スキルブリッジ株式会社が「採用システムAI」のデモサイトをリリース

VOIX編集部記者VOIX編集部記者 公開 ニュース
スキルブリッジ株式会社が「採用システムAI」のデモサイトをリリース

「採用システムAI」のデモサイトをリリース

スキルブリッジ株式会社は、採用業務を支援する「採用システムAI」のデモサイトをリリースしました。このデモサイトでは、AIアバターによる面接と評価レポートの自動作成機能を無料で試せます。
同システムは、企業が採用活動を効率化するための多機能なSaaSサービスであり、履歴書のデータ化やAIアバター面接、評価レポート作成などを提供します。

このニュースのポイント
  • 「採用システムAI」デモサイトが無料で利用可能になりました。
  • AIアバターによる面接と評価レポートの自動作成機能を提供。
  • 企業の採用活動を支援する多機能SaaSシステムです。

<以下リリース>

AI面接と評価レポートの自動作成を無料で試せるデモサイトをリリース

採用業務を簡略化するサービスを他社に提供したい企業様へ

AI技術を使って企業の採用活動を支援するスキルブリッジ株式会社(所在地:神奈川県横浜市、代表取締役:佐藤 元輝)は、2024年7月8日、「採用システムAI」のシステム購入および他社販売を検討されているお客様に向けて、デモサイトをリリースしました。スキルブリッジでは、採用活動の業務工数を簡略化できるSaaSシステムをOEM販売しています。システムを購入したお客様が他社に提供できる機能は、履歴書のデータ化やAIアバターによる面接代行、評価レポートの自動作成による採用判断サポートです。今回、AIアバターによる面接と評価レポートの自動作成をデモサイトを通してお試しできるようになりました。

企業ホームページ  :https://skillbridge.co.jp/

デモサイト     :https://ats.skillbridge.co.jp/

システム販売サイト :https://skillbridge.co.jp/oem/

デモサイトで試せる2つの機能

1.AIアバターとの面接

今回、AIアバターとの面接をデモサイトにて提供開始しました。求人の閲覧や応募も含めて、応募者側の使用感を試せます。

2.評価レポートの自動作成

AIとの面接後、評価レポートを自動で作成する機能もお試しできるようになりました。面接の結果は、「協調性」や「勤勉性」といった評価項目ごとに点数化し、レーダーチャートで表示されます。さらに、評価項目ごとに評価の理由も併せてレポートします。

スキルブリッジの採用SaaSシステムの特徴

1.AIを使った採用システムを実装

AIによる履歴書の書き起こし、AIアバターとの面接、面接での会話の書き起こし、評価レポートの自動作成など、AIを使った採用システムを実装しています。

2.仕様策定や設計が不要

すでに機能を設計した状態です。ゼロから新しいシステムを開発する必要はありません。開発工数が少なくなり、開発までの期間とコストを大幅に削減できます。

3.構築後の保守サポート

システム開発後は、継続的な更新と保守まで実施します。お客様側で開発チームを保有する必要がなく、その分のコストがかかりません。技術的な問題や市場の変化に迅速に対応できるようサポートします。

4.カスタマイズと独自性

独自のデザインや機能を反映できます。既存サービスを土台とし、開発コストを抑えながら新機能の追加も可能です。

「採用システムAI」システム購入で他社に提供できる機能

「採用システムAI」では、デモサイトで利用できる2つの機能以外にも、面接に関するさまざまな機能を提供できます。

1.履歴書のデータ化

AIが履歴書を書き起こしてデータ化します。

2.面接の日程調整

システム上で簡単に面接の日程調整ができます。面接はAIが対応するため、企業側は期限を設定するだけです。応募者がシステム上で好きな日時を選び、面接を受けられます。

3.AIアバターによる面接

AIアバターが画面を通じてリアルタイムで応募者と会話していきます。面接の形式は、対人でのオンライン面接と同じです。会話はAIが状況に応じて生成していき、質問はパターン化しません。事前に準備した回答ではなく、その場で個人の考えを引き出せます。

また、アバターは表示なしも選択でき、音声のみでも利用可能です。

AI面接は、面接者の専門性に頼る必要がありません。そのため、専門職採用にも効果的です。技術的な職種や専門職におけるスキルのミスマッチを防ぎ、採用の効率性と正確性を高めます。

4.採用決定サポート

面接での会話は文字に書き起こされ、いつでも確認できます。さらに、数値化できない要素も含めた5つの評価項目に基づいて、レポートを作成していきます。具体的な評価項目は、以下の通りです。

  • 協調性
  • 勤勉性
  • 情緒安定性
  • 開放性
  • 外向性

AIを活用した客観的な分析とスコアリング機能を通して、面接官による採⽤基準の振れ幅を減らし、より適切な⼈材を選出できます。

また、AIによる分析は、時間を要しません。採⽤決定のスピードが上がり、優秀な候補者を競合他社より早く確保しやすくなります。

5.オリジナル面接作成

質問内容や回答方法など、より細かな項目を設定し、オリジナルの面接にカスタマイズできます。質問内容は、回答方法に関わらず自由に記述可能です。

AI面接のシステム販売にご興味をお持ちのご担当者さまは、下記リンクより、ぜひ一度お試しください。

※デモサイトのご利用には、アカウントの作成が必要です。

デモサイト     :https://ats.skillbridge.co.jp/

システム販売サイト :https://skillbridge.co.jp/oem/

商談のご予約        :https://timerex.net/s/admin_1bf1_b7ba/91df4a64

お問い合わせ    :https://share.hsforms.com/1lsSkrUnNRKWZtoqm075ldg5m6sq

企業ホームページ    :https://corporate.skillbridge.co.jp/

会社概要

スキルブリッジ株式会社

所在地:〒236-0017 神奈川県横浜市金沢区西柴1-7-13

代表 :佐藤 元輝

設立 :2023年11月29日

URL :https://skillbridge.co.jp/

メールアドレス:support-team@skillbridge.co.jp

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
運営会社 株式会社VOIX(https://voix.co.jp/
所在地 東京都港区虎ノ門5-11-15
代表者 代表取締役 室塚 博史
代表取締役 神武 弘徳
事業内容 ニュースメディア「VOIX(ボイス)」の運営
AIリード獲得・集客支援 事業
保険事業向けAI集客「VOIX-I」事業
FinTech Innovations 事業
既存ビジネスのデジタル化支援 事業
オウンドメディア企画・開発支援 事業
プレスリリース 無料 配信 事業
AIリードジェネレーションの研究開発
採用情報 【求人】在宅 Webライター 募集
お問合せ https://voix.jp/contact/
【VOIX 人気の記事】

プレスリリース 無料のサービス一覧
中小企業の「SDGs宣言」とは、SDGsの意味や目標を知ろう
医師とチャットで相談できるサービス
オンライン 音楽室と音楽教室 2024
映画をクレジットカードで割引きできる優待特集
イオンカードで映画を1000円に割引するやり方
GMOあおぞらネット銀行と住信SBIネット銀行を比較
法人カードは年会費無料がおすすめ
法人カードをおすすめしたい中小企業 最強の特徴
法人カード マイル最強はどれ?
個人事業主にクレジットカードをおすすめしたい理由とは
副業にクレジットカードをおすすめする理由とは
三井住友 ビジネスオーナーズ 2枚持の評判を口コミから分析
アメックスもOK、”請求書カード払い”のおすすめを比較
クレジットカードがおすすめの初心者の条件とは
無料クレジットカードの最強はどれ?
クレジットカードはナンバーレスがおすすめの理由
カードレス クレジットカードのおすすめ理由は”郵送なし”
クレジットカードが即日発行できるデジタル アプリ 特集
ナンバーレスカードのデメリットは”めんどくさい”
イオンカード 入会キャンペーン 特集
三井住友カードのお得な作り方は新規入会特典
三井住友ナンバーレスの違いを評判から分析
「ウエルシアカード」イオンカードの違いを比較
JCB W キャンペーン 入会特典でお得に作る
PayPayカードは即日発行してすぐ使える
住信SBIネット銀行の法人口座開設キャンペーンコード
コンビニでもすぐ使える、最新 審査なし 後払いアプリ 特集
プラチナプリファード キャンペーンで年会費無料にする方法
三井住友カード ゴールド キャンペーンで初年度無料にする方法
楽天モバイルのデメリット

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部記者

VOIX編集部記者

ページトップへ