株式会社キャムが中小企業向けクラウドERP「発注Web-EDI」をリリース

VOIX編集部記者VOIX編集部記者 公開 ニュース
株式会社キャムが中小企業向けクラウドERP「発注Web-EDI」をリリース

「発注Web-EDI」をリリース

「発注Web-EDI」は、EDI未導入の取引先でも利用可能な新しいサービスです。受発注業務の電子化を実現し、効率化とコスト削減を図ります。初期費用と月額利用料はそれぞれ20,000円(税抜)から利用可能です。

このニュースのポイント
  • EDI未導入でも利用可能な新サービス
  • 受発注業務の電子化で効率化
  • 初期費用と月額利用料は20,000円(税抜)から

<以下リリース>

【5/8リリース】クラウドERP「キャムマックス」のスピンアウト第一弾!「発注Web-EDI」の提供を開始

BtoBの発注業務を圧倒的なスピードとローコストで実現

ノンカスタマイズで受発注から会計まで、実店舗・EC・卸のオムニチャネル管理に対応する中小企業向けクラウドERP「キャムマックス」を提供する株式会社キャム(本社:福岡県福岡市、代表取締役:下川 良彦、以下「キャム」)は、2024年5月8日(水)にキャムマックスの一部機能をスピンアウトし、BtoBの発注業務を圧倒的なスピードで、しかもローコストで実現することができる新サービス「キャムマックス 発注Web-EDI(以下「発注Web-EDI」)」をリリースしました。

  • 発注Web-EDIとは?

EDI※未導入の取引先に対して、電話やFAX、郵送などで帳票をやり取りしているケースでも、自社が「発注 Web-EDI」を導入することにより、取引先でも利用が可能となり、販売・仕入を含めた取引を電子化できます。

10 ID付きで初期費用と月額利用料がそれぞれ20,000円(税抜)からご利用いただくことができ、「キャムマックス(ERP)」への切り替えもスムーズです。

詳細は専用ページをご確認ください。

https://www.cammacs.jp/order-webedi/

※EDIとは、Electronic Data Interchangeの頭文字を取ったもので、日本語では「電子データ交換」とよばれます。

具体的には、プロトコルに基づいて注文書や請求書などのビジネス文書を電子化したものを、専用回線などを利用してやり取りすることをいい、特に、BtoBにおける受発注に関する書類データの交換を指します。

さらに、これを実現するシステムを指して単に「EDI」と呼ぶケースも多いです。

日本においては、2024年初頭にISDNサービス(INSネット/デジタル通信モード)が終了の予定となってお​り、今後、次世代EDIへの移行が求められることになります。

  • 発注Web-EDIをスピンアウトした背景と目的

「キャムマックス」は「発注Web-EDI」以外にも、受注から会計まで様々な機能と関連する外部の連携先を有しており、多くの製造・卸売・小売業のお客様から支持を得ております。

一方で、様々な機能や連携先を有しているがゆえに、一部のお客様にとっては“Too much”なサービスとなっており、特に最近では「発注Web-EDI」のみを使用したいとのご要望が数多く寄せられました。

こうしたお客様のご要望にお応えすべく、スピンアウト第一弾として「発注Web-EDI」をリリースしました。

  • 発注Web-EDIでできること

・仕入先で(受注側)で注文を受付したことが共有でき、漏れや遅延を防止

・注文書の出力や注文データのエクスポートが可能

・仕入先が納期と納品可能数量を回答することで適切な納期管理が可能

・仕入先の出荷完了通知で未出荷・出荷が共有され、発注側の入荷準備も整えられる

・納品書印刷機能で統一した納品書を添付した出荷が可能

・仕入先と発注・仕入・買掛金の状況をリアルタイムな共有が可能

・仕入先情報・商品情報など管理・共有が可能

・多通貨や多言語など輸入仕入や海外利用も可能

  • 今後のスピンアウトについて

今後もお客様のご要望にお応えすべく「キャムマックス」の機能追加や改善を図ってまいりますが、スピンアウトについては現時点で次のサービスをリリース予定です。

・受発注Web-EDI

・モバイルWMS(在庫・倉庫管理システム)

・経費精算

  • クラウドERP「キャムマックス」について

「キャムマックス」は、ERPの導入にありがちなカスタマイズが一切不要にもかかわらず、受発注から会計までシームレスに管理し、実店舗・EC・卸のオムニチャネルに対応する他に類を見ない中小企業向けクラウドERPです。現在、国内の中小企業は人手不足が深刻化し、労働生産性の向上が求められています。「キャムマックス」は本格的なERPでありながら5ユーザ分のIDで月額7万円(税抜)から利用いただけますので、圧倒的なコストパフォーマンスを実感した多くのお客様から支持を得ています。

製品サイト:https://www.cammacs.jp/

  • 会社情報

会社名:株式会社キャム

代表:代表取締役 下川 良彦

創業:1993年6月

資本金:90百万円(2024年3月31日時点)

本社所在地:福岡県福岡市中央区大名2-6-28 5F

URL:https://www.cam-net.co.jp/

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
運営会社 株式会社VOIX(https://voix.co.jp/
所在地 東京都港区虎ノ門5-11-15
代表者 代表取締役 室塚 博史
代表取締役 神武 弘徳
事業内容 ニュースメディア「VOIX(ボイス)」の運営
AIリード獲得・集客支援 事業
保険事業向けAI集客「VOIX-I」事業
FinTech Innovations 事業
既存ビジネスのデジタル化支援 事業
オウンドメディア企画・開発支援 事業
プレスリリース 無料 配信 事業
AIリードジェネレーションの研究開発
採用情報 【求人】在宅 Webライター 募集
お問合せ https://voix.jp/contact/
【VOIX 人気の記事】

プレスリリース 無料のサービス一覧
中小企業の「SDGs宣言」とは、SDGsの意味や目標を知ろう
医師とチャットで相談できるサービス
オンライン 音楽教室 特集
映画 割引で安くなるクレジットカードの優待 特集
イオンのミニオンカードで映画を1000円で見る方法
GMOあおぞらネット銀行と住信SBIネット銀行を比較
法人カードは年会費無料がおすすめ
法人カードをおすすめしたい中小企業の特徴とは
法人クレジットカード 最強の2枚
開業前の個人事業主にクレジットカードをおすすめしたい理由とは
副業にクレジットカードをおすすめする理由とは
三井住友 ビジネスオーナーズ 2枚持の評判を口コミから分析
アメックスもOK、”請求書カード払い”のおすすめを比較
クレジットカードがおすすめの初心者の条件とは
無料クレジットカードの最強はどれ?
クレジットカードはナンバーレスがおすすめの理由
カードレス クレジットカードのおすすめ理由は”郵送なし”
クレジットカードが即日発行できるデジタル アプリ 特集
ナンバーレスカードのデメリットは”めんどくさい”
イオンカード 入会キャンペーン 特集
三井住友カードのお得な作り方は新規入会特典
三井住友ナンバーレスの違いを評判から分析
「ウエルシアカード」イオンカードの違いを比較
JCB W キャンペーン 入会特典でお得に作る
PayPayカードは即日発行してすぐ使える
住信SBIネット銀行の法人口座開設キャンペーンコード
コンビニでもすぐ使える、最新 審査なし 後払いアプリ 特集
プラチナプリファード キャンペーンで年会費無料にする方法
三井住友カード ゴールド キャンペーンで初年度無料にする方法
楽天モバイルのデメリット

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部記者

VOIX編集部記者

ページトップへ