後払い型決済アプリ「Tポイント×QUICPay(クイックペイ)」登場

VOIX編集長 虎さんVOIX編集長 虎さん ニュース
後払い型決済アプリ「Tポイント×QUICPay(クイックペイ)」登場

Tポイントがたまる、後払い型決済アプリ「Tポイント×QUICPay(クイックペイ)」登場

カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社 グループ会社の株式会社Tマネー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:北村和彦)と新生銀行グループで 年会費無料法人カード などの事業を手掛ける株式会社アプラス(東京本部:東京都千代田区、代表取締役社長:清水哲朗)が共同で、新生銀行グループが提供するネオバンク・プラットフォーム「BANKIT®(バンキット)」を活用した新サービス「Tポイント×QUICPay」の提供とキャンペーンを2022年2月14日から開始する。

「Tポイント×QUICPay」とは

「Tポイント×QUICPay」のロゴ画像

「Tポイント×QUICPay」は、iPhoneやApple WatchをかざすとApple Payとして非接触で後払い型決済が可能になり、Tポイントもたまるカードレスの決済アプリ。

iPhoneに「Tポイント×QUICPay」アプリをダウンロードして後払いチャージの申し込み手続きをして、本人確認およびアプラスによる最短即日審査が完了すると、全国のスーパーやコンビニエンスストア、ドラッグストア、ショッピングモール、レストラン、家電量販店などで後払いの非接触決済ができる。

「Tポイント×QUICPay」の申し込みの流れ

  1. App Storeより「Tポイント×QUICPay」アプリをダウンロード
  2. ユーザー登録後にTカード番号が登録されたYahoo! JAPAN IDで認証
  3. 本人確認書類・本人容貌を撮影し本人確認(最短即日完了)
  4. 本人確認完了後、申込情報入力・銀行口座登録後審査(最短数分で完了)
  5. 審査が完了後に「Tポイント×QUICPay」が発行完了
  6. 後払いチャージをすると利用できる

「Tポイント×QUICPay」の利用方法

  1. 「Tポイント×QUICPay」は、「QUICPay+(クイックペイプラス)™」の対応店舗ではApple PayとしてiPhoneやApple Watchを使って支払いができる。
  2. 「Tポイント×QUICPay」は、「VISAのタッチ決済」の対応店舗も支払いができる。
  3. 「Tポイント×QUICPay」は、「Visa」のオンライン決済に対応しているウェブやアプリでも利用できる。
  4. 「Tポイント×QUICPay」は、全国のセブン銀行ATMからキャッシングチャージ残高を現金で引き出すこともできる。

「Tポイント×QUICPay」はTポイントがたまる

「Tポイント×QUICPay」は、利用金額200円につきTポイントが1ポイントたまる。

今春にはたまったTポイントを使って「Tポイント×QUICPay」へ1ポイント=1円分としてチャージできるようになるという。

「Tポイント×QUICPay」のチャージ方法

「Tポイント×QUICPay」は、後払い(一括・分割・リボ払い)の銀行引き落としによるチャージが可能。

「Tポイント×QUICPay」のチャージ金額

「Tポイント×QUICPay」の後払いチャージは1円単位で1回最低1,000円から最大10万円まで可能(キャッシングチャージは、1万円単位で1回1万円から最大10万円まで)。

「Tポイント×QUICPay」の利用可能金額

「Tポイント×QUICPay」は、1円以上~残高の範囲内の金額で利用可能。

「Tポイント×QUICPay」キャンペーン

「Tポイント×QUICPay」キャンペーン

「Tポイント×QUICPay」キャンペーン期間

2022年2月14日(月)~5月31日(火)

「Tポイント×QUICPay」キャンペーン内容

「Tポイント×QUICPay」キャンペーンの期間中、「Tポイント×QUICPay」の利用手続き(おたすけチャージ+(プラス)(カードレスのクレジットカード)入会)完了でもれなくTポイントを500ポイントプレゼント。

「Tポイント×QUICPay」キャンペーン プレゼント付与タイミング

「Tポイント×QUICPay」キャンペーンでプレゼントされる、Tポイント500ポイントの付与は、利用手続き完了月の翌月を予定。

<公式ページ>

<リリース>

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ:

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集長 虎さん

VOIX編集長 虎さん

ビジネスニュースにフォーカスし、"次の時代を作るサービス"を特集します。重点領域は「金融」「テレワーク」「スタートアップ」。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ