ラクスル株式会社が「ラクスル ノベルティ」内で「Visa ギフト vanilla」の販売を開始

VOIX編集チームVOIX編集チーム ニュース マーケティング
ラクスル株式会社が「ラクスル ノベルティ」内で「Visa ギフト vanilla」の販売を開始
ラクスル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長CEO:松本恭攝)は、インコム・ジャパン株式会社(東京都新宿区、代表取締役社長:荒井 琢麿、以下インコム)と提携し「ラクスル ノベルティ」内で「Visa ギフト vanilla」の販売を開始いたします。

カジュアルからフォーマルまでギフトとして需要の高い「Visa ギフト vanilla」を、オリジナルデザインで小ロット制作、かつECのみで発注完結できる提携先サイトとしては、「ラクスル ノベルティ」が国内初の業務提携となります。
お祝いやビジネスの場など、様々なシーンに合わせたギフトとしてご利用いただけることを期待しております。ラクスルでは、今後もラインナップの幅を広げノベルティ・ギフトの拡充を目指してまいります。

Visa ギフト vanilla取扱い開始の背景

昨今の流通及び販売形態の多様化に伴い、Eコマースの規模は年々増加し、EC化が進んでいます。一方で、ノベルティやオリジナルグッズの制作では、対面営業やカタログ発注が一般的であり、価格や納期のわかりづらさ、限定的な品揃えの中から商品を選ばざるを得ないことが多いという課題がありました。

ラクスルでは、ノベルティ・オリジナルグッズを気軽に、豊富な種類の中から選んでいただきたいという考えのもと、プラットフォームとして商品の取扱い数の拡大やメーカーブランドと提携を行っています。

ギフトカードやギフトコードは、送る相手を選ぶことなく、喜んでもらいやすいアイテムとして、人気のあるノベルティです。これまで「Visa ギフト vanilla」は大口発注される法人のお客様より、直接販売のみでオリジナルデザインのギフトカードをご提供されてきました。この度のラクスル ノベルティとの提携により、小ロットかつ、ECのみで発注が完結するご提供方法が可能となりました。

ご入用数が少数であっても、オリジナリティ溢れるノベルティ・ギフトを制作できるプラットフォームとして、幅広い製品ラインナップを用意し、今後もご利用いただきやすいサービスを運営して参ります。

Visa ギフト Vanilla 商品概要

Visa のギフト「Visa ギフト vanilla」は、Visa 加盟店で使える Visa のプリペイドギフトです。ギフトコードタイプの「Visa e ギフト vanilla」とカードタイプの「バニラ Visa ギフトカード」の二種類があります。

どちらもクレジットカードと同じように使えます(ギフトコードタイプの Visa e ギフトは、オンライン専用です)。Visa ブランドならではの圧倒的利用先と購入金額が自由に設定できる柔軟性が高く評価され、国内の大手・中小様々な企業にて、キャンペーン景品やインセンティブとしての採用実績があります。一般企業に加え、金融機関・病院・学校・労働組合等でも幅広くご利用いただいています。

商品名

①Visa e ギフト vanilla

「Visaのカード番号」のコード印字がされたデジタルギフトカードです。
インターネットショッピングでVisaとしてご利用いただけます。

(制作イメージ)

②バニラ Visa ギフトカード

カードタイプのプリペイド式ギフトです。
クレジットカードと同じように、店頭やインターネットショッピングでVisaとしてご利用いただけます。

※印刷面はカードではなくオリジナル封筒となります。

(制作イメージ)

  • 金種:500円・1,000円・3,000円・5,000円・10,000円・30,000円・50,000円・100,000円 計8種
    (封筒カードタイプは3,000円以上から)
  • 最低発注金額
    【Visa eギフト vanilla】 オリジナルカード 500円×10枚 ¥35,250
    【バニラVisaギフトカード】 オリジナル封筒 3,000円×10枚 ¥60,000
  • 販売開始日:2022年6月22日(水)

提携パートナー企業について

インコム・ジャパン株式会社 イシュイング・サービス部 平井修一 氏

当社が展開しているVisaのギフト「Visa ギフト vanilla」は、Visa加盟店(eギフトはwebのみ)であればどこでも使える高い汎用性が特徴のギフトカード、デジタルギフトです。主に法人様におけるキャンペーンやインセンティブ、創立記念品、臨時ボーナスなどにご活用いただいております。
 

これまでは、大口での扱いのみだったため、小ロット希望のお客様には販売をお断りしていた状況でした。今回のラクスル様との提携により、オリジナルデザインのラッピング等を小ロットからご提供できるようになりました。
ラクスル ノベルティの認知度の高さ、商品ラインアップも多く、ギフトカードの取扱実績があることから、安心して提携し、たくさんのお客様に商品を届けられることを魅力に感じています。

今後も価値ある商品・サービスをラクスル様と開発していきたいと思っております。

インコム・ジャパン株式会社について

米国ジョージア州アトランタに本社を置くPOSAカード流通事業者の日本法人です。POSAカードの特許技術を複数有しており、2008年よりPOSAカード流通事業を開始しました。現在、国内の総取扱店舗数は約65,000店舗、コンビニエンスストアやドラッグストア、家電量販店、スーパー、ディスカウントストア等大手小売企業のPOSレジと接続しPOSA事業を展開しています。
カード発行事業を2016年より開始し、2017年にはPOSレジでのQR/バーコード決済のアクワイアリング事業に参入しました。

会社概要

  • 設立:2008年1月
  • 代表取締役:荒井琢麿
  • 所在地:東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル41F
  • URL:https://incomm.jp

ラクスルのノベルティ・グッズ制作事業について

印刷・集客のシェアリングプラットフォームで培った経験を活かし、これまでノベルティ・オリジナルグッズ制作において課題であった価格や納期を一目で確認でき、幅広い商品数を早く、低価格でお客様に提供することを考えサービスを展開しています。

年間制作数は既に300万点を突破し、多くの皆様にご利用いただいています。今後も皆さまにご利用いただけるノベルティ・グッズ制作のプラットフォームとして便利な機能やサービス・商品の開発を進めてまいります。

 ▼ノベルティURL

ラクスル株式会社とは

「仕組みを変えれば、世界はもっと良くなる」という企業ビジョンのもと、印刷や物流、広告といったデジタル化が進んでいない伝統的な産業にインターネットを持ち込み、産業構造を変えることで、より良い世界にすることを目指します。現在ではネット印刷・集客支援のプラットフォーム「ラクスル」、物流プラットフォーム「ハコベル」、広告のプラットフォーム「ノバセル」、コーポレートITの「ジョーシス」のサービスを提供しております。

ラクスルが取り組む”産業DX”

私たちは、シェアリングプラットフォームによる取引の効率化、ソフトウェア(SaaS)による業務の効率化、それらに基づく付加価値サービスの3つを統合したプラットフォームの構築により、バーティカルに各産業の課題を解決し生産性・収益性の高い業界に変革していきます。ラクスル株式会社は産業変革者として、デジタル化が進んでいない伝統的な産業に対して、統合バーティカルプラットフォームを通じてDXを推進し、世界をより良いものにしていきます。




広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集チーム

VOIX編集チーム

ランキングニュースを中心に、今話題になっているリリース情報や・ビジネス情報を特集します。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ