フリー株式会社が「freee請求書」の新機能「PDFインポート機能(β版)」をリリース

VOIX編集部記者VOIX編集部記者 公開 ニュース
フリー株式会社が「freee請求書」の新機能「PDFインポート機能(β版)」をリリース

「PDFインポート機能(β版)」をリリース

「PDFインポート機能(β版)」は、基幹・販売管理システムから出力されたPDF請求書を自動で分割・送付する機能です。
複数の取引先宛の請求書が1つのPDFに連なった場合でも、送付先ごとに自動で分割し、効率よく電子送付が可能になります。

このニュースのポイント
  • 基幹システムから出力されたPDFを自動で分割・送付する機能を提供
  • 電子帳簿保存法にも対応し、効率的な電子送付が可能
  • freee請求書で中間プロセスを一元管理し、業務全体の効率化を推進

<以下リリース>

freee請求書、基幹・販売管理システムから出力したPDF請求書の分割・送付を可能にする『PDFインポート機能(β版)』をリリース

■マジ価値サマリー(このお知らせでお伝えしたいこと)
・複数の取引先宛の請求書が連なったPDFを自動で分割・送付する「PDFインポート機能(β版)」をリリースしました
・基幹システムから出力されたPDFデータを取り込むハードルを大幅に下げることで、効率の良い電子送付を可能にします
・統合flowのWork flowを通じて、基幹システムから他社会計システムへの仕訳登録までの中間プロセスをfreeeで一元管理し、業務全体の効率化を推進します

PDFで連なった請求書がfreee請求書上で送付先毎に自動分割されるPDFで連なった請求書がfreee請求書上で送付先毎に自動分割される

フリー株式会社(本社:東京都品川区、CEO:佐々木大輔、以下「freee」)は、請求書作成サービス「freee請求書」に新たに「PDFインポート機能(β版)」を追加しました。本機能により、複数の取引先宛の請求書が連なったPDFを送付先ごとに自動で分割・送付できるようになります。これにより、基幹システムや販売システムから出力したPDFデータを効率よく電子送付することができます。電子帳簿保存法にも対応しています。

請求書の発行において、基幹・販売管理システムを利用する企業が多く存在します。
これらのシステムは送付機能が備わっていないことも多く、発行した請求書を電子送付するには出力したPDF形式の請求書データを他の帳票発行システムに取り込む必要があります。しかし、基幹・販売管理システムでは送付先ごとに請求書(PDF)を出力できず、1つのPDFに全取引先分の請求書が連なって出力されるケースが多々あります。出力方法を変更するための基幹・販売管理システムの改修や自社での分割作業はコスト・作業の負担が大きく、PDFを取り込む際の大きな課題になっていました。

<機能概要>
今回追加された「PDFインポート機能(β版)」は、事前に設定したルールに基づき、基幹・販売管理システムから出力されたPDFを送付単位ごとに自動で分割できます。さらに、分割された請求書は、請求年月日・取引先名・請求金額などのデータが自動で取得され、freee請求書に反映されます。これにより、PDFをインポートするだけで簡単にPDFの電子送付や電子帳簿保存法への対応が迅速かつ効率的に行えます。

PDFの分割から送付までの流れは以下のリンクより体験いただけます。
https://app.storylane.io/share/dy0qkpzzoiqh

本機能に関する資料は下記よりダウンロードいただけます。
https://www.freee.co.jp/invoice/advance/features/pdf-import/

freee請求書の概要はこちら
https://www.freee.co.jp/invoice/advance/

■Work flowを改善
統合flowのWork flowにより、基幹システムから他社会計システムへの中間プロセス(請求書送付・債権管理・入金消込・仕訳作成)をすべてfreee請求書1つで効率的に行うことが可能です。freee請求書は企業のシステム間のデータ移行や手動作業の削減に寄与し、業務全体の効率化を推進します。freeeは、統合flowのWork flowを通じて、企業の業務プロセスを一元化し、革新的なソリューションを提供し続けます。

※「統合flow」とは、freeeの製品を開発していく基盤を指し、創業時から継続してきた設計思想を組み合わせたフレームワークの総称です。詳細は以下をご参照ください。
https://corp.freee.co.jp/news/freeetogoworld2024report.html

■フリー株式会社 概要
会社名  フリー株式会社
代表者  CEO 佐々木大輔
設立   2012年7月9日
所在地  〒141-0032 東京都品川区大崎1-2-2アートヴィレッジ大崎セントラルタワー 21階
https://corp.freee.co.jp/
<経営者から担当者にまで役立つバックオフィス基礎知識>:https://www.freee.co.jp/kb/
<フリー株式会社 採用サイト>:https://jobs.freee.co.jp/

freeeは「スモールビジネスを、世界の主役に。」というミッションのもと、だれもが自由に経営できる統合型経営プラットフォームを実現します。日本発のSaaS型クラウドサービスとして、パートナーや金融機関と連携することでオープンなプラットフォームを構築し、「マジ価値」を提供し続けます。

<以上>


関連▶freeeカード Unlimitedは年会費が評判

【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
運営会社 株式会社VOIX(https://voix.co.jp/
所在地 東京都港区虎ノ門5-11-15
代表者 代表取締役 室塚 博史
代表取締役 神武 弘徳
事業内容 ニュースメディア「VOIX(ボイス)」の運営
AIリード獲得・集客支援 事業
保険事業向けAI集客「VOIX-I」事業
FinTech Innovations 事業
既存ビジネスのデジタル化支援 事業
オウンドメディア企画・開発支援 事業
プレスリリース 無料 配信 事業
AIリードジェネレーションの研究開発
採用情報 【求人】在宅 Webライター 募集
お問合せ https://voix.jp/contact/
【VOIX 人気の記事】

プレスリリース 無料のサービス一覧
中小企業の「SDGs宣言」とは、SDGsの意味や目標を知ろう
医師とチャットで相談できるサービス
オンライン 音楽室と音楽教室 2024
映画をクレジットカードで割引きできる優待特集
イオンカードで映画を1000円に割引するやり方
GMOあおぞらネット銀行と住信SBIネット銀行を比較
法人カードは年会費無料がおすすめ
法人カードをおすすめしたい中小企業 最強の特徴
法人カード マイル最強はどれ?
個人事業主にクレジットカードをおすすめしたい理由とは
副業にクレジットカードをおすすめする理由とは
三井住友 ビジネスオーナーズ 2枚持の評判を口コミから分析
アメックスもOK、”請求書カード払い”のおすすめを比較
クレジットカードがおすすめの初心者の条件とは
無料クレジットカードの最強はどれ?
クレジットカードはナンバーレスがおすすめの理由
カードレス クレジットカードのおすすめ理由は”郵送なし”
クレジットカードが即日発行できるデジタル アプリ 特集
ナンバーレスカードのデメリットは”めんどくさい”
イオンカード 入会キャンペーン 特集
三井住友カードのお得な作り方は新規入会特典
三井住友ナンバーレスの違いを評判から分析
「ウエルシアカード」イオンカードの違いを比較
JCB W キャンペーン 入会特典でお得に作る
PayPayカードは即日発行してすぐ使える
住信SBIネット銀行の法人口座開設キャンペーンコード
コンビニでもすぐ使える、最新 審査なし 後払いアプリ 特集
プラチナプリファード キャンペーンで年会費無料にする方法
三井住友カード ゴールド キャンペーンで初年度無料にする方法
楽天モバイルのデメリット

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集部記者

VOIX編集部記者

ページトップへ