新生銀行、オープンAPI基盤を活用した「新生パワーダイレクトアプリ」をリリース

VOIX編集チームVOIX編集チーム ニュース
オープンAPI基盤を活用した新しいスマートフォンアプリケーションの提供開始について

新生銀行、オープンAPI基盤を活用したスマートフォン向けのインターネットバンキングサービス「新生パワーダイレクトアプリ」をリリース

新生銀行が、「Finance as a Service(金融機能の提供)」を実現するために構築した、オープンAPI基盤を活用するサービスの第一弾として、スマートフォン向けのインターネットバンキングサービス「新生パワーダイレクトアプリ」を、正式リリースした。
新生銀行グループにおいてこれから本格的に展開するネオバンク・プラットフォーム「BANKIT®」においても、オープンAPI基盤を活用して、グループ内だけではなく、外部のパートナー企業が持つ各種取引・サービス機能も合わせて提供する予定としている。

プレスリリースが無料配信できるサイト 20選

リモートワークツール無料キャンペーン 特集

米国で人気の リモートワークツール 27選

<以下、リリース>

オープンAPI基盤を活用した新しいスマートフォンアプリケーションの提供開始について

新生銀行は、「Finance as a Service(金融機能の提供)」を実現するために構築した、オープンAPI基盤を活用するサービスの第一弾として、スマートフォン向けのインターネットバンキングサービス「新生パワーダイレクトアプリ(以下、「本アプリ」)」を、本日正式リリースしました。

本アプリは、残高・入出金明細の参照や振込など、インターネットバンキングにおいて一般に必要な機能を持ちつつ、残高推移や資産バランスなど、お客さまのご利用ニーズに合わせて必要な項目を選択して表示する機能を有しています。さらに、ゲーム開発技術を持つ事業者と協働して、お客さまの好みに合わせてアプリの壁紙を変更できる機能を実装しました。スマートフォン端末の生体認証システムの利用や振込時のスマートフォン認証などによる、セキュリティの強化も図っています。

本アプリを開発するにあたり、オープンAPI基盤を活用することによって、各種取引やサービスを分解し、それらを容易に再構築できるようになり、短期間かつ低コストでの開発を実現しています。こうした開発手法を用いることで、今後はお客さまの属性やニーズに合わせた多彩なサービスを、柔軟かつ機動的に開発し、提供していくことが可能になります。

新生銀行グループでは、これから本格的に展開するネオバンク・プラットフォーム「BANKIT®」※においても、オープンAPI基盤を活用して、グループのみならず、外部のパートナー企業が持つ各種取引・サービス機能も合わせて提供していきます。今後も、API基盤の拡充とその活用に積極的に取り組み、中期経営戦略の基本戦略「価値共創による成長追求」に沿って、お客さまの利便性の向上と、デジタル化社会に即した新たな金融体験の提供を目指していきます。

( ※) 2020年3月26日付ニュースリリース「ネオバンク・プラットフォーム「BANKIT®」のパートナー企業向けシステム提供開始について」をご参照ください。https://pdf.irpocket.com/C8303/T4TO/cF2o/xdWA.pdf

新生パワーダイレクトアプリの主なサービス・機能

<サービス>
・残高・取引履歴の確認
・残高推移・資産バランスの表示
・振込・外貨普通預金の売買

<機能>
・生体認証によるログイン
・背景画像の変更
・新生ステップアッププログラムのステージ確認

ダウンロード・サービスページはこちら https://www.shinseibank.com/powerflex/app_pd/

主な画面イメージ

主な画面イメージ-株式会社新生銀行

主な画面イメージ-株式会社新生銀行

金融リ・デザイン-株式会社新生銀行

<参照元>

プレスリリースを無料で配信できるサイト20選

リモートワークツール 無料キャンペーン特集

米国で人気の リモートワークツール 27選

テレワーク導入に関する 助成金・補助金 特集

 

広報・PRご担当者様へ

VOIX bizをフォローして最新情報をGET

記事ライター
VOIX編集チーム

VOIX編集チーム

ランキングニュースを中心に、今話題になっているリリース情報や・ビジネス情報を特集します。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ