老舗PCボードメーカーの株式会社電産が企業ブランドを全面リニューアル

VOIX編集部記者VOIX編集部記者 公開 ニュース
老舗PCボードメーカーの株式会社電産が企業ブランドを全面リニューアル

電産が企業ブランドを全面リニューアル

株式会社電産は創立50周年を機に、ブランディングファームのサポートを受け、ビジョン・ミッション・バリューの再策定やロゴマーク、Webサイトなどを全面的にリニューアルしました。これにより、従来の堅牢・堅実な企業イメージに加え、柔軟で挑戦的な姿勢を強調する新たな組織風土を構築します。

このニュースのポイント
  • 株式会社電産が企業ブランドを全面リニューアル
  • ビジョン・ミッション・バリューを再策定
  • 新ロゴとコーポレートカラーを導入

<以下リリース>

老舗の産業用PCボードメーカー電産がリブランディング、ボトムアップで新しい組織風土をつくる

電産は創立50周年を節目に新たなステージへ進むための土台づくりとして、企業ブランドを上流から見直し全面リニューアルを行いました。

産業用電気電子製品の製造・販売を行っている株式会社 電産(本社:東京都杉並区、代表:石川清一郎)は、50周年を節目に企業ブランドの見直しを行いました。ブランディングファームであるブランコ株式会社(本社:福岡県福岡市、代表:山田 泰弘)のサポートのもと、会社の核となるビジョン・ミッション・バリューの再策定から、ロゴマーク、Webサイト、その他各ツールのリニューアルを実施しています。


創立50周年を迎えてリブランディング
「電産を変えたい」という思い

電産は、1973年の創業以来、国内のコンピュータ業界をリードする組込みシステム・ボードメーカーとして成長してきました。半導体製造・医療・防衛などの分野を中心に、産業用コンピュータの頭脳として利用される電産の製品は、確かな品質と経験で世界から尊敬と信頼を集める「ニッポンのものづくり」に貢献しています。

2023年に創立50周年を迎え、社長の代替わりから5年目、節目の年となった電産。社員からの「電産を変えたい」という声と、石川社長の「このままでいいのか」という思いが重なり、電産のリブランディングはスタートしました。


社員と企業が共に成長できる
新しい電産の風土づくり

今回のリブランディングでは、まず企業活動の根幹ともいえる、ビジョン・ミッション・バリューの策定を行いました。インナーブランディングの強化が主な目的です。

今までの電産は「堅牢・堅実」といった社会基盤を支えるための保守性や技術力の高さを強みとし、その実績で多くの信頼をお客様よりいただいてきました。そのためか、企業の意思決定はトップダウンが多く、社員が自発的に発言し行動する機会はほとんどありませんでした。
新しく策定したバリューは協調性と自主性に重きを置いており、ビジョン・ミッションを含めて全体的に、柔軟かつ挑戦的な姿勢を強く打ち出しました。今までの強みは大切に守りつつ、新しい意識をボトムアップのスタイルで社員に浸透させて、社員と企業が共に成長できる前向きな組織風土をつくっていきます。

新しく策定したビジョン・ミッション・バリュー

創業から初めてロゴマークを一新
コーポレートカラーも挑戦的な赤へ

ロゴマークも創業から初めて全面的なリニューアルを行いました。新しく策定したビジョン・ミッションが強く反映されたデザインとなっています。

ロゴマークは、ビジョン「柔軟な発想で未来をつくる」を体現しました。存在感のある書体を選定し、そこに斜体をわずかにかけ、親しみやすさのなかにも未来へ進んでいく様子を表現しています。自分たちを愛し周りからも愛される、そして柔軟な発想をもち未来の基盤となる新しいプロダクトを世に輩出していくという思いを込めたロゴマークです。

コーポレートカラーも電子機器メーカーに多い寒色系の青から、挑戦的な赤へ変更しました。コーポレートサイトや各種ツールも、赤をベースにした色彩で、ダイナミックで未来を想起させるデザインを意識的に採用しています。

ロゴマーク・コーポレートサイトの旧デザイン(左)・新デザイン(右)比較
新しいロゴマークが印字された電産の製品

リブランディングの浸透と
未来に向けたさまざまな取り組み

リブランディングのプロジェクトは電産初の試みです。プロジェクトのスタート時から社内にブランディングチームを立ち上げ、リブランディングの遂行とブランドイメージのコントロールを行っており、これからの電産にとって大切な部署となっています。50年にわたり築き上げきた企業イメージを変えるリブランディングの浸透には時間がかかります。ブランディングチームでは、電産の未来に向けてさまざまな取り組みを始めています。

これからの電産は、今までの強みである「堅牢・堅実」に、「傾聴」「試行錯誤」「挑戦」という新要素を加えて、柔軟な発想で未来をつくる企業を目指していきます。

石川社長(右)とブランディングチーム

電産のリブランディングを詳しく見る

電産初となるリブランディングについて、石川社長にインタビューを行いました。


株式会社電産

電産は50年以上にわたりボードコンピュータを設計・制作しているボードメーカーです。標準バスボード製品開発で培ったさまざまなノウハウを活かし、お客様のニーズに合わせた製品の開発・量産・供給までを一貫して行っています。

設立日:1973年7月

資本金:9,600万円

代表取締役社長:石川清一郎

本社:東京都杉並区上高井戸1-25-16

公式サイト:https://www.densan.co.jp/

ブランコ株式会社

ブランコは感情や体験をデザインするブランディングファームです。東京・福岡を拠点に活動しており、企業の成長をブランディングを通して支援しています。

設立日:2006年4月

資本金:500万円

代表取締役社長:山田 泰弘

本社:福岡県福岡市中央区西中洲12-25 岩崎ビル6階

公式サイト:https://bulan.co/ja

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
運営会社 株式会社VOIX(https://voix.co.jp/
所在地 東京都港区虎ノ門5-11-15
代表者 代表取締役 室塚 博史
代表取締役 神武 弘徳
事業内容 ニュースメディア「VOIX(ボイス)」の運営
AIリード獲得・集客支援 事業
保険事業向けAI集客「VOIX-I」事業
FinTech Innovations 事業
既存ビジネスのデジタル化支援 事業
オウンドメディア企画・開発支援 事業
プレスリリース 無料 配信 事業
AIリードジェネレーションの研究開発
採用情報 【求人】在宅 Webライター 募集
お問合せ https://voix.jp/contact/
【VOIX 人気の記事】

プレスリリース 無料のサービス一覧
中小企業の「SDGs宣言」とは、SDGsの意味や目標を知ろう
医師とチャットで相談できるサービス
オンライン 音楽教室 特集
映画 割引で安くなるクレジットカードの優待 特集
イオンのミニオンカードで映画を1000円で見る方法
GMOあおぞらネット銀行と住信SBIネット銀行を比較
法人カードは年会費無料がおすすめ
法人カードをおすすめしたい中小企業の特徴とは
法人クレジットカード 最強の2枚
開業前の個人事業主にクレジットカードをおすすめしたい理由とは
副業にクレジットカードをおすすめする理由とは
三井住友 ビジネスオーナーズ 2枚持の評判を口コミから分析
アメックスもOK、”請求書カード払い”のおすすめを比較
クレジットカードがおすすめの初心者の条件とは
無料クレジットカードの最強はどれ?
クレジットカードはナンバーレスがおすすめの理由
カードレス クレジットカードのおすすめ理由は”郵送なし”
クレジットカードが即日発行できるデジタル アプリ 特集
ナンバーレスカードのデメリットは”めんどくさい”
イオンカード 入会キャンペーン 特集
三井住友カードのお得な作り方は新規入会特典
三井住友ナンバーレスの違いを評判から分析
「ウエルシアカード」イオンカードの違いを比較
JCB W キャンペーン 入会特典でお得に作る
PayPayカードは即日発行してすぐ使える
住信SBIネット銀行の法人口座開設キャンペーンコード
コンビニでもすぐ使える、最新 審査なし 後払いアプリ 特集
プラチナプリファード キャンペーンで年会費無料にする方法
三井住友カード ゴールド キャンペーンで初年度無料にする方法
楽天モバイルのデメリット

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部記者

VOIX編集部記者

ページトップへ