ジャパンメディアシステム、初期費用不要のスマートグラス遠隔作業支援サービス『LiveOn Wearable レンタルプラン』提供開始

VOIX編集チームVOIX編集チーム 公開 PICK UPニュース
ジャパンメディアシステム、初期費用不要のスマートグラス遠隔作業支援サービス『LiveOn Wearable レンタルプラン』提供開始

ジャパンメディアシステム株式会社(所在地:東京都千代田区外神田2-14-10、代表取締役社長:平川雅隆)が、新たな遠隔作業支援向けサービス「LiveOn Wearable レンタルプラン」の提供を2023年7月12日(木)に開始することを発表しました。

  • この記事のポイント
  • ジャパンメディアシステムが初期費用不要の遠隔作業支援サービスを提供開始。
  • スマートグラスを手軽に始められるレンタルプランで、毎月のレンタル費用のみで導入可能。
  • 「LiveOn Wearable」を標準搭載し、専門メーカーのサポート体制も充実したサービス。

本サービスは、スマートグラスを活用し、現場作業の効率化や若手育成、技術伝承、保守・メンテナンスのサービス改善などに貢献します。

LiveOn Wearable レンタルプラン開発の背景

背景として、日々増える遠隔作業支援ツールの導入ニーズがあります。ジャパンメディアシステムでは、顧客からのより手軽に遠隔作業支援を試したいという要望があり、スマートグラスを手軽に始められるレンタルプランを提供するに至ったとのことです。通常のプランに加え、初期費用は不要で毎月のレンタル費用のみの新プランを提供し現場支援ツールを導入可能です。

LiveOn Wearable レンタルプランの特徴

この新サービスの特徴としては、スマートグラスに遠隔作業支援ソフト「LiveOn Wearable」が標準搭載されているため、オールインワンで手軽に利用できる点が挙げられます。作業開始は電源ONですぐに行え、電波状況の悪い現場でもクリアな通信が可能です。さらに、端末の映像・音声の遠隔操作やキャプチャリング、録画などの便利な機能も多数搭載されています。

サポート体制が充実

利用者は、専門メーカーによる万全のサポート体制に安心して任せることができます。豊富な導入実績やノウハウを活かし、活用定着や利用促進のために担当者がサポートを行います。電話やメールを通じた問い合わせ窓口やマニュアルも完備されています。

利用方法

サービスの利用手続きは簡単で、お申し込み後は希望日に合わせて設定済みの端末が納品されます。導入支援や活用定着コンサルティングなどのサポートメニューも用意されており、顧客の現場DXをサポートします。ジャパンメディアシステムは、本サービスを通じて、遠隔作業支援の効率化や現場の生産性向上に貢献していく意欲を示しています。

以下リリースより。

LiveOn Wearable レンタルプラン サービス概要

サービス名: LiveOn Wearable レンタルプラン
提供開始日: 2023年7月12日(水)
価格: 月額 36,000円(税抜)~ ご契約期間は12ヶ月より
URL   : https://www.liveon.ne.jp/rental-plan/

 

ジャパンメディアシステム株式会社 会社概要

商号   : ジャパンメディアシステム株式会社
代表者  : 代表取締役社長 平川 雅隆
所在地  : 〒101-0021 東京都千代田区外神田2-14-10 第2電波ビル2階
設立   : 1984年8月
事業内容 : ビジュアルコミュニケーションシステムの開発・販売・サポート
資本金  : 4,900万円
URL   : https://www.liveon.ne.jp

※文中の製品やサービスなどの名称およびロゴは、各社の商標または登録商標です。

広報・PRご担当者様へ

記事選定/ライター
VOIX編集チーム

VOIX編集チーム

ランキングニュースを中心に、今話題になっているリリース情報や・ビジネス情報を特集します。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ