チケットの半券NFT販売サービス「Digitama Stubs」の提供をZAIKO株式会社が開始

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん ニュース
NFTチケットプロダクト「Digitama Stubs」がローンチ

ZAIKO株式会社がNFT化されたチケットの半券を購入できる「Digitama Stubs」の提供を開始

電子チケット販売プラットフォーム「ZAIKO」の ZAIKO株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:Malek Nasser)が、NFT化されたイベントチケットの半券(Stub)を購入できるサービス「Digitama Stubs」の提供を開始した。

「Digitama Stubs」とは

「Digitama Stubs」は、ZAIKOでチケットを購入する際に、NFT化された半券 (=Stub)を同時に購入することで、電子チケットの半券をコレクションできるチケットサービス。

コレクターが紙のチケットの半券を集めるのと同じように、ファンがZAIKOでチケットを購入する際に、ZAIKOが運営するDigitama内でNFTを用いてウェブ上で自分の購入したチケットの半券をコレクションできるようになり、購入した「Digitama Stubs」は、ZAIKOアカウントと紐づいたDigitamaアカウントにログインすることでいつでも確認が可能。

クリエイターはZAIKOでチケットを販売するのと同じ労力で「Digitama Stubs」の販売を新たに追加することができ、チケット販売収益に加えて「Digitama Stubs」でも副次的に収益が追加され、収入増が期待できる。

ZAIKO株式会社は、電子チケットを中心にクリエイターとファンが直接繋がることができるプラットフォーム(Direct to Fan=D2Fモデル)をコンセプトに、クリエイターファーストのサービスの提供に注力しており、主催者は「Digitama Stubs」購入者限定でサンクスメッセージを送付したり、限定のチケット販売などを行うことができ、ファンとのコミュニケーションがよりしやすくなる。

現在は限定的に一部先行して「Digitama Stubs」の販売をスタート、来年初頭目処でZAIKOを利用する全ての主催者が「Digitama Stubs」の販売設定をできるように開発を進めており、ZAIKOで販売される会場チケット、オンラインチケット両方に対応しており、全てのイベントチケットで利用が可能になる。

<公式ページ>

<リリース>

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ