株式会社Looop、30億円の第一回グリーンボンド債(私募債)を発行

VOIX編集チーム 公開 ニュース
株式会社Looop、30億円の第一回グリーンボンド債(私募債)を発行

株式会社Looopが、資金使途を再生可能エネルギーの開発など、環境改善効果のある事業に限定した社債である、第一回グリーンボンド債(私募債)を発行

再生可能エネルギーを中心としたエネルギーサービス事業者の株式会社Looop(代表取締役社長:中村 創一郎)が、2020年4月30日付で資金使途を再生可能エネルギーの開発など、環境改善効果のある事業に限定した社債である、第一回グリーンボンド債(私募債)を発行したと公表。

リモートワークツール無料キャンペーン 特集

人気の リモートワークツール 27選

テレワーク 導入に利用できる 助成金・補助金 特集

<以下、リリース>

Looop、30億円のグリーンボンド(私募債)を発行

再生可能エネルギーを中心としたエネルギーサービス事業者の株式会社Looop(本社:東京都台東区、代表取締役社長:中村 創一郎、以下Looop)は、2020年4月30日付で、さらなる事業拡大に向けて第一回グリーンボンド債(私募債)を発行しました。

グリーンボンドとは、資金使途を再生可能エネルギーの開発など、環境改善効果のある事業に限定した社債です。この度、Looopは三菱UFJ銀行を引受人として総額30億円のグリーンボンドを発行し、調達した資金は自社太陽光発電所の開発および新たな発電所の取得に活用いたします。

本グリーンボンドについては、株式会社格付投資情報センターより、十分な環境改善効果が見込まれ、且つ、環境面・社会面における潜在的にネガティブな影響への配慮がなされているプロジェクトとしての確認がなされました。グリーンボンド原則が定める資金使途・プロジェクトの評価と選定プロセス・調達資金の管理・レポーティング・発行体の環境活動の第三者認証を取得し、最上位の「GA1」の評価を受けています。

Looopグリーンボンドの概要

発行体 : 株式会社Looop
発行価額 : 30億円
払込期日 : 2020年4月30日
期間 : 15年間
総額引受人 : 株式会社三菱UFJ銀行

会社概要

株式会社Looop(ループ)
URL: https://looop.co.jp、https://looop-denki.com
代表者: 代表取締役社長CEO 中村 創一郎
所在地: 〒110-0005 東京都台東区上野三丁目 24番6号 上野フロンティアタワー
設立:  2011年4月4日
事業内容:
– 太陽光発電所システムの開発・販売・設置・工事・管理・メンテナンス
– 自社太陽光発電所の設置・管理
– 自然エネルギーを使用した商品の企画・開発・販売
– 独立型太陽光発電システムと周辺機器のインターネット販売
– 自然エネルギーを使用した商品の企画・開発・販売
– 電力小売事業
– 電力小売事業に関わる各種業務委託業太陽光発電システムの開発・販売・設置・管理
– 損害保険代理店事業(取扱保険会社:三井住友海上火災保険株式会社)
資本金: 2,251百万円(資本準備金1,930百万円)※2019年3月末現在
売上高: 54,031百万円 ※2019年3月期連結

株式会社Looop(ループ)

<参照元>

リモートワークツール 無料キャンペーン特集

人気の リモートワークツール 27選

テレワーク導入に関する 助成金・補助金 特集

 

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ:

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター

VOIX編集チーム

ランキングニュースを中心に、今話題になっているリリース情報や・ビジネス情報を特集します。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ