株式会社スマリテが無人小売システム「スマリテ」をリリース、HACCP自動管理でフードロス削減に貢献

VOIX編集部記者VOIX編集部記者 公開 ニュース
株式会社スマリテが無人小売システム「スマリテ」をリリース、HACCP自動管理でフードロス削減に貢献

「スマリテ」をリリース

「スマリテ無人小売システム」は、HACCP管理を自動化し、生鮮食品の24時間完全無人販売を実現します。クラウド管理システムにより、消費期限切れ商品の遠隔監視と自動販売制限が可能です。
これにより、人員の常駐や定期巡回が不要となり、食品衛生法の要件を満たしながら、効率的かつ安全な無人販売を提供します。

このニュースのポイント
  • HACCP管理を自動化し、生鮮食品の24時間無人販売を実現。
  • クラウド管理システムにより遠隔監視と自動販売制限が可能。
  • 従来の無人店舗の課題を解決し、人件費削減にも貢献。

<以下リリース>

無人小売システム「スマリテ」、HACCP自動管理で「生鮮食品の24時間・完全無人販売」を実現。フードロス削減にも貢献

店舗管理者の常駐や定期巡回も不要で、消費期限切れ商品の「遠隔監視」と「自動販売制限」の機能を搭載した「無人店舗・無人販売機・自動販売機の次世代モデル」

株式会社スマリテ(東京都中央区)が開発する無人小売基幹システム「スマリテ」は、販売期限の短い生鮮食品・日配品・弁当などのHACCP管理を、業界で初めて自動化しました。HACCP規定における厳格な「温度管理」・「賞味期限管理」に加えて「自動販売制限」機能を搭載。クラウド管理システムがリアルタイムでモニタリングし、全てのロケーションを一括で遠隔管理することが可能です。これにより、従来は困難であった”消費期限の短い生鮮食品”の無人販売が実現します。

※イメージ

【無人販売・無人店舗のための食品衛生法およびHACCP管理】

食品の小売業においては、食品販売業の届出または営業許可の取得が求められ、厳格な「HACCPに基づく衛生管理」の実施が必要です。特に弁当・総菜・牛乳・乳製品・肉・魚・野菜・果物などの生鮮食品を販売する場合、「温度管理」・「消費期限管理」の徹底が求められます。また「消費期限切れの商品がユーザーに販売されることを防ぐための仕組み」を構築する必要があります。

■既存の「無人店舗」が抱える課題

従来の無人(セルフ決済)店舗では、24時間「完全無人」で温度管理や消費期限の監視、期限切れ品の即時撤去を行うことが困難とされていました。そのため、法令遵守のためにバックヤードに人員を常駐させる必要があり、人件費削減や人手不足の問題は解決できず、単なる省人化にとどまっていました。

■次世代モデル「スマリテ」による課題解決

「スマリテ」は管理業務の全クラウド化による自動化・無人化を実現しており、HACCP規定を遵守した「食品販売業の完全無人化ソリューション」を提供します。

例えば、期限切れ商品が陳列されている場合や温度基準が規定外に達した場合、システムが自動的に販売を停止し、管理者に通知します。これにより、食品衛生法の厳格な要件を満たすことができます。

【HACCP規定を遵守するために必要な機能】
1. 消費・賞味期限監視
2. 営業時間管理
3. 自動販売停止機能

■「スマリテ」の独自性・優位性

「スマリテ」は、法令を遵守したうえで、商品を安心安全かつ24時間・完全無人で提供するための以下機能を搭載しています。

  • HACCP対応機能:消費期限監視、営業時間管理、自動販売停止(RFID管理の場合)運営用アプリ:棚入、棚出、在庫管理、商品登録状態監視機能:温度遠隔監視、解錠・施錠管理クラウド管理システム:売上、在庫、賞味/消費/販売期限の登録・削除機能

■参考:食品衛生法に関わる無人販売の区分

日配品、生鮮食品、冷蔵品の無人での販売方法は、以下の6つに区分されます。

①「スマリテ」無人小売方式

(都度購入/自動決済)

・日配品、生鮮食品、冷蔵品などオールジャンルに対応可能

ユーザーが期限切れ品を取得することは出来ないため

スタッフによる定期巡回や常駐は不要

②セルフ無人小売方式

(都度購入/任意決済)

・消費期限管理不可のためお菓子・飲料などに限定
③ウォークスルー方式

(都度購入/任意決済)

・ユーザーが消費期限切れ品を取得しないよう

バックヤードにスタッフの常駐が必要

④宅配BOX

(事前購入/事前決済)

・利用者が保管期限内に荷物を受け取る責任を負う
・保管期間や責任範囲の記載、契約が必要
⑤サブスク方式

(月次契約)

・冷凍食品がメイン
・消費期限リスクはサービス契約企業責任
⑥食品自動販売機 ・定期的な巡回による期限監視が必要

■無人小売基幹システム「スマリテ」とは

「スマリテ」は、国内初の無人小売基幹システムとして、代金未回収リスクやHACCP管理など、従来の無人業態が直面していたさまざまな課題を包括的に解決します。リアルタイムな販売、在庫管理、商品自動識別、自動課金決済、価格調整機能、PR動画配信システムなど、30以上の革新的な機能とサービスを搭載しており、小売業界のニーズに合った独自のソリューションを提供します。また法令法規を遵守し、安全かつ安心な無人販売環境を実現することに注力しています。「スマリテ」は、今後も小売業界の課題解決に向け、さらなる開発と機能向上に取り組んでまいります。

買い物アプリを使用して購入する場合

【スマリテの買い物フロー】※買い物アプリ使用の場合
1. 扉のQRコードをスキャン
2. 好きな商品を取り出す
3. 扉を閉める(5秒後に自動で決済)

■本リリースについてのお問合せ先

【株式会社スマリテ スマートリテール事業開発部】

・TEL:03-6821-8204

・Mail:info@smarite.co.jp

・URL:https://www.smarite.co.jp/

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
運営会社 株式会社VOIX(https://voix.co.jp/
所在地 東京都港区虎ノ門5-11-15
代表者 代表取締役 室塚 博史
代表取締役 神武 弘徳
事業内容 ニュースメディア「VOIX(ボイス)」の運営
AIリード獲得・集客支援 事業
保険事業向けAI集客「VOIX-I」事業
FinTech Innovations 事業
既存ビジネスのデジタル化支援 事業
オウンドメディア企画・開発支援 事業
プレスリリース 無料 配信 事業
AIリードジェネレーションの研究開発
採用情報 【求人】在宅 Webライター 募集
お問合せ https://voix.jp/contact/
【VOIX 人気の記事】

プレスリリース 無料のサービス一覧
中小企業の「SDGs宣言」とは、SDGsの意味や目標を知ろう
医師とチャットで相談できるサービス
オンライン 音楽室と音楽教室 2024
映画をクレジットカードで割引きできる優待特集
イオンカードで映画を1000円に割引するやり方
GMOあおぞらネット銀行と住信SBIネット銀行を比較
法人カードは年会費無料がおすすめ
法人カードをおすすめしたい中小企業 最強の特徴
法人カード マイル最強はどれ?
個人事業主にクレジットカードをおすすめしたい理由とは
副業にクレジットカードをおすすめする理由とは
三井住友 ビジネスオーナーズ 2枚持の評判を口コミから分析
アメックスもOK、”請求書カード払い”のおすすめを比較
クレジットカードがおすすめの初心者の条件とは
無料クレジットカードの最強はどれ?
クレジットカードはナンバーレスがおすすめの理由
カードレス クレジットカードのおすすめ理由は”郵送なし”
クレジットカードが即日発行できるデジタル アプリ 特集
ナンバーレスカードのデメリットは”めんどくさい”
イオンカード 入会キャンペーン 特集
三井住友カードのお得な作り方は新規入会特典
三井住友ナンバーレスの違いを評判から分析
「ウエルシアカード」イオンカードの違いを比較
JCB W キャンペーン 入会特典でお得に作る
PayPayカードは即日発行してすぐ使える
住信SBIネット銀行の法人口座開設キャンペーンコード
コンビニでもすぐ使える、最新 審査なし 後払いアプリ 特集
プラチナプリファード キャンペーンで年会費無料にする方法
三井住友カード ゴールド キャンペーンで初年度無料にする方法
楽天モバイルのデメリット

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部記者

VOIX編集部記者

ページトップへ