ジースヌーズ、従業員インサイトを抽出するリスニングプラットフォーム「Askit」をリリース

VOIX編集チームVOIX編集チーム テレワーク ニュース
"リモートワーク環境下でも、従業員インサイトを逃さない" 従業員インサイトの抽出と意見集約を支援するリスニングプラットフォーム「Askit(アスキット)」が無料α版の事前登録を受付開始

株式会社ジースヌーズ、従業員インサイトの抽出と意見集約を支援するリスニングプラットフォーム「Askit(アスキット)」のオープンα版を6月下旬頃にリリース、無償提供

株式会社ジースヌーズ(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:北 健人)が、従業員インサイトの抽出と意見集約を支援するリスニングプラットフォーム「Askit(アスキット)」のオープンα版を6月下旬頃に無償提供でリリースするのに先立ち、事前登録を開始した。

プレスリリースが無料配信できるサイト 20選

リモートワークツール無料キャンペーン 特集

米国で人気の リモートワークツール 27選

<以下、リリース>

“リモートワーク環境下でも、従業員インサイトを逃さない” 従業員インサイトの抽出と意見集約を支援するリスニングプラットフォーム「Askit(アスキット)」が無料α版の事前登録を受付開始

リモートワーク・在宅勤務など多様化するワークスタイルの環境下でも、従業員の意見や声を逃さず、組織の力に変革します

株式会社ジースヌーズ(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:北 健人、以下「当社」)は、従業員インサイトの抽出と意見集約を支援するリスニングプラットフォーム「Askit(アスキット)」のオープンα版(無償提供)を6月下旬頃にリリースいたします。それに先立ち、利用をご希望される企業様の事前登録を本日5月26日より開始しましたことをお知らせいたします。

Askit(アスキット):https://gthnooze.com/askit-lp/

Askit(アスキット)とは

Askit は今までのアンケートや会議等では引き出すことができなかった従業員の考えや意見を効率的に引き出し、その集約・合意形成を支援するサービスです。
リモートワークやサテライト拠点のような個々人が離れた環境下でも、従業員のインサイトを逃さず、組織の成長につなげるアイデアの創出へとつなげることができます。
※当社が捉える従業員インサイト…従業員の潜在的な想い、気持ち、考えや意見

Askit(アスキット)とは-株式会社ジースヌーズ

開発の背景

日本の労働環境は少子高齢化・人手不足を背景に転換期を迎えており、働く人・環境は一変しています。 労働力人口が減少する日本において、働く個々人の生産性向上は大きな課題で、多くの企業が新しいテクノロジー・ロボット等の導入を進めていますが、日本の従業員エンゲージメントは139カ国中132位(※1)とされており、働く人のマインドは依然変わっておらず、ヒトの持つ可能性を十分に引き出せていないのが実態です。

中でも特に問題視されているのが、「コミュニケーション」です。ITを駆使した新たなチャット・Web会議ツールが年々登場するものの、依然として7割以上の会社がコミュニケーションに課題を感じており(※2)、若手が感じるベテランに足りない能力の第一位は「気持ちを察する力」(※3)で、生産性向上以前の組織力に課題・改善点があると言えます。

そんなコニュニケーション課題が内在する日本の労働環境下で、新型コロナウイルスの影響で急速に普及したリモートワークが、気軽に発言、アイデアを出す機会を奪ってしまい、業務に必要不可欠な社員・メンバーの声を聴く環境・接点を無くし、孤立感やFOMO(Fear of missing out=取り残されることへの恐怖感)を引き起こす原因にもなります。

Askitは、リモートワークをはじめとした変化し続ける労働環境下でも、メンバーそれぞれが平等に考えや意見を発言・聴くことができる環境をオンライン上で実現し、その集約・合意形成を支援することで、従業員インサイトを逃さず、組織の成長へとつなげていくという目的から開発されました。

※1出典:State of the Global Workplace – Gallup Report(2017)
※2出典:【HR総研】社内コミュニケーションに関するアンケート
※3出典:メディケア生命保険株式会社「若手とベテランの仕事に関する意識調査」

企業が抱える課題

リモートワークの普及や多様性の尊重等、ワークスタイルが変化し続ける中で、ますます重要性が高まる従業員の「意見・フィードバックやアイデア」
会議を頻繁に行ったり、アンケート等を活用するものの、

  • 積極的な意見やアイデアが引き出せず、方向性・優先順位が定まらない
  • 意見を集約するのに時間がかかる(進まない会議、過剰なメール/チャット)
  • 働く世代、働き方の多様化が進み、意見・ニーズがうまく汲み取れない

といった課題を抱えています。

そして、多くの人が「会議等では、声が大きな人や上位資格者の意見が目立ち、発言する人が限られてしまう」、「メールやチャットでは、意見・アイデアが埋もれてしまう」といった場面に遭遇しており、日々の取り組みを前に進めるのに必要な意見の集約に課題を抱え、昨今急速に普及するリモートワーク・在宅勤務などの環境下では顕著になりつつあります。

Askit(アスキット)の特徴

今までのアンケートやサーベイ等の一方的に回答を集め反応を見るツールとは異なり、独自のアルゴリズムを用いたペアワイズ投票によって従業員の相互参加を促し、自然に考えや意見を引き出しつつ、集約を図ることができます。

Askit(アスキット)の特徴-株式会社ジースヌーズ

(1)従業員のアイデア・意見を引き出すペアワイズ投票
●質問に対して従業員から出てきた複数の意見・提案がABペアの2択に分かれて表示されるので、どちらか最適な方を選択いただきます。何度か選択を繰り返すだけで、自然に意見の集約が図ることができ、各メンバーの投票によって出された提案の中で順位が定まります。
●上位資格者や集団的な意見に流されず、バイアスに陥らない平等な提案・投票ができる環境を構築。 ABペアのいずれかを選択するだけなので、ゲーム感覚で誰でも容易に参画できます。

(2)様々な切り口で素早く深い分析を可能にし、PDCAを加速させる
所属別、年代別などの様々な切り口で結果をWEB上で確認することができ、セグメント別のインサイトを直感的に把握。職場に適した確度の高い施策の検討が効率的に行えるようになり、素早いPDCAを回すことが可能になります。

(3)場所や時間に縛られず参画でき、孤立感を和らげる
これまでの意見や考えを聞き出し、合意形成を図るために実施していた会議のように一堂に会する必要はなく、場所や時間に縛られず参画できるようになり、意見の集約を効率的に行えます。
リモートワークやサテライト勤務等の環境下でも、「自分の意見を伝えられる」、「会社が聴いてくれる」という心理的安全性を高める状況を作り上げることができます。

(4)誰でも簡単に発信でき、意見の集約・インサイトの把握がしやすくなる
シンプルで使いやすいため、管理者やマネージャーに限らず、誰でも簡単に始めることでき、WEB上で配信や集計作業が完結します。意見集約・インサイト把握時間を圧倒的に短縮し、旧来のアンケートよりも短期間で次の施策立案にまでつなげることができます。

Askit(アスキット)ご利用シーン例

人事や様々な現場でのオペレーション業務の改善、新規事業への取り組みなど幅広いシーンでご利用いただけます。

ご利用シーン例-株式会社ジースヌーズ

Askit(アスキット)オープンα版公開の背景

2020年4月よりクローズドα版として、ベンチャー・中小企業から大手上場企業まで限定的に導入いただいてきたAskitの一版公開は、2020年の夏以降を予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染拡大に伴い普及が進むリモートワーク環境にて懸念される前述の課題に対する支援を早急に実施するため、スケジュールを変更して開始することに至りました。

また、Askitの提供に限らず、自社がこれまでの人事業務支援で培ってきた知見・ノウハウを総動員し、コロナウイルスにて直面する企業の課題に寄り添い、そのサポートを行うことで、新型コロナウイルス終息後の社会・企業の成長につながる活力を喚起していきたいという強い想いがあります。

事前登録について

オープンα版のご利用をご希望の方は、下記よりお申し込みください。オープンα版リリースは6月下旬頃を予定しており、事前登録をしていただいた方にはリリース情報をメールにてお知らせいたします。オープンα版の利用は完全無料となります。

Askitオープンα版 事前登録URL
https://gthnooze.com/askit-lp/

今後の展開

今後、Askitによって見出されたインサイトを次なるアクションへつなげ、管理・共有しやすくしていただくため、アクションレコメンド機能の搭載やSlackなど様々なツールとの連携を検討しております。
オープンα版をご利用いただいた企業様からのフィードバック・要望に基づき、2020年秋以降の本リリースを目途に、開発を進めてまいります。

そして、今後より多種多様な働き方・働き手が交差していく中でも、個々の声が所属する企業ひいては社会全体を成長に導く、ピープルドリブンな世界を、Askitを通じて目指していきます。

会社概要

社名     :株式会社ジースヌーズ
所在地    :愛知県名古屋市中村区平池町 4-60-12 グローバルゲート11F
設立     :2019年10月
代表取締役  :北 健人
URL     :https://gthnooze.com/
お問い合わせ先:info@gthnooze.com
事業内容   :従業員インサイト抽出と意見集約を支援するリスニングプラットフォーム「Askit」の開発・提供/人事業務支援・コンサルティング

<代表者プロフィール>
北 健人(きた たけひと)
1985年生まれ、兵庫県伊丹市出身。
立命館大学経済学部卒業後、アイシン精機株式会社に新卒入社。約9年間の人事部在籍期間を通じて、国内外の労務管理を中心に、海外新規法人の立ち上げや人事制度設計、労使交渉業務等に従事。
その後、江崎グリコ株式会社等の人事部にて採用・教育研修業務を経験し、自身の海外駐在経験からも課題に感じた日本の働き方において、「働く人たちの成長機会を最大化し、活力ある社会を再創造したい」という想いから株式会社ジースヌーズを創業。

<参照元>

プレスリリースを無料で配信できるサイト20選

リモートワークツール 無料キャンペーン特集

米国で人気の リモートワークツール 27選

テレワーク導入に関する 助成金・補助金 特集

 

法人カード特集
法人カード
法人カード審査甘いのはどこ?
NTTファイナンス Bizカード

広報・PRご担当者様へ

VOIX bizをフォローして最新情報をGET

記事ライター
VOIX編集チーム

VOIX編集チーム

ランキングニュースを中心に、今話題になっているリリース情報や・ビジネス情報を特集します。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方