着るロボットの”力と技のアシスト”で身体能力を拡張する「株式会社INOMER」設立

VOIX編集部記者VOIX編集部記者 公開 ニュース
着るロボットの”力と技のアシスト”で身体能力を拡張する「株式会社INOMER」設立

「株式会社INOMER」設立

株式会社INOMERが開発した「理学療法士の技術を読み込んだ着るロボット」は、理学療法士の技術をロボットに取り入れ、歩行リハビリテーションを支援します。既に奈良県や京都府の複数の医療機関で実証実験が行われており、効果が確認されています。

このニュースのポイント
  • 株式会社INOMERが新たに設立されました。
  • 片まひ者向けの歩行リハビリテーション用ロボットを開発。
  • 奈良県や京都府の医療機関で実証実験中です。

<以下リリース>

着るロボットの”力と技のアシスト”で身体能力を拡張する株式会社INOMERを設立

~第一弾は「理学療法士の技術」を読み込んだロボットによるリハビリテーションの革新~

着るロボットによる”力と技のアシスト”で人の身体能力を補完・拡張し、望むパフォーマンスをだれもが発揮できる世界の実現をめざす株式会社INOMER(イノマー、本社:奈良県奈良市、代表取締役CEO:桂典史、以下、INOMER)を設立したことをお知らせいたします。

人はみずからの身体を使って生みだすパフォーマンスは、パワーと身体動作、つまりは「力と技」の組み合わせのなかで発揮されます。例えば一流のアスリートは、ただ「力」に秀でているのではなく、走法や身のこなしといった身体的な動作性、つまりは「技」にもすぐれているからこそ、優れたパフォーマンスを発揮することができます。INOMERでは、そこに注目して、長年にわたってアシストスーツの開発に携わった実績をもつ技術者たちの知見を生かし、着るロボットを用いて「力のアシスト」だけでなく、「技のアシスト」をも駆使。人の身体能力を「力と技」の両面から補完・拡張することで、だれもが”意のまま”に望むパフォーマンスを発揮できる世界の実現をめざします。

片まひ者「歩行リハビリテーション」用プロトタイプはすでに実証実験中

第一弾のプロジェクトとして取り組むのは、脳卒中による片まひ者(※1)向け歩行リハビリテーションの革新です。片まひ者の”歩行リハビリテーション”は、通常、理学療法士が患者の身体を支えて、動作を観察しながら、必要に応じて徒手によってサポートを行います。このプロジェクトでは、その「徒手のサポート技術」を着るロボットに読み込ませることで、理学療法士の負担を軽減するとともに、”歩行リハビリテーション”の効果の安定化と底上げをめざします。

すでにプロトタイプの開発は進んでおり、現在は、奈良県天理市の高井病院や京都大原記念病院をはじめとする複数の医療機関の協力を得て、実証試験を実施しています。今後、INOMERでは、現場での検証を重ねたうえでさらに開発を促進させ、片まひで苦しむ人々の身体動作のより効果的・効率的な改善に貢献していきたいと考えています。

※1:片まひ

脳卒中による身体の片側に筋力の低下または運動機能の喪失のこと。全国の患者数は120万人以上にのぼる(厚生労働省2020年の脳血管疾患数約174万人、そのうち片まひ約70%としての試算)。

■実証実験に協力してくださっている施設(五十音順)

京都大原記念病院・高井病院・脳梗塞集中リハビリセンター・東住吉森本リハビリテーション病院

■実証実験施設からのコメント

京都大原記念病院(京都府京都市)

股関節の進展をアシストしてくれるため、歩行時に殿部が後退する患者さんに効果を発揮してくれるのではないかと期待しています。また、歩行時以外でも段差の昇降や片脚立位の訓練での活用にも効果の可能性を感じました。

社会医療法人 高清会 高井病院(奈良県天理市) 理学療法士

こんなふうに歩行練習がしたい、という患者さんの希望にこたえることができました。ロボットを装着した状態で継続的に歩行練習を行うと、外したあとでも効果が持続し、歩容が改善されました。

社会医療法人 生長会 脳梗塞集中リハビリセンター(大阪府泉佐野市・堺市)

ロボットのアシストが、股関節の伸展を促すため、歩幅が自然に広がり、歩行速度が向上しました。また、ロボットの形状に可変性があり、関節に変形がある患者さんでも装着が可能で、汎用性があると感じました。なによりも構造がシンプルであり、簡単にすばやく、装具のように着脱することができるので、セラピストも負担を感じることなく活用することができました。

医療法人橘会 東住吉森本リハビリテーション病院(大阪府大阪市)

歩行練習の際に介助をしながら歩行することが多いですが、毎回適した歩行周期に一定した介助を行うことは困難です。しかし、この機器を用いれば、一定した強度で歩行介助を行うことができ、療法士のスキルの差を埋めることができます。

■代表取締役CEOプロフィール

桂 典史(かつら のりちか)

1974年、名古屋生まれ。同志社大学大学院修了。シャープ株式会社に入社、複合機の開発・量産に携わったのち、株式会社ATOUNに参画。ゼロイチの新規事業であったアシストスーツの開発および量産立ち上げを統括し、3機種を量産化。株式会社SHIN-JIGENでは創業に伴い、CDO(chief development officer)に就任。力を加えるだけではなく、生来のアビリティーを引き出す新しいウェアラブルロボットでリハビリテーションにイノベーションを起こすべく、2024年4月に株式会社INOMERを設立。奈良合気会師範代。

■会社概要

名称  :株式会社INOMER

住所  :〒631-0801 奈良県奈良市左京6丁目5-2

代表者 :代表取締役CEO 桂 典史

設立  :2024年4月3日

企業説明:着るロボットによる”力と技のアシスト”で人の身体能力を補完・拡張し、望むパフォーマンスをだれもが発揮できる世界の実現をめざす。片まひ者向け「歩行リハビリテーション」用の着るロボットを開発・販売。

URL  :https://inomer.co.jp/

■本リリースについてのお問合せ先

株式会社INOMER

Eメール:info-web[at]inomer.co.jp

※[at]を@に変更ください。

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
運営会社 株式会社VOIX(https://voix.co.jp/
所在地 東京都港区虎ノ門5-11-15
代表者 代表取締役 室塚 博史
代表取締役 神武 弘徳
事業内容 ニュースメディア「VOIX(ボイス)」の運営
AIリード獲得・集客支援 事業
保険事業向けAI集客「VOIX-I」事業
FinTech Innovations 事業
既存ビジネスのデジタル化支援 事業
オウンドメディア企画・開発支援 事業
プレスリリース 無料 配信 事業
AIリードジェネレーションの研究開発
採用情報 【求人】在宅 Webライター 募集
お問合せ https://voix.jp/contact/
【VOIX 人気の記事】

プレスリリース 無料のサービス一覧
中小企業の「SDGs宣言」とは、SDGsの意味や目標を知ろう
医師とチャットで相談できるサービス
オンライン 音楽室と音楽教室 2024
映画をクレジットカードで割引きできる優待特集
イオンカードで映画を1000円に割引するやり方
GMOあおぞらネット銀行と住信SBIネット銀行を比較
法人カードは年会費無料がおすすめ
法人カードをおすすめしたい中小企業 最強の特徴
法人カード マイル最強はどれ?
個人事業主にクレジットカードをおすすめしたい理由とは
副業にクレジットカードをおすすめする理由とは
三井住友 ビジネスオーナーズ 2枚持の評判を口コミから分析
アメックスもOK、”請求書カード払い”のおすすめを比較
クレジットカードがおすすめの初心者の条件とは
無料クレジットカードの最強はどれ?
クレジットカードはナンバーレスがおすすめの理由
カードレス クレジットカードのおすすめ理由は”郵送なし”
クレジットカードが即日発行できるデジタル アプリ 特集
ナンバーレスカードのデメリットは”めんどくさい”
イオンカード 入会キャンペーン 特集
三井住友カードのお得な作り方は新規入会特典
三井住友ナンバーレスの違いを評判から分析
「ウエルシアカード」イオンカードの違いを比較
JCB W キャンペーン 入会特典でお得に作る
PayPayカードは即日発行してすぐ使える
住信SBIネット銀行の法人口座開設キャンペーンコード
コンビニでもすぐ使える、最新 審査なし 後払いアプリ 特集
プラチナプリファード キャンペーンで年会費無料にする方法
三井住友カード ゴールド キャンペーンで初年度無料にする方法
楽天モバイルのデメリット

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部記者

VOIX編集部記者

ページトップへ