VoC活用プラットフォーム「シーズボックス」β版をDX-Works株式会社がリリース

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん ニュース
VoC活用プラットフォーム「シーズボックス(β版)」

DX-Works株式会社がVoC活用プラットフォーム「シーズボックス(β版)」をリリース

DX-Works株式会社(住所:東京都千代田区、社長:代表取締役 高橋和樹)が、VoC活用プラットフォーム「シーズボックス(β版)」をリリース、10社限定でモニター企業の募集を開始した。

「シーズボックス(β版)」とは

シーズボックスは製品フィードバックを統括して管理するVoC(Voice of customer)活用プラットフォーム。

意見箱×コミュニティの機能を提供し、ユーザーと共に創る開発フィードバックループを実現する。

「シーズボックス(β版)」の主な機能

  • コミュニティ機能
    要望を投稿し、コメント、いいね機能によって、双方向のコミュニケーションを実現し、課題のインサイトを深める。
  • 課題の優先度表示
    いいね数、コメント数のエビデンスにより、課題の優先度判断を見える化する。
  • 開発タスク連携
    開発チケットツールと連携することにより、課題のステータスの見える化を可能とする。

<公式ページ>

<リリース>

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ