貸し暗号資産サービス「HashHubレンディング」を正式リリース

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん ニュース
貸し暗号資産サービス「HashHubレンディング」を正式リリース

株式会社HashHubが貸し暗号資産サービス「HashHubレンディング」を正式リリース

株式会社HashHub(本社:東京都文京区)が、貸し暗号資産サービス「HashHubレンディング」正式版を公開した。

「HashHubレンディング」とは

HashHubレンディングは、ユーザーが保有している暗号資産等(BTC、ETH、DAIやUSDC)を貸し出しながら貸借料を得られる貸し暗号資産サービス。

貸し暗号資産サービスとしては、国内最高水準の年率で、お手持ちの暗号資産を増やすことができ、ダッシュボードにて資産状況の確認、暗号資産の貸出し・引出しが簡単に行える。

今回正式リリースされたのは個人向けで、法人向けの正式リリースは現在準備中となっている。

「HashHubレンディング」先行リリース版の実績

先行リリース版サービス提供期間における1年間の提示貸借料率の実績は以下の通りとなる。

「HashHubレンディング」先行リリース版の実績

「HashHubレンディング」先行リリース版の実績

<公式ページ>

<リリース>

タグ:

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ