株式会社リコーがビジュアルコミュニケーションシステム「piglyph(ピグリフ)」β版を提供開始

VOIX編集チームVOIX編集チーム 公開 ニュース
株式会社リコーがビジュアルコミュニケーションシステム「piglyph(ピグリフ)」β版を提供開始

対話をリアルタイムにグラフィック変換する「piglyph」β版の提供開始

UIを刷新、ルームの自由な作成・共有が可能になり、それぞれの用途で使いやすく

 株式会社リコー(社長執行役員:山下 良則)は、対話をリアルタイムにグラフィック変換してコミュニケーションをサポートするビジュアルコミュニケーションシステム「piglyph(ピグリフ)」β版の提供を、1月12日から開始します。これまで協業パートナーを中心に試験導入・開発を進めてきたpiglyphを、より幅広い企業のお客様に活用いただけるシステムとして提供します。「piglyph」β版は、UI(ユーザーインターフェース)の刷新に加え、piglyphを使用する際の「ルーム」*1をユーザーが自由に作成・編集できる管理機能の追加、ビジネスシーンの利用にも便利なテンプレートの用意など、より使いやすいシステムへ生まれ変わりました。
リコーは、piglyphの提供を通じて、人々が言葉の壁を越えて自由に意思疎通できる世界の実現に取り組んでまいります。*1 ルーム・・・対話をリアルタイムに可視化しながら共同編集&記録できるホワイトボード。

<「piglyph(ピグリフ)」β版イメージ図>

<ユーザーが自由にルームを作成・編集できるホーム画面>

背景

これまで協業パートナーと検証を進めながら開発してきたpiglyphは、音声や入力された文字に紐づいたグラフィックがリアルタイムで画面上に提案され、その中からイメージに合ったグラフィックを選んで利用できるシステムです。piglyphにより対話がグラフィックに変換されることで、対話の参加者は対話内容に具体的な共通認識を持つことができます。また、piglyphならではの温かみのあるグラフィックを介したコミュニケーションにより、メンバー同士が互いに親しみを感じながら対話を深めることができ、通常の会議よりも短時間で共通認識を持てるため、より創造的な議論を可能にします。

協業パートナーとの検証では、企業のオンライン会議での活用のほか、ワークショップやまちづくりに関する対話の場での活用の検討を進めてまいりました。対話と可視化した内容が紐づけられることで、議論の振り返りや会話の流れの把握が容易になるため、会議をはじめとしたより幅広いシーンで活用いただけます。

「piglyph」β版の主な特徴

  • 発言をリアルタイムに文字とイラストに変換できるので、認識を揃えながら対話を進めることができます。
  • 対話内容が記録・蓄積されていくので、過去の発言やイラストを切り出すことができます。
  • ワークスペース上で発言やイラストを自由にレイアウトして、対話内容をその場で直感的にまとめられます。イラストが目印になり、議論を効率的に振り返ることができます。
  • カスタマイズされたイラストリストから、感情や行動など、言葉で表現することが難しいイメージも簡単に選択できます。
  • 用途に合わせたテンプレートを読み出して、会議の進行をアシストします。
  • ホーム画面からルーム作成・共有が容易にできる機能を追加し、参加者や用途ごとにプロジェクト管理が行えます。

今後の展開

β版をお使いいただいたお客様からのフィードバックをもとに改良・開発を重ね、製品版の提供を目指します。お客様に様々なシーンでお使いいただくことにより、それぞれのシーンでの効果的な使い方を手助けするテンプレートの拡充も予定しています。

なお、β版リリースとあわせて、piglyphを体験できるワークショップイベントを開催致します。当ワークショップでは、piglyphを実際に触っていただき、基本操作を学んでいただくとともに、活用方法をご紹介致します。ワークショップへの参加を希望される方は、下記よりお申し込みください。

また、piglyphをトライアルしたい方は、下記よりお申し込みください。

関連情報

関連ニュース

リコーグループについて

リコーグループは、お客様のデジタル変革を支援し、そのビジネスを成功に導くデジタルサービス、印刷および画像ソリューションなどを世界約200の国と地域で提供しています(2022年3月期グループ連結売上高1兆7,585億円)。

imagine. change. 創業以来85年以上にわたり、お客様の“はたらく”に寄り添ってきた私たちは、これからもリーディングカンパニーとして、“はたらく”の未来を想像し、ワークプレイスの変革を通じて、人々の生活の質の向上、さらには持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

詳しい情報は、こちらをご覧ください。

<以上>


【プレスリリースの無料投稿窓口】 VOIXプレスリリース

VOIXのリリース受付フォームです。 ご投稿いただいたリリースは審査後、記事としてニュースメディアVOIX上に掲載されます。(掲載料は完全無料です。)

詳しくはこちら
VOIXプレスリリース
無料投稿窓口
運営会社 株式会社VOIX(https://voix.co.jp/
所在地 東京都港区虎ノ門5-11-15
代表者 代表取締役 室塚 博史
代表取締役 神武 弘徳
事業内容 ニュースメディア「VOIX(ボイス)」の運営
AIリード獲得・集客支援 事業
保険事業向けAI集客「VOIX-I」事業
FinTech Innovations 事業
既存ビジネスのデジタル化支援 事業
オウンドメディア企画・開発支援 事業
プレスリリース 無料 配信 事業
AIリードジェネレーションの研究開発
採用情報 【求人】在宅 Webライター 募集
お問合せ https://voix.jp/contact/
【VOIX 人気の記事】

プレスリリース 無料のサービス一覧
中小企業の「SDGs宣言」とは、SDGsの意味や目標を知ろう
医師とチャットで相談できるサービス
オンライン 音楽室と音楽教室 2024
映画をクレジットカードで割引きできる優待特集
イオンカードで映画を1000円に割引するやり方
GMOあおぞらネット銀行と住信SBIネット銀行を比較
法人カードは年会費無料がおすすめ
法人カードをおすすめしたい中小企業 最強の特徴
法人カード マイル最強はどれ?
個人事業主にクレジットカードをおすすめしたい理由とは
副業にクレジットカードをおすすめする理由とは
三井住友 ビジネスオーナーズ 2枚持の評判を口コミから分析
アメックスもOK、”請求書カード払い”のおすすめを比較
クレジットカードがおすすめの初心者の条件とは
無料クレジットカードの最強はどれ?
クレジットカードはナンバーレスがおすすめの理由
カードレス クレジットカードのおすすめ理由は”郵送なし”
クレジットカードが即日発行できるデジタル アプリ 特集
ナンバーレスカードのデメリットは”めんどくさい”
イオンカード 入会キャンペーン 特集
三井住友カードのお得な作り方は新規入会特典
三井住友ナンバーレスの違いを評判から分析
「ウエルシアカード」イオンカードの違いを比較
JCB W キャンペーン 入会特典でお得に作る
PayPayカードは即日発行してすぐ使える
住信SBIネット銀行の法人口座開設キャンペーンコード
コンビニでもすぐ使える、最新 審査なし 後払いアプリ 特集
プラチナプリファード キャンペーンで年会費無料にする方法
三井住友カード ゴールド キャンペーンで初年度無料にする方法
楽天モバイルのデメリット

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集チーム

VOIX編集チーム

ランキングニュースを中心に、今話題になっているリリース情報や・ビジネス情報を特集します。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ