「freee銀行振込み機能」を2023年内に提供

VOIX編集チーム 更新 公開 ニュース
「freee銀行振込み機能」を2023年内に提供

「freee会計の銀行振込機能」とは

「freee会計の銀行振込機能」とは簡単にいうと、freeeサービスを利用中の法人ユーザーが「freee会計」から国内の取引先の法人銀行口座に対して振り込みが行えるようになる機能として、 freee finance lab株式会社が2023年内に提供を開始をする予定です。

国内金融機関への振込をfreee会計から

freeeの銀行振込機能により、現在は別々に行われている銀行振込行業務と会計業務が統合されます。

さらにfreee会計に取り込んだ請求書から読み取った口座情報や会計データを基に振込指示が実現でき、振込前の申請・承認機能や請求書とのデータの自動照合機能も備わるため、正確性が担保され振り込みに関わる送金ミスが削減できます。

freee finance lab株式会社 会社概要

  • 会社名 freee finance lab株式会社
  • 代表者 CEO 小村充広
  • 設立日 2018年10月1日
  • 所在地 東京都品川区大崎1-2-2 アートヴィレッジ大崎セントラルタワー20F
  • URL  https://www.freee.co.jp/financing/corp/

freee株式会社 会社概要

  • 会社名 freee株式会社(登記名:フリー株式会社)
  • 代表者 CEO 佐々木大輔
  • 設立  2012年7月9日
  • 所在地 東京都品川区大崎1-2-2 アートヴィレッジ大崎セントラルタワー21F
  • URL  https://corp.freee.co.jp/

<以上>

【関連記事】クラウド会計ソフトで人気のfreeeから発行されているビジネスクレジットカード「freeeカード Unlimited」とは freeeカード Unlimited freeeカード Unlimitedのデメリットとメリット 年会費無料・限度額1億円の評判が高い、ポイント還元は?

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。
タグ: ,

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター

VOIX編集チーム

ランキングニュースを中心に、今話題になっているリリース情報や・ビジネス情報を特集します。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ