株式会社スイッチメディアがCM出稿効果改善サービス「TVAL(ティーバル)」をリリース

VOIX編集チームVOIX編集チーム ニュース マーケティング
株式会社スイッチメディアがCM出稿効果改善サービス「TVAL(ティーバル)」をリリース

テレビCM効果改善のDXを推進するスイッチメディア、テレビCMを売上につなげるための新SaaS「TVAL(ティーバル)」の提供を開始!

買ってほしい人にCMが届いたかどうかを可視化。デジタルマーケティングのようなKPI管理で次の打ち手につなげる

テレビCM効果改善のDXを推進する株式会社スイッチメディア(代表取締役社長 高山 俊治、以下「スイッチメディア」)は、テレビCMと商品購入の関係を可視化し、CM出稿を売上につなげるための打ち手が分かることで効果改善のPDCAを回すことができるクラウド型サービス「TVAL(ティーバル)」の提供を開始いたしました。
本サービスには、2021年5月に業務提携を発表したインテージ社と共同開発した新テレビ視聴パネルデータを搭載しております。本データは、国内最大級※1のテレビ視聴パネルデータであり、インテージ社の協力により同一対象者から収集した購買履歴やパソコン・スマートフォンの閲覧履歴の実データを活用できることで、精度の高いテレビ視聴データと信頼性の高い購買データの掛け合わせで分析を行うことが可能になります。

TVAL(ティーバル)のサービスロゴ

TVAL(ティーバル)のサービスロゴ

TVAL(ティーバル)の画面イメージ

TVAL(ティーバル)の画面イメージ

TVAL(ティーバル)開発の背景

マーケティングにおいてテレビCM単体で考えられることは少なくなり、テレビCMとデジタル広告を統合的に考えることは当たり前になっています。しかし、テレビCMには大きな課題が2つありました。

1つ目は指標の課題です。デジタル広告とは異なり、テレビCMでは視聴率やGRP、TRPなど容易には解釈しにくい独自の指標が用いられてきたため、テレビCMとデジタル広告の効率を横並びで比較することは非常に困難でした。TVALでは、デジタル広告のようにターゲットを詳細に絞り込んだ上で、そのターゲットセグメントで「何人」が「何回」視聴したのかを可視化することができます。出稿金額に対するターゲットの視聴単価を簡単に見ることができるため、デジタル広告との効率の比較が初めて可能になります。

2つ目はCMが売上に貢献しているのかどうか分からないという課題です。TVALでは購買の実データと同一対象者のテレビ視聴パネルからデータを取得することで、長らくブラックボックスであったテレビ視聴と商品購入の関係を解き明かすことに取り組んでいます。2方向のデータ活用方法があり、1つは実際に同カテゴリの商品を購入している潜在顧客がどんな番組を見ているのかを可視化して出稿プランニングに活用すること、もう1つはテレビCMを視聴した人が実際に商品を購入したのかの分析や延べCM視聴回数と購買量との相関の分析に活用することです。このテレビCM視聴と商品購入の関係を明らかにする取り組みこそがインテージ社との協業の価値であり、インテージ社と共同で広告主の皆さまの長年の課題に向き合っていきます。

TVAL(ティーバル)の特長

  1. デジタルマーケティングのようなKPI管理を実現    詳細な属性でセグメントされたターゲット層について、インプレッション単価やCPV(視聴単価)等、YouTube広告と比較しやすいテレビCMの指標を最短翌日からいつでもお手元のPCで確認できます。
  2. 商品ターゲットのペルソナと同じ属性ターゲットを設定可能   趣味・嗜好、生活環境、購買やデジタルメディア接触の実データから詳細な属性ターゲットを設定することができます。インテージ社の独自の購買データ(SCI)、デジタルメディア接触データを用いたセグメント別にCM視聴状況を可視化できます。
  3. テレビCMの視聴と商品購入の関連を分析   同カテゴリの商品をよく購入している層が、どういう番組、時間枠を視ているのかを簡単に可視化できるため、潜在顧客へのリーチが容易になります。またテレビCM視聴者がその後商品を購入したのかどうか、テレビCM視聴者数の増加に応じて商品購入数が増えたのかを分析できます。※2
  4. 競合他社のCM出稿パターンをマーケティング戦略立案に活用   競合他社のCM出稿実績をすぐに確認できるのはもちろん、自社の商品ごとに競合商品を指定することで比較データを毎日自動更新でグラフ表示することができます。
  5. 一部、無料アカウントでの利用も可能   限定された範囲ではありますが、無料アカウントで自社のテレビCM出稿データをみることができます。※3

新テレビ視聴パネルデータ(TVALデータ)の特長

  1. 国内最大級※1の全国24,000人のテレビ視聴パネルデータ
  2. 視聴パネルの趣味・嗜好や生活環境だけでなく、購買やデジタルメディア接触の実データなど膨大なデータから広告主の皆さまが設定したいペルソナに合わせたターゲティングが可能(インテージ社との協業による)
  3. 「関東」「関西」「中京」だけでなく、日本全国でのデータ利用や、北海道、東北、北陸・甲信越・静岡、中国・四国、九州・沖縄などエリア別のデータ分析が可能※3
  4. スイッチメディアのノウハウを詰め込んだ新開発の調査機器による高精度※4なテレビ視聴ログデータ
  5. 番組・CMのデータは翌日から利用可能、タイムシフト視聴データは8日後以降から利用可能

今回のリリース後も順次新機能の開発を予定しております。その他、サービス詳細については下記ページをご覧ください。

※1 パネルモニター宅のテレビに調査機器を設置して視聴ログを収集する方式では国大最大規模です
※2 インテージ社と共同で分析を実施します
※3 初期リリース時点で未実装の機能は、2022年内および2023年にかけて順次開発予定です
※4 自信を持ってご提供するテレビ視聴データの取得精度についてはぜひお問い合わせください

サービス名とロゴについて

本サービス名「TVAL」は「TV」と「Value」を掛け合わせたものです。テレビCMとデジタル広告の統合マーケティングを支援していくにあたり、本サービスではテレビに軸足を置き、テレビデータの見方を変えていくことによって統合マーケティングを支援していくという方針の表れです。ロゴのシンボルは、サービス名に含まれる「V」と「A」を用いて、マーケティングの指針を示していくという意味を込めて方位磁針をイメージしたデザインを採用しております。

TVALセミナーについて

本サービスについてのセミナー実施も決定しております。

既存サービス「SMART」との関係

「SMART」は引き続きご利用いただけます。「SMART」と「TVAL」では機能や得意な分析領域が異なりますので詳しくはお問い合わせください。

スイッチメディアとインテージ社は、今後も様々な共同の取り組みにより、テレビCMにかかわるあらゆるプレイヤーの方々のDXをご支援する取り組みを推進してまいります。

スイッチメディアについて

株式会社スイッチメディア(本社:東京都港区、代表取締役 高山 俊治)は、国内最大規模のテレビ視聴パネルから独自に収集したテレビ視聴データを保有していることを強みとし、独自の切り口によりターゲットをセグメントし、ほぼリアルタイムにテレビ視聴データを分析できるクラウド型CM出稿分析サービス「SMART」およびテレビCMの視聴と商品購入の関係性を分析し売上につなげるクラウド型分析サービス「TVAL」の開発・運営を行っています。

スイッチメディア 会社概要

  • 社名:株式会社スイッチメディア
  • 代表者:
    代表取締役会長 福羽 泰紀
    代表取締役社長 高山 俊治
  • 事業内容:テレビ視聴データ分析サービス「TVAL」「SMART」の開発・提供
  • URL:https://www.switch-m.com/

インテージについて

株式会社インテージは1960年に創業。世界11の国と地域に拠点を持ちマーケティング・リサーチ/インサイト事業でアジアNo.1*のインテージグループを牽引し、国内外の企業・団体のマーケティング活動をトータルサポートしています。

「生活者理解の深化」と「データ活用の高度化」により顧客ビジネスの未来創造を支え、「Create Consumer-centric Values ~お客様企業のマーケティングに寄り添い、共に生活者の幸せを実現する」という事業ビジョンの実現を目指しています。

*「ESOMAR Global Market Research 2021」ESOMAR’s Global Top-50 Insights Companiesに基づく(グループ連結売上高ベース)

インテージ 会社概要

  • 社名:株式会社インテージ
  • 代表者:代表取締役社長 檜垣 歩
  • 事業内容:マーケティング・リサーチ、データ解析、デジタルマーケティングなどにより、生活者と顧客企業をつなぎ、マーケティング活動を支援
  • URL:https://www.intage.co.jp/


【VOIX 人気の記事】

無料でプレスリリース配信サービスを利用して広報力を強化する方法とは?
フォーブストラベルガイド2022、日本の五つ星・四つ星ホテル格付けを発表
「SDGs宣言」を策定するためにSDGsの意味や目標を知ろう
おすすめの「SDGs私募債」をメリットを比較して詳しく解説
進研ゼミ 中学講座の料金・値段を分析。年間費用はいくら?
返戻率ランキング「学資保険おすすめ」を徹底比較
「おすすめのネット銀行法人口座」開設の早さと手数料の安さで比較!
VOIXがおすすめする「法人ビジネスクレジットカード」を公開(中小企業向け)
個人事業主とフリーランスのための「年会費無料法人カード」のベストは?
「三井住友ビジネスカードの違い」を審査や年会費などから徹底比較
「法人カード即日発行」スピード審査ランキング、最速はどれ?
イオンシネマで映画が1000円になるチケットの買いかたとは
ディズニープラスが無料になる方法を詳しく解説
コンビニ用のおすすめクレジットカードはこれ!
イオンカードミニオンで映画を割引料金で観る方法
番号がない「ナンバーレスクレジットカード」のおすすめを紹介
申し込む前に「ナンバーレスカードのデメリット」を詳しく知る
「即時発行クレジットカード」すぐ使えるおすすめカードを紹介
初心者におすすめなクレジットカード特集
清潔でスピーディー! Visaのタッチ決済とは?
「Visa LINE Payクレジットカードキャンペーン」開催中

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集チーム

VOIX編集チーム

ランキングニュースを中心に、今話題になっているリリース情報や・ビジネス情報を特集します。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ