約申し込みをした新郎新婦に対して、来館・接客をサポートする自動メール配信機能やアンケート収集機能などを備えた「Oiwaii Marketing」を用いると、来館予約から成約までの支援が可能となります。

このたび両者を連携することで、成約時の最新顧客データを申込書などの契約書面へ自動反映し、新郎新婦に対して、即時に電子署名を依頼できるようになります。

ご利用方法:株式会社ブライト「Be-Sign」および株式会社TAIAN「Oiwaii Marketing」それぞれのプラン契約が必要となります。

【特長】

1)「Oiwaii」管理画面上のみで電子署名用の契約書面が作成可能に。

「Be-Sign」と「Oiwaii」はそれぞれ管理・編集画面を用意していますが、連携オプション機能を利用いただくことで「Oiwaii」管理画面での操作と「Be-Sign」上の操作が連動し、システム間の行き来の手間が削減されます。

2)複数の契約書面テンプレートに対応、選択したテンプレートへ顧客情報を自動反映

「Be-Sign」にて複数の契約書面テンプレートを用意し、用途別に使い分けている式場様でも、顧客データの自動反映がご利用いただけます。

3)Oiwaii顧客管理画面上から送付した契約書面の進行ステータスを確認可能

作成した契約書面が到着しているか、確認されているか、電子署名が完了したかどうかのステータスを「Oiwaii」上に反映しているため、新郎新婦による手続きの状況をリアルタイムで確認できます。

4)式場にも新郎新婦にも優しい、経費・業務負担の最小化

電子署名を用いた手続きだからこそ、郵送代や印紙税などの経費削減、新郎新婦の来訪負担削減はもちろんのこと、「Oiwaii」との顧客データ連携によりプランナーの事務工数の削減にもつながります。

5)安心してご利用いただける電子署名サービス

BRIGHTは行政書士である夏目哲宏が代表を務め、弁護士や司法書士等の法律系士業とのネットワークとともにサービスを提供しているため、リーガル面での不安なく安心してご利用いただけます。

株式会社TAIAN 代表取締役 村田 磨理子様 コメント

株式会社ブライトの夏目様とは以前から親交があり、TAIANと同じく、ブライダル業界をより良くしていきたいという想いを掲げていらっしゃいました。多くの関わりの中で、「Be-Sign」開発のご相談からリリース、そしてTAIANの自社サービスである「Oiwaii」との連携をついに発表することができました。

結婚式は人生に彩りを与えてくれる素晴らしい機会であると同時に、新郎新婦にとっては人生に数回しかない大きな契約を結ぶ機会にもなります。ブライダル事業者様にとっても、契約書面のやりとりはミスを冒すことのできない、非常に気を遣う場面です。

しっかりと両者の権利を守りつつ、負担を軽減できる仕組みを提供することで、結婚式準備についても良い体験を提供できればと考えています。

※取り組み参考:ブライダルDXマガジン

『【対談記事】法律のチカラで ブライダル の現場に革命を起こす!~法律をもっと身近に、もっとポジティブに捉えるために~』

https://www.blog.taian-inc.com/archives/1863

『【対談記事】法律のチカラで ブライダル の現場に革命を起こす!~電子署名サービスで現場の業務はどう変わる?~』

https://www.blog.taian-inc.com/archives/1865

・All in One婚礼システム「Oiwaii」について

「Oiwaii」は、ブライダル業界に特化したクラウド型婚礼宴会システムです。ブライダルフェアへの申込みや広告経由での申込み、ご来場からご成約に至るまでの顧客情報、メニュー・オプションの見積り作成および受発注、挙式披露宴終了後の継続的な関係性構築に至るまでを一元管理することができます。

また、新郎新婦が結婚式のイメージに合わせて招待状や席次表を作成し、ゲスト情報をOiwaiiへ反映することができる「Concept Marry(コンセプトマリー)」も提供しています。

https://oiwaii.taian-inc.com/

株式会社ブライト 代表取締役 夏目 哲宏 コメント

「日本初のブライダル事業専門の総合法務サービス」を提供する当社は、設立時から一貫して法律を用いて婚礼現場で奮闘するスタッフの負担を軽減し「よりよい結婚式づくりに集中できる環境の創出」を目標に、様々なサービスや商品を提供してきました。

そんな中、DXによって婚礼現場の負担軽減を図ろうとするTAIANさんと出会い、その姿勢や理念に共感したこともあり、日本で唯一ブライダル業界特化型の電子署名サービス「Be-Sign」の開発を同社に依頼しました。

おかげさまで「Be-Sign」はリリース後から順調に利用実績が伸びていて、婚礼現場で広くご活用をいただけるようになりましたが、この度、TAIANさんの「Oiwaii」と連携いただけることとなり、さらに婚礼現場の負担軽減、そして「よりよい結婚式づくり」に寄与できるのではないかと大いに期待しているところです。

・ブライダル特化型電子署名サービス「Be-Sign」について

ブライダル業界においても業務効率化の観点から「電子署名」の活用は検討されるものの、ブライダルならではの「言葉づかい」に関する配慮や、契約相手が2名(新郎新婦)いるという独特な法的性質から、一般的な電子署名サービスでは充分に対応しきれないという声を受け、日本で唯一「ブライダル専門」で法務サービスを提供する株式会社ブライトが、ブライダル現場での利用のみを想定して開発したのが「Be-Sign」です。令和6年5月現在で全国百数十社様にご愛用いただき、今も利用数が増え続けています。

https://www.support-bright.com/be-sign

■株式会社ブライトについて

会社名:株式会社ブライト

設立:2015年2月13日

所在地:東京都港区浜松町1-18-13高桑ビル3F

代表者:代表取締役 夏目 哲宏

URL:https://bright-law.co.jp/

事業内容:日本初のブライダル事業専門の法務サービスを、行政書士事務所ブライト他複数の法律系士業とのネットワークを基礎に提供。

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社ブライト サービスディビジョン宛

メールアドレス:info@bright-law.co.jp

株式会社ブライト

株式会社ブライト

日本で初めてブライダル事業を専門にして「法律サービス」を提供する専門家チームです。
志高くブライダル事業に携わる皆様が「本業に100%集中できる環境」を創り出せるよう法的な側面から事業者の皆様をお守りします。
事業者の皆様をサポートすることで、幸せな結婚式を増やし、人と人との絆を深め、よりよい社会づくりに貢献することをめざしています。

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
運営会社 株式会社VOIX(https://voix.co.jp/
所在地 東京都港区虎ノ門5-11-15
代表者 代表取締役 室塚 博史
代表取締役 神武 弘徳
事業内容 ニュースメディア「VOIX(ボイス)」の運営
AIリード獲得・集客支援 事業
保険事業向けAI集客「VOIX-I」事業
FinTech Innovations 事業
既存ビジネスのデジタル化支援 事業
オウンドメディア企画・開発支援 事業
プレスリリース 無料 配信 事業
AIリードジェネレーションの研究開発
採用情報 【求人】在宅 Webライター 募集
お問合せ https://voix.jp/contact/
【VOIX 人気の記事】

プレスリリース 無料のサービス一覧
中小企業の「SDGs宣言」とは、SDGsの意味や目標を知ろう
医師とチャットで相談できるサービス
オンライン 音楽室と音楽教室 2024
映画をクレジットカードで割引きできる優待特集
イオンカードで映画を1000円に割引するやり方
GMOあおぞらネット銀行と住信SBIネット銀行を比較
法人カードは年会費無料がおすすめ
法人カードをおすすめしたい中小企業 最強の特徴
法人カード マイル最強はどれ?
個人事業主にクレジットカードをおすすめしたい理由とは
副業にクレジットカードをおすすめする理由とは
三井住友 ビジネスオーナーズ 2枚持の評判を口コミから分析
アメックスもOK、”請求書カード払い”のおすすめを比較
クレジットカードがおすすめの初心者の条件とは
無料クレジットカードの最強はどれ?
クレジットカードはナンバーレスがおすすめの理由
カードレス クレジットカードのおすすめ理由は”郵送なし”
クレジットカードが即日発行できるデジタル アプリ 特集
ナンバーレスカードのデメリットは”めんどくさい”
イオンカード 入会キャンペーン 特集
三井住友カードのお得な作り方は新規入会特典
三井住友ナンバーレスの違いを評判から分析
「ウエルシアカード」イオンカードの違いを比較
JCB W キャンペーン 入会特典でお得に作る
PayPayカードは即日発行してすぐ使える
住信SBIネット銀行の法人口座開設キャンペーンコード
コンビニでもすぐ使える、最新 審査なし 後払いアプリ 特集
プラチナプリファード キャンペーンで年会費無料にする方法
三井住友カード ゴールド キャンペーンで初年度無料にする方法
楽天モバイルのデメリット

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部記者

VOIX編集部記者

ページトップへ