JTBとNECソリューションイノベータ、ホテルの遊休スぺ―スを活用したシェアオフィス事業を開始

VOIX編集チームVOIX編集チーム テレワーク ニュース
New Normalに向けた働き方改革 ホテルの遊休スぺ―スを活用したシェアオフィス事業の開

JTBとNECソリューションイノベータ、東京都心とその郊外のホテルの客室や会議室の遊休スペースを活用したシェアオフィス事業を8月31日(月)から開始

株式会社JTBとNECソリューションイノベータ株式会社が、東京都心とその郊外のホテルの客室や会議室の遊休スペースをシェアオフィスとして活用したシェアオフィス事業を8月31日(月)から開始する。

本取り組みでは、株式会社JTBの持つ広域ネットワークを活用し、ワークスペースを提供できる施設とテレワークの場所を探している企業のマッチングから精算業務までを行い、NECソリューションイノベータ株式会社がシェアオフィスの検索・予約などを簡単に行えるクラウドアプリケーションの開発、運用、保守を行う。

プレスリリースが無料配信できるサイト 20選

リモートワークツール無料キャンペーン 特集

米国で人気の リモートワークツール 27選

<以下、リリース>

New Normalに向けた働き方改革 ホテルの遊休スぺ―スを活用したシェアオフィス事業の開

株式会社JTBとNECソリューションイノベータ株式会社は、東京都心とその郊外のホテルの遊休スペースを活用したシェアオフィス事業を8月31日(月)に開始します。

シェアオフィス事業とは、企業の社員のみなさまに、ホテルの客室や会議室などをシェアオフィスとして利用していただくことで、テレワークに適した環境を提供するとともに、通勤電車の混雑緩和に貢献し、場所や時間にしばられない多様な働き方を提供するものです。また、稼働していないホテルの客室や会議室、宴会場などの遊休スペースをシェアオフィスとして活用することで、ホテルに新たな収益モデルを提供します。

新型コロナウイルス感染症対策として、テレワークの普及が加速しています。一方、集中して仕事をする環境や安定したインターネット環境、オンとオフの切り替えなど、自宅等での仕事環境を巡っては様々な課題も浮上しました。今後、多様な働き方が進みテレワークが定着していくと予想される中、全国に広域ネットワークを持つJTBとICTで社会課題を解決するNECソリューションイノベータがタッグを組み、作業環境の課題解決と企業のテレワーク推進を後押しするため、本事業を展開していきます。

まずは、東京都とその周辺都市でサービスを開始し、2021年3月頃までに名古屋、大阪へ提供エリアを広げ、利用企業のニーズに応じて順次拡大し、2022年3月までに全国展開を目指します。2020年度に30社、2021年度には50社の利用を目標とし、これにより、New Normalに向けた働き方改革の推進に貢献していきます。

サービス利用の流れ-株式会社JTB

多様なシェアオフィス利用方法をご提案

1. テレワークに適した環境を追加設備投資なしで提供

本サービスを利用することで、New Normalにおける働き方として、テレワークに取り組む企業にとっては、サテライトオフィスなど新たなワークスペースを確保する必要がなくなります。ホテル業界共通の「宿泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン」に則ったホテルの遊休スペースを利用することで、安心安全にテレワークを導入することができます。既存の施設を利用するため、ネットワークに接続可能なPCがあれば追加の設備投資は不要で、手頃な価格帯でご利用いただけます。

2. 場所が選べる

都心やその郊外の複数のホテルが利用できるため、地域に限定されない柔軟な利用が可能です。社員の居住地に応じて利用可能なホテルが選べるだけでなく、出張や外出の隙間時間にワークスペースとして活用することも可能です。

3. 形態が選べる

利用シーンに応じて、複数の利用者が場を共有するコワーキングスペースから個室まで利用形態を選ぶことができます。メールの処理や書類作成などの場合は、会議室などのコワーキングスペースを利用し、オンライン会議など周囲に聞かれたくない場合は客室を利用する、といった利用方法が可能です。

4. 時間が選べる

コワーキングスペースは15分単位¥200から利用可能です。ホテル客室はご利用いただく施設、日時により異なりますが、デイユース最低利用時間3時間からで、金額は¥3000から利用可能です。
*いずれも諸税別の金額です。
*契約料は不要です。

5. 通勤ラッシュを回避できる

郊外のホテルをシェアオフィスとして利用することで、通勤ラッシュの回避や通勤時間の短縮が可能になります。出社する場合でも、朝・夕はシェアオフィスを利用し、時差通勤で日中に出勤すれば、通勤ラッシュを避けることができます。

利用シーンの例-株式会社JTB

導入のメリット-株式会社JTB

本事業での各社の役割

JTB:https://www.jtbbwt.com/
JTBの持つ広域ネットワークを活用し、ワークスペースを提供できる施設とテレワークの場所を探している企業のマッチングから精算業務までを行います。

NECソリューションイノベータ:https://www.nec-solutioninnovators.co.jp/
利用者がシェアオフィスの検索・予約などを簡単に行えるアプリケーションの開発、運用、保守を担います。またホテル向けに、シェアオフィスの場所・席数・時間帯などを設定し、予約状況を確認できるサービスをクラウドで提供します。

本事業に参画予定のホテル(五十音順)

(7月27日現在) *順次エリア拡大予定
(1)上野ターミナルホテル
(2)オークウッドプレミア東京
(3)スーパーホテル(東京都・その近郊の一部店舗)
(4)第一イン池袋
(5)ハイアットリージェンシー東京
(6)ホテルニューウエノ
(7)ホテルラングウッド
(8)ラ・ジェント・ホテル新宿歌舞伎

企業からのお問合せ先

全国のJTB法人営業所
JTBサテライトオフィス事務局(JTB法人事業本部名古屋事業部内)
E-mail: s-office@jtb.com TEL:052-551-2414 FAX:052-446-5079
(営業時間 : 10:00~17:00  土・日・祝日を除く)

NECソリューションイノベータ 東海支社
E-Mail s-office@nes.jp.nec.com

<参照元>

プレスリリースを無料で配信できるサイト20選

リモートワークツール 無料キャンペーン特集

米国で人気の リモートワークツール 27選

テレワーク導入に関する 助成金・補助金 特集

 

広報・PRご担当者様へ

VOIX bizをフォローして最新情報をGET

記事ライター
VOIX編集チーム

VOIX編集チーム

ランキングニュースを中心に、今話題になっているリリース情報や・ビジネス情報を特集します。
リリースをご希望の方
取材をご希望の方
ページトップへ