法人向け「SDGs eラーニングサービス」を株式会社Dropが提供開始

虎さん<編集長>虎さん<編集長> ニュース リモートワーク
株式会社Dropが、SDGs eラーニングを提供開始

 

人気記事:中小企業向け 法人カード おすすめ

人気記事:法人カード 年会費無料 おすすめ

株式会社Drop、法人向け「SDGs eラーニングサービス」を提供開始

法人向けにSDGs研修・コンサルティングサービスを提供する 株式会社Drop(本社:大阪市北区、代表取締役 米田真介)が、企業がSDGs推進活動に取り組む第一歩となり、ビジネス文脈でSDGsを理解する機会づくりとして経営者・役員・役職者・一般社員の全関係者が理解しておくべき内容をわかりやすくまとめた法人向け「SDGs eラーニングサービス」を2021年3月にリリースする。

株式会社Drop SDGs eラーニングの特徴

  • SDGsコンサルティング会社の株式会社Dropが制作・監修
    上場企業から大手・中小企業のSDGsへの取り組みをコンサルティング支援、SDGsの基礎知識が理解できる研修を実施し、月間26万PVのアクセスがあるSDGs情報Webサイト「SDGs media」を運営する株式会社Dropが制作、監修する。
  • 自分のペースでどこでも学習可能
    SDGs eラーニングは、PC・スマートフォン・タブレットの全デバイスで視聴可能で、移動の電車内、仕事の待ち時間などちょっとした時間で学習できる。
  • 提供期間は30日間限定
    SDGsの経営への統合を目指す最初のステップ「SDGsを理解する」に時間をかけすぎず効率よく短期間でSDGsを理解できるよう30日間に限定したサービス。
  • 学習前後の理解度を採点して疑問・質問にも回答
    全関係者のSDGs理解度に与えた影響を測るため、学習前後にアンケートを実施、社内のSDGs浸透度合いを可視化できる。

SDGs eラーニングのコンテンツで扱うトピック例

  • SDGsの基本知識と概要
  • 大人より子どもの方がSDGsに詳しい理由
  • 学校教育とSDGsの関係性
  • ESG投資の基本知識と概要
  • SDGsに取り組む企業のメリット
  • SDGsに取り組まない企業のデメリット
  • 企業のSDGs取り組み事例
  • 就活生の企業選び基準とSDGsの関係性

株式会社Drop 会社概要

  • 会社名:株式会社Drop
  • 所在地:大阪府大阪市北区大深町1-1 LINKS UMEDA 8階 WeWrok内
  • 代表者:代表取締役 米田 真介

<参照元>


金融・カード特集

広報・PRご担当者様へ

VOIX bizをフォローして最新情報をGET

記事ライター
虎さん<編集長>

虎さん<編集長>

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ