SeeQVault(シーキューボルト)対応 外付けハードディスクをエレコムが発売

VOIX編集チームVOIX編集チーム ニュース
エレコムの「SeeQVault(シーキューボルト)対応」外付けハードディスクの画像

 

法人カード おすすめ 特集

法人カード 審査 を専門家が解説

エレコム、「SeeQVault(シーキューボルト)対応」外付けハードディスクを11月下旬から新発売

エレコム株式会社(本社:大阪市中央区、取締役社長:葉田順治)が、テレビやレコーダーを買い換えても録画した番組を引き継げ、同一メーカーの対応機器間なら自由に録画番組を視聴可能な「SeeQVault(シーキューボルト)対応」の外付けハードディスクを11月下旬より発売する。

NTTファイナンスBizカード レギュラーを解説

三井住友ビジネスカード for Owners を解説

プラチナビジネス アメックス 審査 を解説

<以下、リリース>

テレビやレコーダーを買い換えても録画番組を引き継げる!“SeeQVault”に対応した外付けハードディスクを新発売

対応機器間で自由に録画番組を視聴可能な外付けハードディスクを11月下旬より新発売いたします

エレコム株式会社(本社:大阪市中央区、取締役社長:葉田順治)は、テレビやレコーダーを買い換えた際、録画番組を引き継げる“SeeQVault”に対応した外付けハードディスクを11月下旬より新発売いたします。デスクトップハードディスクは長時間録画するユーザー向けに高容量モデルを用意しています。ポータブルハードディスクはコンパクトなボディなので、気軽に持ち運び、別の機器で番組を視聴できます。

【同一メーカーの対応機器間なら自由に録画番組を視聴可能】

SeeQVault(シーキューボルト)とは、同規格に対応した機器間での再生を可能とするコンテンツ保護技術です。テレビやレコーダーを買い換えても、SeeQVault対応機器で録画された番組は、次の新しい機器で再生が可能です(※1)。また、録画した番組は同一メーカーのSeeQVault対応機器間であれば、好きな場所のテレビに接続して再生することが可能です。

同一メーカーの対応機器間なら自由に録画番組を視聴可能-エレコム株式会社

テレビやレコーダーの機器が故障したとしても、同一メーカーの機種間なら機器を交換すれば、本製品に録画された番組は再生できます(※2)。

同一メーカーの対応機器間なら自由に録画番組を視聴可能-エレコム株式会社

【タテ置きヨコ置きが可能でファンレス設計】

ハードディスクの性能・寿命を維持するため、暖かい空気が上方に昇る熱の性質を考慮し、縦置きでも横置きでも、空気の流れを下方から上方に逃がす、ダブルデッキエアフロー構造を実現しました。ファンレス設計なので、耳障りな冷却ファンの騒音もありません。

タテ置きヨコ置きが可能でファンレス設計-エレコム株式会社

(※1):同一メーカー機種間に限ります。
(※2):4Kの録画映像の引き継ぎはできません。

■製品詳細

ELD-QEN2020UBK-エレコム株式会社

〈3.5インチ 2TB〉
型番:ELD-QEN2020UBK
オープン価格

〈3.5インチ 3TB〉
型番:ELD-QEN2030UBK
オープン価格

〈3.5インチ 4TB〉
型番:ELD-QEN2040UBK
オープン価格

〈3.5インチ 6TB〉
型番:ELD-QEN2060UBK
オープン価格

〈3.5インチ 8TB〉
型番:ELD-QEN2080UBK
オープン価格

〈2.5インチ 2TB〉
型番:ELP-QEN2020UBK
オープン価格

〈2.5インチ 4TB〉
型番:ELP-QEN2040UBK
オープン価格

詳細は下記URLより当社HPをご覧ください。
http://www.elecom.co.jp/news/new/20201020-03/

【エレコム株式会社 会社概要】

■会社名 :エレコム株式会社
■本社所在地 :大阪市中央区伏見町4丁目1番1号 LAタワー9F
■設立 :昭和61年(1986年)5月
■代表者 :取締役社長 葉田 順治

<参照元>

プレスリリース とは 、無料配信サイト 一覧

リファレンスチェック とは 、おすすめツール 比較

米国で人気 リモートワークツール 27選

 

金融・カード特集

広報・PRご担当者様へ

VOIX bizをフォローして最新情報をGET

記事ライター
VOIX編集チーム

VOIX編集チーム

ランキングニュースを中心に、今話題になっているリリース情報や・ビジネス情報を特集します。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ